映画・テレビ

2019年10月11日 (金)

2019年凱旋門賞現地レポート

エラく時間がかかってしまいましたが、凱旋門賞当日のロンシャン競馬場レポートでございます。

6:00起床、いよいよ凱旋門賞当日。
窓の外は残念ながら雨、ここ数日の「降ったりやんだり」も相まって重馬場必至(´;ω;`)
7:30に朝食、その後スクラッチ(海外競馬ではドタキャンが認められています)がないことを確認して英国ブックメーカーのオッズを確認(JRAとは全くオッズが違う)。
やはりと申しますか、エネイブルが単勝1.6倍の1番人気。
以下ジャパン、ソットサスが単勝一桁人気で続きます。
ここまでは上位人気3頭で決まるだろうと思っていたのですが、たまたまネットでミカエル・ミシェル騎手の予想を拝見。
◎エネイブル
○ヴァルトガイスト
▲マジカル
こうなってたんですな、是非参考にしましょうというわけでエネイブル、ヴァルトガイスト、マジカル、ガイヤースの馬連購入を決定。
この4頭の三連複Boxと、大穴ナガノゴールド(チェコ調教馬)を加えた4連複Boxと決めました。
※ ナガノゴールドの馬名の由来ですが、長野五輪でチェコがアイスホッケーで初めて金メダルを獲得したことが由来なんだそうです。

飲食店は混雑必至と聞いていたので、朝食後にホテル近くのスーパーでサンドイッチを購入、9:00にホテルのロビーに集合して入場券を受け取ります。それからバスでロンシャンに移動、9:30頃に到着。

Img_20191006_165004-2
※ 入場券はこんな感じ

Img_20191006_174127-2
10:00に入場開始、JRA名物開門ダッシュは当然ありません。

Img_20191006_174323-2
入口手前でセキュリティチェックを受けてから入場します。

Img_20191007_021531-2
入場すると、昨年改装した金ピカのスタンドがお出迎えしてくれます。
まずは読めもしない公式マガジン(おみやげ)を購入、それから添乗員さんの引率で座席を確保。
朝から降っていた雨は上がりました。
我ながら、フランスでも晴れ男だなあ(自画自賛)

客席は立見席、自由席、指定席の3ブロックに区切られていて、自由席の私は立見席にも立ち入り可能。
ちなみに自由席の入場料は昨年の75ユーロ(約8800円)から65ユーロ(約7600円)に値下げしたそうです(ツアー代金に含まれていて価格が分からなかったのでネットで検索しました)。
※ 2013年は10ユーロだったらしいので、それと比べたら随分とお高いですわよ、奥さん。

Img_20191006_235305-2
立見席には屋台村のような飲食店やギネスバー、土産店、仮設トイレなどがあり、朝から大盛況。
この飲食店とトイレ、昨年の開催時に不足して大不評だったため、フランスギャロが改善した模様。
※ 昨年は特に麦酒の配送が滞った結果欠品してしまい、イギリス人がプチ暴動を起こしたんだとか(笑)

Img_20191006_192703-2
Img_20191006_192709-2 
Img_20191006_192714-2
日本馬を応援する横断幕も飾ってありました。

Img_20191006_183650-2
パドックはかなり長い楕円形、中は気が数本生えていて関係者と思しき人たちで常に賑わっております。

1Rの予想を終え、売店でビールを買い座席で呑んでいたら突如「Do you speak english ?」と外国人ジェントルマンに話しかけられる。
ぬ、何者・・・しかし「just a little」とご返答してみる。
この男性はどうやらCNNの記者だそうで、「何しに来たんだ?」「フランスは初めてか?」「凱旋門賞で日本馬が勝ったら日本はどうなる?」などといった質問に片言(中学生レベル)で回答(競馬場で「何しに来た」って言われても)。
ただでさえ頭が悪いのに突然のイングリッシュカンバセーション、緊張して死ぬかと思いました(笑)

続きを読む "2019年凱旋門賞現地レポート"

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

ミーはおフランスに行ったざます(前編)

Img_20191009_002724-2

帰国後、最初の食事は昨夜0:00、やはりラーメンでした(笑)

