フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 心労著し | トップページ | おい »

2020年11月 1日 (日)

悶々

Photo_20201101192001

徹底をお願いいたします。
ついに競馬の世界にも出てくるとはねえ(苦笑)

さて、北海道は秋が深まってまいりました。

Img_20201028_102901-2
つい先週まで緑だったイチョウの葉がまっきっきでございます。

そんな私、仕事で色々ございまして。
真剣に退職を検討中でございます。
事態が発生したのは10/29 (木) の夕方で、それからズドーンと気分が重い。

気分を晴らすために、仕事後は映画館へ。
Img_20201029_203454-2
鬼滅の人たちがあまりに多かったら回避しようと思いましたが、比較的空いていたのでチケットを購入。
で、着いたのが20:30だったもんだから21:15の上映時間に間に合うように軽く晩飯でもと近くのロッテリアに行ったら『改装中』。
こりゃいかん、仕方ないからポップコーンで我慢すっか。
売っておりません、販売は飲み物のみ。
食べ物を映画館に持ち込む = マスク外すだから売ってくれないのね (´;ω;`)

で、腹ペコで 1本観て帰り、ちょいと 1杯のつもりで呑み始め、結局いつも通り呑んで就寝。

金曜日は終日悶々として過ごす。

で、土曜日 (10/31) は競馬開催日なので悶々軽減。
しかーし、気分が重いときはいけませんな、11打数 2安打で回収率45.5%。
ソダシ、上り3ハロン 33秒台の脚が使えるのね。
府中では用無しと思ってましたが、敢え無く撃沈。
寒くなっていたので、おでんを作って喰らいつつ呑んで寝る。

そして本日、多少気分は晴れたがドンヨリが完全に払しょくされないまま勝負開始。
ひとまずAMの予想分をPATに投入して、それから馬場入り。
もはや紅葉が枯れ始めた札幌市内をテクテクテク歩いて馬場入りし、塗りつぶし済みのマークシートを穴場に突っ込んで、出たものを持ち帰る。

Img_20201101_194315-2
わざわざ持ち帰り用マークシートまでご用意いただいていたので、いただいてテクテクテク歩いて帰宅。

さて、本日はと言えば、かろうじて黒字で終了。
今日は京都競馬場改装前の最終日だったので、京都の馬券を朝から買いました。
結果、午前は5戦1勝でしたが、7R から 11R まで5連勝 (!)
固かったですけどね(苦笑)、10Rの 36.3倍が大きかったですよ。
三連複5.6倍 → 三連複3.5倍 → 三連複9.7倍 → 馬連36.3倍 → 馬連7.8倍
あとは東京 8Rの複勝 (3着 3.5倍)、9Rの三連複3.9倍、天皇賞の馬単 9.7倍。
そうやって安い配当を積み重ねてなんとか黒字。

アイちゃん強かったなあ、フィエールマンとクロノジェネシスの猛追を凌ぎ切って 1着。
勝負馬券は1着2着からの4着5着6着と、いつも通りの低たらく (´;ω;`)
クロノジェネシスを切ったのはさすがに無理があったかなあ。

ま、勝ったんだから良しとしませう。
中一日での JBCにどう影響しますかね。

てなわけで、お馴染みネタバレ映画レビュー。

今夜の一本は TENET。
お分かりですね、右から読んでも左から読んでも TENET。
それが関係あるかどうかは分からないのですが、未来の科学者が理由は分からないが過去を消滅させようと画策。
普通、過去を消滅させたら未来も消えてなくなるんじゃね?と常人は思うわけですが、未来人はそんなこと考えない。
ただし、その作業は現代人が行わなきゃいけないらしく、選ばれたのは末期ガンの武器商人。
本人は末期ガンだから現代が消滅しようが知ったこっちゃない。

それを止める使命を担ったのは元 CIA エージェント。
武器商人は未来人から送られた”回転ドア”を使って時間軸を超えられちゃう。
だから平気で忽然と姿を消したりできるわけ。
で、起きた事態は過去に戻って修正できちゃうからタチが悪い。
※ 過去に戻ると時間は逆行してるは温度も逆行するは息が吸えないわで理解できなくなります・

さて、物語は武器商人が狙う「プルトニウム241」を奪取するところが前半のメイン。
過去を修正できる武器商人側に結局持ってかれるわけだが、それはプルトニウムではなく謎のパーツだった。
そのパーツは普通の時間軸で流れる世界を崩壊させるアルゴリズムの一部。

全部揃っちゃったので大ピンチ!
アルゴリズムが作動する前にぶっ壊さないといかんのです!
武器商人の故郷である「スタルスク12 (ロシアにあるらしい地図にない街)」で普通の時間の人たちと時間逆行の人たちが入り乱れて戦うもんだからもう全く分からない。

結局アルゴリズムは主人公たちが奪取に成功し、パーツを分けて世界中の見つからないところに隠そうってなわけで大団円。

何だか分かったような、分からなかったような。。。うん、難しく考えないようにしよう。

面白かったです。
※ ダメだこりゃ

« 心労著し | トップページ | おい »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心労著し | トップページ | おい »