フォト

Amazon.co.jp

無料ブログはココログ

2018年7月22日 (日)

ガミ

朝一番で起きて馬場入り。

の、予定が08:30起き(苦笑)
まあいいか、早起きしたところで赤字が増すだけだ(笑)

と、のんびり起きたところで大先生から✉。

先生の方が先にお着きのご様子、そそくさと外出。
馬場入りして合流、名古屋土産を頂戴。

で、勝負開始。
函館4Rの的中ガミも、外れよりはマシ。

前日予想した3場メインと、9,10R をサクサク予想して、買い物(馬券)を終えてから新馬戦を観戦。
ブラックエンブレムの仔、ウィクトーリアは勝ったとはいえお兄ちゃんたちに似て気性が問題ね、走りたい気性が勝ちすぎています。
その気性が今後どう影響しますかね、函館の2歳レコードなので能力値は高いのでしょうが。

その後、中京の新馬戦で1億5千万(プランドラー)の末脚が炸裂しなかった事を確認して、落胆して帰宅。
POG だからいいですが、実際に出資した方たちにはご愁傷さまですとしか申し上げられません (´・ω・`)

Dsc_0077_2
晩飯は、手羽先麦酒。
間違いない選択ですな。
※ この後、スタッフがおいしくいただきました。

続きを読む "ガミ" »

行って戻って行って

本日は9:00過ぎには家を出て、JRと徒歩で馬場入りであります。

で、馬券を買って馬場入りから1時間後には小樽に戻ります。
睡眠障害の検査結果確認で通院でございます。
おかげさまでCPAPの効果が出ているようで、良好でした。

で、競馬場に戻るわけです。
Dsc_0060_2
おっとっと、その前にお昼。
本日は病院から最も近い小樽築港駅近くのウイングベイで丸亀製麺。
最近はちくわ天が美味しゅうございます。

競馬場に戻りまして、内馬場へ移動。
先週オープンした「ホースパーク」を見学しました。

Dsc_0073_2
地下通路も絵が入りましたね。
北海道の観光名所や札幌市内を馬が駆け抜ける絵が両サイドに描かれております。

Dsc_0075_2
ただ、何頭立てのレースかよく分かりません(笑)

Dsc_0064_2
さて、こげなレイアウトになっております。
分かりませんよね、はい。

基本的なレイアウトは変わらないんですよ、いわゆるリフォームですな。
Dsc_0062_2
"エルムテラス"はどうやら指定席です、開催中に一度は入ってみたいものですな。

Dsc_0065_2
飲食エリアだった部分はトイレになりましたが、階段がつきました。
上ってみましょう。

Dsc_0067_2
おお、これはいい。
ダートコースのゴールがいい感じで見えます。
携帯のカメラでは、↑の感じが伝わらない(苦笑)

Dsc_0068_2
後ろを向くと、内馬場のエリアが一望できますな。

Dsc_0066_2
馬券購入所はほとんど塗り直しただけですが、喫煙室ができたのはありがたい。
内馬場は家族連れが多いからでしょうね。

Dsc_0070_2
ガキが跳ねるエリア、今日はプリキュアショーがあったのでうるさいったらありゃしない。

Dsc_0071_2
こちらは指定席じゃない方、夏場は席の確保が難しそうです。

Dsc_0063_2
ここも自由席です、暑い日は辛いかも。

Dsc_0072_2
ポニー牧場周りは特に変化なし。

本当に戻った理由は、札幌記念当日の指定席の抽選があったからなんですが、敢え無く外れ。

札幌駅まで行って、映画を一本観てから帰宅。
ハン・ソロはなぜ「ハン・ソロ」なのか。
チューバッカとどのように出会ったのか。
いかにしてランドからミレニアムファルコンをゲットしたのか。
ランドが本編で初登場した時、なぜソロは殴られたのか。
その辺がクリアになる、面白い作品でした。
スピンオフだけあって、シリーズありきの映画でもあります。

帰宅してリハビリの麦酒が美味しゅうございます。

明日、函館中京福島ファイナルです。
久々に朝から行っちゃいますかね。

と言いつつザッピングしてたら、The Open が始まってるんですね。
何が凄いって、タイガーウッズがトップグループにいますよ。

色々ありましたが、スーパースターの復活が見られるといいですな。

続きを読む "行って戻って行って" »

2018年7月21日 (土)

リハビリ開始

1週間、終わりました。

薬も病気一つ分終了、あと一つ分です。

てなわけで、仕事の後はBar Hattaへ。
「酒の日々」のリハビリを開始いたしました。

凄いもんですね、一杯目の麦酒に甘みすら感じるほど味覚が敏感になってます(笑)

リハビリなので、時間をかけて麦酒一杯、ウイスキーを水割りで三杯。
ほどよく酔ったところで帰宅致しました。

健康が一番です。

さ、今日かからは「馬の日々」のリハビリです。

続きを読む "リハビリ開始" »

2018年7月19日 (木)

呑んじゃいますか

休み明けを三日間働きました。

さすがに疲れてまいりましたね、寝たきりが動くという事のしんどさを体感中でございます。

それでも明日で一区切りです。

医者から酒も止められておりますので、禁酒11日目です。
「お酒もね、呑み過ぎずにできるだけ控えてくださいね。」

ん?