さて、これより仏蘭西旅行記でございます。
写真は携帯で撮影したものと一眼レフキャメラで撮影したものがあるので、寸法に多少差異がありますことをご容赦ください。

10/2、朝8時のJRに乗って新千歳空港に向かう予定が、午前1時に起床。
まあ良かろう、これから時差という未経験の敵と戦わなければいかんのだ。
録画しておいた時効警察のスペシャル等を鑑賞後、7:00に家を出てJRで新千歳空港に到着、飛行機で羽田を経てシャルルドゴール空港へ。

Img_20191002_125001-2

羽田では「和食ロス」になる可能性を踏まえ、蕎麦屋で昼食。

 

Img_20191002_134245-2

飛行機はエールフランス、通常はアタック25で優勝しないと乗れません。

国際線の機内ではかなりの本数の映画やドラマ、音楽などが鑑賞可能なのだが、さすがに12時間は飽きる。
一度観たハリウッド版ゴジラ(2作目)、飛んで埼玉を鑑賞。
そして尻が痛くなる(笑)、エコノミークラス症候群の意味がよく分かります。
ただ偏食児童(?)の私にとって懸念事項の機内食はまあまあ満足のいくものでした、12時間後(定時)にシャルルドゴール空港に到着。14:00発でしたが時計上は同じ日の19:00、時差は-7時間です。

ただドゴール空港に着いてからのバスがお粗末で、運転手がホテルの場所を知らずに10分程の道程を30分かけて到着。
こういうのが「お国柄」なのでしょうねえ、改めて我が大日本帝国の良さを実感しました。

Img_20191003_041454-2 

ホテルはさすが Hyatt Regency だけあってご立派。
ただ冷蔵庫くらいは置いといて欲しかった(苦笑)。
※ 後で聞いたら冷蔵庫が無かったのは私の部屋だけだったらしい(怒)

フロント横の売店でシャンパンと缶ビールを各1本(15ユーロ、高いわー)買って、部屋に戻ってTVをつけて「素人が時間内にパンケーキを作るとおぼしき番組」を観てみたが全編フランス語(当たり前)で全く理解不能、サクッと吞んで就寝。

で、目が覚めたら3時(ここから 10/3)
さすがにこれは二度寝パターンかと思ったが眠れない、外の喫煙スペースにタバコを吸いに行ったり、旅の資料に目を通したりしているうちに朝食のお時間(6:00)
本場のクロワッサンは大変美味なのでございます。

ホテルを出てバスで30分程揺られて着いた馬の街シャンティイは城下町、ああ私の城下町。
※ 格子戸はくぐり抜けません

Imgp1818-2
極東の黄色いサルは街並みだけでも感動してしまいます、魔女が宅急便していても不思議じゃないような佇まい。

ここに居を構えるクラフト厩舎のご好意で、厩舎内見学。
朝の競馬場は恐ろしく寒い。この日の朝は気温6℃。
パリは北緯48度、樺太と同じなのです(北海道最北端の稚内で北緯45度)。

Img_20191003_144259-2
驚いたのは現役競走馬に触れる事を許されたこと、日本では未勝利馬でも一般人が触ることはできない、いわば聖域。
厩舎内の競走馬たちは大変人に慣れていて、馬たちからも歓迎してもらえました(うれしい)。

更に調教コースに移動、朝の調教まで見せていただきました。

Img_20191003_151803-2
Imgp1806-2 
Imgp1794-2
見て分かるでしょうか、調教はダートコースです。
ウォーミングアップ~逍遥馬道でクールダウンしてから調教するんだそうな。

厩舎を出て、バスでシャンティイ競馬場へ移動。

Img_20191003_174354-2 
向こう正面の外から撮影しているので分かりにくいですが、フランスダービーやオークスが行われる競馬場なのにスタンドが小さいのが印象的。
日本のローカル競馬場の半分くらいでしょうかね。

競馬場を後にして、シャンティイ城へ。
Img_20191003_175946-2
このシャンティイ城、城主が大変な美術品収集家で遺言で美術館に姿を変えているのだそうです。
絵だの彫刻だのには興味ないものではございますが、なかなかのものだったような気がしました。
城の中のレストランでランチ(鮭のソテー)を美味しくいただいた後はお馬さんのショーを見たのですが、ランチワインを飲み過ぎて半気絶(苦笑)、概ね覚えておりません。

