フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 結局朝から | トップページ | あれこれの疲れ »

2020年3月30日 (月)

大きな穴が開いた

悲しい、実に悲しい。

志村けん(70歳)、新型コロナウィルスによる肺炎で死去。

自分の性格形成に大きな影響を与えた人の一人である。
そして、昭和の大爆笑王も病には勝てなかったのである。

午前の休憩時にネットニュースで観て愕然とした。

昼飯の時には泣きそうになったので観ないようにした。

なにせドリフに関してはドストライク世代なので(この「ドリフ」って響きがいいよね)、いかりやさんの時もかなりのショックだったが、今回は更なるショックだ。
※いかりやさん、ごめんなさい。

その男は「8時だよ!全員集合!」に突然工事現場の監督役で現れた。
その時は子供ながらに「なんだこいつ」という印象しかなかったが、後に新井注が抜けた全員集合に”新人”として加入した。
※すわ親治(ブルース・リーの真似する人)の方がよく出ていたので、こっちがドリフに加入すると思ってました。

最初は大して面白くなかったんですけどね、東村山音頭で大ブレイク。
全員集合で一番好きだったのは「お前、それはないだろう」です(笑)

サザンより先に「勝手にシンドバッド(勝手にしやがれと渚のシンドバッドを交互に歌うネタ)」をやってたのは中学生のころだったか。

やがて全員集合が終わり、よく観ていたのは「ドリフ大爆笑」。
飲み屋でビール飲んで一回吐き出すネタは何度やったか覚えていないほどだ(笑)
※先にやったのはうちの大先生です(実話)

ご飯にする?お風呂にする?それとも、寝る?(研ナオコ)
なまたまご~(研ナオコ)
鏡に見立てたコント(ジュリー)
バカ殿の年齢査証(由紀さおり)
病気の芸者に何するの(ご本人、「もしも」のコーナー)
ベテラン芸者コント(柄本明)
※これは・・・「だいじょぶだぁ」か?

様々な芸能人と演じるコントは楽しかったなあ。

あとね、テレビ朝日系だったと思うのですが、女優とドリフがコントする番組が面白かったんですよ。
最後は家族コントで、お約束の森光子大爆発(笑)
※煙が晴れると頭がモジャモジャになって龍角散吐くやつ
志村さんはジジイ役で、孫の加藤茶を「ちゃーぼー」って呼ぶのが面白かったなあ。

ドリフが動かなくなってからは”今に至る”だからご存知の方も多いでしょう。

「だいじょぶだぁ」とか「バカ殿」ですよ。

いしのようこ(真子ちゃんのお姉さん)との掛け合いは見事でしたねえ。
「ご、ごごご、5時?」のくだりが大好きでしたよ(笑)
何を言う→早見優→北天祐引退・・・とかね。

番組が存続すれば田代まさしも変な薬に手を出さずに済んだかもしれないなあ。

それはいいとして。

つい先日も「バカ殿」観たばかりです(傑作選かな)。
※「バカ」は「バカ殿」か「バカボン」、アホは「坂田」が定番。
もういなくなっちゃうのかい?早くないかい?
もっと日本を笑わせてくれると信じていましたが、残念で仕方ない。

これで東京の頭の悪い若者が「コロナウィルスは脅威」と認識してくれるといいなあ。

そして、志村さんの遺志を感じて欲しい。
人は死して名を遺すが、「志村けん」という喜劇人が遺したいくつものギャグやフレーズを後世に残そう。

志村さんの動画をお持ちの方がいたら、ドンドン動画サイトにUPしてくださればありがたいです。

志村けんの動画で笑いたいです。
喜劇人の弔いは、笑う事でしかないはず。


改めて
志村さんさんのご逝去にあたり、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

※この場を借りて謝罪、初めて「さん」の敬称を付けたと思います、反省。

« 結局朝から | トップページ | あれこれの疲れ »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

かつてビートたけしが絶対安静の重体から復帰したように、志村さんも戻ってきてくれると思っておりました、無念です。

「ひょうきん族」派か「八時だよ!」派か…子供の頃は重大な問題でした。
今のように録画機が一般的ではなかった時代でしたもの。
「大丈夫だぁ}といって復帰してくれるものと思っていました。
子供の頃の数々の「楽しい思い出」…大きくそがれた感じがしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結局朝から | トップページ | あれこれの疲れ »