呑み過ぎず……控えて……?

ああ、呑んでいいのか(笑)

薬が明日で終わるから、明日あたり呑んでみますかね。
あ……もちろん……できるだけ控えますよ。

続きを読む "呑んじゃいますか" »

2018年7月17日 (火)

社会復帰

苦節(たった)十日、やっとこ社会復帰。

午後だけ(苦笑)

午前中は通院、まだ完治とは言えない状態なので処方箋が出て、調剤薬局で薬をもらってからの出社。

たった半日なんですけどね、ヘトヘト(苦笑)
ここを"ゼロ"と考えて、一歩ずつ前に進むと致しましょう。

帰宅後は風呂に入って、ノンアルコールビール (´・ω・`)
「お酒はしばらく控えてくださいね。」
今日、医者に釘を刺されましたからね。

呑みたそうな顔、してたのかな(笑)

続きを読む "社会復帰" »

2018年7月13日 (金)

二病続けてお送りします

しばらく更新が途絶えておりました。

だいぶ持ち直してまいりましたが、いまだに「絶対安静」のステータスでございます。

とりあえず話は日曜日まで遡りましょう。

7月9日(日)
午前中に馬場入り。
Dsc_0053_2
週間予報では雨予報だったんですがね、概ね晴れ。
うむ、わが日々の行いのなせる業である。
具体的に、どのへんの行いのが良いのかは、よく分かりません(笑)

馬券は土曜日のうちに検討済みなので、マークシートを塗って塗ってまた塗って、購入。

中京5Rににヴィルシーナの初仔ブラヴァスが出走するので、応援馬券を買って見守ったが無念の3着(´・ω・`)

まあ、友道先生も「新馬戦からって馬じゃない」というようなことを仰っていたので、次以降に期待しよう。

で、馬場を後にしてJRで小樽へ、小樽築港駅で下車して小樽港マリーナへ。
※ちなみに馬券は惨敗ね、さすがにメドウラーク買えないし。
Dsc_0054_2
Dsc_0055_2
小樽ビール社主催のビアパーティがございまして、Bar Hattaのマスターからお誘いがあり参加。
肉酒肉酒、腹いっぱいいただきまして、場所替え。
知人が小樽市内にオープン予定の民泊施設に異動して、呑みなおし。

と、思いきや眠気と胃の痛みが同時発生。
これは少しマズそうだ、そそくさと帰宅。

7月10日(月)
05:00頃起床。
そりゃそうだな、日没とほぼ同時に寝たはず。
ただ、睡眠障碍者としては破格の睡眠時間といえよう。
二日酔いもなく、前日感じた胃の痛みも引いている。
これなら動けそうだ。

あらかじめ二日酔いに備えて有給休暇を取得していたので(そうでもしないと安心して日曜日に酒は呑めません)、札幌で映画「デッドプール2」を観る。

内容的にはMARVELで最も下品な映画ではあるのだが、観ているこっちも決して”おぜうひん”ではないので(笑)、それはそれで結構。
加えて、X-MEN(本編はさすがにもうやらないだろう)とリンクしているので、必ずヒュージャックマンがウルヴァリンとして登場する(今回は数秒でしたが)のが面白いのであります。

Dsc_0057_2
蕎麦食って、帰宅。
明日からの仕事に備えて早め就寝。

続きを読む "二病続けてお送りします" »

2018年7月 7日 (土)

週末の解放感

1週間のお仕事終わり。

ホッとしたのもありましたかね、会社を出た途端に腹ペコ(笑)

Dsc_0048_2
カレーかラーメンで迷って、カレーを選択。
「おの」のカレーは相変わらず美味い、幸せ。

JRで小樽に戻り、迷わずBar Hattaへ。

Dsc_0049_2
新しいボトルを卸していただきました。
ウィスキーの開けたては、少し味が尖っていて苦手です。

2時間ほど呑んで退散、タクシーで帰宅して即就寝。

目覚めたら、5:30。
洗濯も終わったし、そろそろ馬場入りしますかね。

続きを読む "週末の解放感" »

2018年7月 1日 (日)

そんな重い病気じゃなかろうもん

木曜日、いや水曜日の夜。

うーむ、なんか熱っぽいぞ。
風邪か、最近風邪ひきやすくなったものだ。
かといって咳込むわけでも鼻水が出るわけでもないぞ。
下痢はしているが、それはいつものことだ(苦笑)