ホテルに戻って、夕食はチキンのソテー。
やっと気付きました、向こうの食事は量がハンパないのです。バカ正直にメインまで完食した結果、不覚にもデザートを残す結果となりました。
白ワインの小瓶を買いましたが、睡魔に襲い掛かられ全部呑めずに気絶。

続きを読む "ミーはおフランスに行ったざます(前編)"

| | コメント (0)

2019年9月25日 (水)

肉食男子的食生活

休み明け出社、昼休み前と昼休み後にクレームの襲撃に遭ってややメンヘラ化。

「やや」なので定時帰宅時間には概ね復帰、旅行用の耳せんと延長コード(フランスのホテルではコンセントがとんでもないところにあるらしい)を買って帰宅。

もう大体買い物は終ったかな、航空券も手元に届いたので準備は整いました。

昨日と一昨日でちょっとずつ買い物しているので、もはやいくらかかったのか不明(笑)

ちなみに一昨日は買い物後、夕飯を外食で済ませてそれから映画を一本観て帰宅。
Img_20190923_174721-2 
サッポロファクトリー内、牛亭のハンバーグでございます。
※ 映画のお話は後ほど

ハンバーーーーグッ!
※ これはやっとかないと気が済まない

昨日は早めに買い物を済ませて、それから自炊。
Img_20190924_190047-2 
久々の唐揚げ祭りでございます、付け合わせはポテトフライとレタス。

Img_20190925_183141-2
本日は札幌駅前、地下のカレーハウス「おの」でチキンカレーでございます。

そういう意味において、肉食男子って事で。
ちなみにちょっと胃が痛いのですが、これは今日のクレームのせいでしょう。
旅行用に買っておいた大正漢方胃腸薬が旅行前から効果を発揮してくれたようで(苦笑)、今は落ち着いております。

======================

さて、スプリンターズSは桜花賞馬グランアレグリアの回避が決まりました。
どうやら放牧に出たらしいので年内の出走はないでしょう。
POG的には残念ですが、今年で終わりの馬じゃないですからね。
来年はヴィクトリアマイルが最大目標ってとこですかね。

そんなわけでタワーオブロンドンの鞍上がルメールに確定。
これで馬券から切れなくなったというわけですが、1枠引いたらちょっと考えるかも。

上位が回避したことで出走できるのはイベリスですが、この馬も逃げ馬。
モズスーパーフレア陣営には耳の痛い話でしょう。
セイウンコウセイやマルターズアポジーはどう出ますかね、出方ひとつで超の付くハイペースになりそうです。

いよいよもってタワーオブロンドンが切れないという残念な結果に・・・

以下、23日の映画プレビュー。
総理大臣が記憶喪失になるだけではない大事件の映画。
※ 映画に夢中で気付いてませんでしたが、クリソライトは日テレ杯を圧勝したようですな。

続きを読む "肉食男子的食生活"

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

ブオーンの弱点は真ん中の目

平日の休日は特に用事がない限り、目覚ましをかけず自分のタイミングで起きるのであります。
で、今朝は6:30に起床。
昨夜の就寝時間は0:30だったのですが、目が覚めたので起きます。

つーのも、暑い(苦笑)
昨日の仁川は実況アナウンサーが35℃であると言ってましたが、なぜか北の最果て北海道札幌市が30℃越えという異常気象。
先週末から札幌大通公園では食の祭典「札幌オータムフェスト」が始まりましたが、もはやサマーフェスと化しております。
麦酒の売り上げは上がるんでしょうね(笑)、今日も30℃を超えました。

で、自宅にいても暑さにうだる(室温29℃、扇風機付けてるのに)だけなので午後から外出。
サッポロファクトリー内のロッテリアで絶品チーズバーガーを喰って、映画を一本観てからビックカメラに移動して変圧器を買ってから帰宅。
スーツケース、どうしようかなあ。
年内の旅打ちは来月の仏蘭西遠征で終わりますが、来年は来年でどこかに行くでしょうからねえ。
一応の予定としては来春の遠征は春の天皇賞を予定しております、それで八大競争生観戦完全制覇。
どうしてもCPAPとキャメラを持参しなければいけないので、荷物が増えるんだよなあ。

買っとくか。
帰宅して飯食ってただいまハイボーラーです。

さて、週末競馬展望前倒し。
まずは三日間開催の最終日に行われるセントライト記念を。

実績ならニシノデイジー、リオンリオン、メイショウテンゲンですが、どうも食指が動かない。
前が有利という条件下においてはリオンリオンなんですが、横山典弘の2週連続重賞制覇は無いでしょ。
ニシノデイジーは脚質的にどうでしょうね、高速馬場も合わない気がします。
メイショウテンゲンは馬場悪化という条件付きでしょ。
青葉賞組ではランフォザローゼスもいますが、さすがに札幌記念の14着は負け過ぎかなあ。
ルメールは同厩舎のルヴォルグ(こっちは気になる)に乗るみたいだしね。

注目はザダルですかね、無傷の3連勝中。
父トーセンラーは京都専用馬でしたが、息子は東京も中山も問題なし。
1勝馬ですが、タガノディアマンテも気になります。
あとはアドマイヤスコールあたりですかね、2月の中山で2200mを2:12:5は悪くない時計。

さて、久々のネタバレ映画レビュー。
本日の一本は、私が21才の時に「Ⅰ」が発売された日本RPG界の至宝の映画化。

続きを読む "ブオーンの弱点は真ん中の目"

| | コメント (0)

喰い過ぎると呑んでも酔えないんですよ

なんだ、犯人は西野七瀬か。
想定内の”意外な結末”だな、実は原田知世が生きていたとかだったら驚くのに。

てなわけで、本日出社日。

365日営業のコールセンターで祝日が多いと、シフトが結構不規則になるんですな。
土日祝日はほとんど電話が鳴らないにも関わらず、出社しなければいけないのは明らかなコストロスなんですが、クライアントとの契約だから仕方ないのです。



昨日、一昨日が休み。
今日が出社。
明日、明後日が休み。

水曜日から5日連続で働いて、祝日がお休みという不規則な生活なのです。

当然ながら、今は呑んでいるのですが・・・

Img_20190902_202339-2
羊祭りの食材が多すぎて、思ったほど酔えないのでございます。
それでも今呑んでるワインのミニボトルが無くなる頃に気絶予定(笑)

金曜日は朝のんびり起きて、昼前に外出。

Img_20190906_133305-2
サッポロファクトリーで久々に牛亭のハンバーグ、美味しゅうございます。

その後映画『ONEPIECE STAMPEDE』を鑑賞して、帰宅。

ここからネタバレなので、まだの方は見ないように。

ラストの”総攻撃”はね、本編では見られないメンツの集まりで楽しめましたよ。
ルフィ、けむりん、ロウ、ハンコック、サボの一斉攻撃は見どころありました。
これはあくまでも本編と別世界の話って割り切れば楽しいんですよね。
強いて言わせていただければね、ソロと藤虎の一戦はもう少し見たかったなあ。
「一大・三千・大千・世界」で隕石を叩き切った件は見事でしたな。
真っ二つにした隕石の後片付けを”鷹の目”が処理したくだりも、なんとも微笑ましい。

適量呑んで気絶。

土曜日は朝一番でWINS入り。
中山と阪神の1Rを買って、当たった方の馬場を優先しようと思ったら、W撃沈(泣)

東西メインと準メインを買って、小樽へ移動。

Img_20190907_113725-2
昼食はウイングベイの丸亀製麺で、うどん。

かかりつけの病院で先月の検査結果を拝聴。
なんか、順調みたい。
あと5kg痩せたらCPAP外せるかもって言われました。
そっかあ、死亡脂肪か。

何より、コレステロール値が正常に戻ったのが嬉しい。
γ-GTPも尿酸値も健康の範囲内。
こりゃもう、吞み放題じゃないですか(笑)

ただ、健康と引き換えに得たのは外れ馬券。
回収率8%はあきまへんな、反省して酒呑んで気絶。

俺が悪いんじゃない、この蒸し暑さが悪いんだ。

続きを読む "喰い過ぎると呑んでも酔えないんですよ"

| | コメント (0)