会社に一報を入れて、木曜日は休んで病院へ。
何が困るって、腎盂炎の再発が怖いのである。
腎盂炎だとすれば、尿検査で即判明するはずだ。

症状を医師に伝えていただいた診察結果は「ノロウイルスの可能性」。
どうやら尿検査には引っかからなかったというわけなのだろうが、ノロウイルスはなくない?
多分「熱と下痢」で判断されたのだが、吐き気がするわけではなく、下痢だって普段ほどひどくないぞ(笑)

ただ、本当にノロだだったらシャレにならない。
会社に一報を入れて、金曜日も休むことにする。

~金曜日~

ほーら、なんともない(笑)
かといって、本当にノロだだったら世間様にご迷惑をかけることになるので、自宅待機。
あまりに暇すぎて、早めに呑み始めちゃって、気絶。

~土曜日~

ほーら、なんとも……あれ?熱っぽいぞ。
計ってみる……あら、37.1℃ (´・ω・`)

………二日酔いだろ(笑)
頑張って馬場入り。

宝塚記念を馬単で獲った発寒の大先生と合流。
この日は思い付きで中京で勝負してみる。
福島の後半と函館メインも勝負してみたが、15打数3安打で回収率63%とと結果は今一つ。

体調がが上向きになったこともあって、先生夫妻と会食。

Dsc_0043_2
Dsc_0044_2
Dsc_0046_2
海の幸をメインにビールと日本酒でまあまあ腹いっぱい、満足して帰宅。

帰ってワールドカップのフランスvsアルゼンチン戦をうっすら観る。
アルゼンチンが終了寸前に1点返すも後の祭りで敗退。
C・ロナウドもメッシもワールドカップを去ることになりまして、あとは日本代表の試合ですが、かなり厳しそうですな。

2:00過ぎに就寝。

続きを読む "そんな重い病気じゃなかろうもん" »

2018年6月24日 (日)

全て終わって

昨日は休みを取って、検査入院。
入院と行っても、検査の内容が睡眠障害なので一泊せざるを得ないのです。
で、脳波やらなんやらの数値を取らなければいけないので、こうなる。

Dsc_0035_2
わしゃ、ご贈答用の果物かというような姿で就寝。

で、病院のベッドのマットが固めだったので、ちょいちょい目が覚める。
検査結果が怖いのであります。

今日は一度家に戻って選択してから外出。
土曜日の外出なので、行くところは一か所しかないのだが(笑)
今日は3勝したものの、回収率が今一つで終了。

小樽に帰って、POGのドラフトを開催。
食事のお支払いはケイアイノーテックとワグネリアンを所有した、優勝者の御大尽の奢りであります。
Dsc_0036_2
Dsc_0037_2
Dsc_0038_2

見ての通り、会場はびっくりドンキー(笑)


昨年度は痛恨でした、2冠馬アーモンドアイを持っていても2着とは。

来年の5月末を夢見て、指名馬の勝利を期待しましょう。

続きを読む "全て終わって" »

2018年6月 3日 (日)

モヤっと

木曜日まで遡ります。
仕事で完全に心を病んだ、頭に血が上って上司に何を言われても耳に入らない。

完全にパニックである。

何をしていいのか分からなくなる。

ただただ、謝罪して帰る。

死にたくなった。

が、死ぬだけの勇気はない。

参った。

明けて金曜日は休み、寺だ市役所だと歩き回るが、また小樽市役所に嫌がらせを受ける。
4年前、親父が死んだときは墓地の名義人さえ言えれば許可が下りた納骨。
今は勝手にルールを変えて、名義人に使用許諾をもらわないと納骨できないのだそうだ。
職員に罪はないが、我が家の墓地の名義人は祖母の知人らしいが、全く面識がない。
更に名義人が個人の場合は、名義人の血縁官界があるすべての人に承認をもらわないと納骨できないんだと。

「もう、いいです。」

これだけ言うのがやっと、怒り心頭で市役所を出る。

決めた、一日も早くこのクソみたいな町を出よう。

土曜日(6/2)、昼前に家を出て馬場入り。
発寒の大先生夫婦と待ち合わせ。

どうやら奥様がPOGに興味を持っていただけたようで、次回ドラフトの見学でいらっしゃるようだ。

この日は9打数4安打、鳴尾記念でトリオンフ2着付け馬単がハマってプラス収支。

メイン終了後、琴似へ移動して会食。
Dsc_0024_2
こんなのとか。

Dsc_0026_2
こんなのとか、北海道の旬をいただきました。

増毛漁港から直送の店らしく、いかにも『北海道に来ました!』という"てい"で飲食。
増毛といえば地酒の国稀で有名なのですが、美味かったですねえ。
国稀だけで11種類あったのですが、辛口でたまらなかったです。

前々日~前日の嫌なことをすべて忘れて楽しく呑んで、記憶飛びかけで散会。

就寝は23:30頃でしたね、珍しく時計を確認してから気絶。

続きを読む "モヤっと" »

より以前の記事一覧

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

そうね大体ね♪

最近のトラックバック

ご覧下さい

Books