2019年8月23日 (金)

気絶する前に

休日前の酒の美味しいことったらありませんな。
そんな金曜の夜であります。

今日は雨。
昼休みは大雨の中を傘をさして近所の居酒屋のランチ。
定時で仕事を終えて、雨が上がった街の中を徒歩でサッポロファクトリーへ。
最近気に入っているおにぎり屋さんで晩飯、その後映画を一本鑑賞。
終わった後は地下鉄一区間分歩いて、それから地下鉄で帰宅。

で、コンビニでビールを買って帰宅後グイっと。
只今ハイボールタイム。

もうすぐ気絶するはずなので、とりあえず予想だけ。

■札幌11R WASJ第2戦 (3勝クラス)
⑦マイハートビート
⑨プロフェット
⑭ロライマ
ワイドBox
WASJはね、毎年荒れるはずなんですよ。
おまけに重馬場確定の明日は攻めのワイドで。

■新潟11R BSN賞 (OP)
①グレンツェント
⑥サトノアッシュ
⑦ナムラミラクル
ワイドBox
新潟のお天気が分からないんですけどね、コパノチャーリー、アイファーイチオー、サルサディオーネが競ったらハイペース必至でしょ。

だめだ、小倉予想前に記憶が飛びそうです。

おやすみなさいまし。

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

55の夜

今日もそこそこに忙しい一日でしたが、定時で完了。
だが17:20に仕事を終えたとはいえ、家に帰れば猛暑。
そう、外より家が糞暑いのである。
そんな家には・・・もう帰りたくなぃーい。

55の夜ぅぅぅぅぅ!

注1:バイクは盗んでおりません。
注2:教室の窓ガラスを叩いて壊したこともありません。
注3:きしむベッドの上で優しさを持ち寄ったこともありません。
注4:私は尾崎豊ではございません。

会社を出て、自宅方向へ逆走。
注5:私は高齢ドライバーではありません。
注6:徒歩です。

サッポロファクトリーのユナイテッドシネマで映画を一本観て帰りました。

やっぱり自宅が暑い(苦笑)、ただいま室温30.1℃でございます。
昨夜は一睡もできませんでしたが、今日は寝られるでしょう。

なんで一睡もできなかった翌日に眠気すらも起きない?

ま、いっか(笑)

以下、ご存知ネタバレ映画レビュー。
本日はやたら人間臭い犬やら猫やらウサギやらのお話。

続きを読む "55の夜"

| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

開幕週から暑すぎる

いやね、生きてるんですよ。
ただ、先週末突如としてやってきた「猛暑」に完全にやられております。
そのわりに馬場入りは休まずやってるんですけど(笑)

■7/26(金)
お休みなのに、朝から蒸し暑い。
※今考えれば序章に過ぎなかったわけで

それでも地元小樽が「潮まつり」だったもので、とりあえず床屋の予約にひっかけて帰ってみる。
で、小樽に着いたらお見事に雨 (´;ω;`)
雨の中をわざわざ祭り会場まで行くほど珍しいわけじゃないので、ウィングベイで暇を潰して、そのまま早めの晩飯。

Img_20190726_170929-2_20190729203901
うどーん

ウィングベイから床屋を経て、Bar Hatta。
程よく呑んで帰宅。

■7/27(土)
札幌競馬、開幕!
いやいや、焦るでない。
どうせバカみたいな行列に巻き込まれるだけだ。

Img_20190727_113531-2_20190729203901 
雲行きがちょいと怪しい中、5Rの新馬戦に間に合うように馬場入り。

Img_20190727_132509-2_20190729203901
この後、徐々に晴れ間が増えてまいりますが、おかげで猛暑。
競馬場の良さは風通しの良さで、なんとか助けられました。

5Rをきれいに外し、そこから連敗に次ぐ連敗。
こりゃダメだと思って、以降はワイド馬券に切り替え。
これが功を奏して、なんとか1着-3着の馬券を3鞍Get。
強気に馬連で買っていたらBOUZになるとこでした(笑)
ただしワイドの弱点、回収率50%はいただけない。
なんとも”ぬるい”家に帰って、麦酒→チューハイ→ハイボールで沈没。

ふと目が覚めて、キングジョージ観戦。
世の中そう甘くないですな、シュヴァルグラン6着。
つーか、エネイブルどんだけ強い(笑)

私的には10月のロンシャンが楽しみになったわけですが。

続きを読む "開幕週から暑すぎる"

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

なんで、おれもやねーん

本日お休み中。

曇り時々雨という週間予報だったが、そこそこ暑いっす。
勿論ですが、本州の暑さとは比べ物にならないんですけど。

昨日は久々に定時 (17:20) 帰宅。
のはずだったが、最後のお客様にハマってしまい、18:00少し前に業務終了。
いわゆる一つの「コールセンターあるある」でございます(笑)

Img_20190723_183817-2_20190724112201
サッポロファクトリーで晩御飯、最近お気に入りのおにぎり屋さんでザンギセット。
ここの塩ザンギが絶品でございます。

で、映画を一本観て帰宅。
映画上映中に横尾女がスマホを見だしたので殺意がわきましたが、殺さずに帰りました。

当たり前(笑)

では、おなじみネタバレ映画レビュー。
本日の一本は、この日人主演の映画を観るのが”木更津キャッツアイ”以来の一本です。

続きを読む "なんで、おれもやねーん"

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

楽しくなければテレビじゃない

それぞれ意見はあるでしょうが、宮迫博之と田村亮の会見。

涙なくして見られませんでした。
結果として、事件の発端となった「反社会的勢力からの金銭授受」はあってはならない事。
知らなかったら仕方がないのかもしれないと思いつつ、結果に対して責任は負わないといけないのでしょう。

ただ、田村亮の言葉。
ファミリーだというなら自分は子供、その子供が悪いことをしたと気づき謝りたいと言っているのにそれを親は止めるだろうか。

直接会ったことは無いので推測ですが、器用なことはできない人なんでしょう。
金銭授受が発覚した時に相方の田村淳はツイッターで「嘘をついたことが許せない」というようなつぶやきがあったと記憶しているが、相方は「そんな人間ではない」と思っていたからこその発言だったのでしょう。
不器用で、でも正直な人なんでしょうね。
嘘をついたことに対して、良心の呵責っていうものに押しつぶされそうだったんでしょう。

それと「もう敦とはコンビができなくなる」の言葉。

思い出しても泣けてしまうなあ。
自分には何もできないけれど、誰か助けてあげて欲しい。
明石家さんまが、松本人志が、色々コメントしました。
彼らが助けてあげられることを心から祈念してやまない。

そういえば、ビートたけしも本件について番組でコメントしたのを観ましたが、概ね松本人志と同じことを言ってるのね。

それはそれとして、今朝のスッキリ。
MCが加藤浩次と近藤春奈という吉本芸人の二人なので、何を言うのか興味があり録画しておきましたが・・・

加藤は激高、春菜は号泣というなかなかショッキングな光景でした。
絶句。
SNSで吉本芸人の何人かが色々コメントを発信しているようですが、溜まりに溜まった鬱憤があちこちで爆発しているように思えます。

ただ、誰のコメントも頷けるばかり。
今回の一件を受け、吉本興業が正しい方向へ進むことを望みます。
時間と手間がかかったとしても、スクラップ&ビルドしてもいいんじゃないかと思います。

つい先日、”新しい地図”(だっけ?元SMAPの三人)に対してジャニーズ事務所が圧力をかけたとして公正取引委員会から指導が入ったというニュースがありました。
そして今回の吉本興業によるタレントへの圧力。

「録音してへんやろな」は”冗談”では済まされないでしょうよ。
加藤浩次や松本人志の話が正しければ、この社長が反社会勢力そのものでしょうよ。

一昔前に、韓国の芸能界の”奴隷契約”みたいな話題がありましたが、日本もそう変わらないんですかね。

私の願いはただ一つ、楽しく笑える番組を観たい。
こんなことでTVがドンドンつまらなくなってゆくのは、耐えられないのです。

せっかく4KTV買ったのに(笑)

続きを読む "楽しくなければテレビじゃない"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