フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« コークスクリューパンチ | トップページ | 小樽なら美味しいものは分かる »

2020年1月21日 (火)

連敗脱出

先週末は土曜日が休みで日曜日が出勤。
明けて本日もお仕事で明日は(もう今日か)お休みというシフト。

土曜日はイソイソ馬券対決に出向いて返り討ち(´;ω;`)
まさかの回収率10.3%の大誤算。

Img_20200118_120800-2
ラーメンでもカレーでも勝てないので海老天ソバにしてみましたが、功を奏さず。

で、帰って日曜版新聞とにらめっこしながら改めて予想して、就寝。

日曜日は仕事の昼休みにWINS札幌で馬券購入。
近藤オーナーの遺作とも言うべき5億8千万(アドマイヤビルゴ)の走りは残念ながら見られず。

とりあえず勝って600万は取り戻したようですな(笑)
で、夕方あたりからクシャミと悪寒が走る。
風邪ならいいがインフルエンザだったらマズいな。
中国の観光客に新型コロナウィルスでもうつされた日にゃたまったもんじゃない。

Img_20200119_183558-2
仕事を終えて円山に地下鉄で移動、麻婆豆腐とラーメンのセットを食べて帰宅、風邪薬飲んで即就寝。
何より薬になったのは今回初勝利(笑)
投資金額も少なかったが、レース数を絞ったので中穴一つ(中山9R)で黒字になりました。

ただ、まだ本調子ではないようで。
京成杯に至っては2着から3,4,5着に馬単で流す豪快なスカ。
2着3着のワイドでガミながら獲りましたが、この微妙なずれが是正できない限りまだまだである。

今日は朝から大忙しの仕事を終えて、サッポロファクトリーへ。

Img_20200120_185839-2
せっかくの給料日なので、晩飯は大好きな牛亭のハンバーグ。
嗚呼美味い。

で、レイトショーで映画を一本観て帰りました。

以下、お馴染みネタバレ映画レビュー。
ジェダイの物語、完結編。

平日のレイトショーにも関らずまあまあの客入りなのはさすがですね。
本日の一本はこちらでございます、スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け。

シリーズ9作目にして最終作、長かったですねえ。
最初に観たのは私が中学生の頃なので、40年以上前って事でしょ、お疲れさまでした。

前作では満を持してルーク・スカイウォーカーが登場したと思ったら死んじゃって、さて最後はどうなることかと思っていましたが、今度は奴が復活してくるのです。
エピソード6でダース・ベイダーに放り投げられて死んだはずのパルパティーン(シスの皇帝)です。
死んだはずなのはお富さんだけで十分なのですが、出てきやがるんです。
おまけに「はい、私死んでますけど何か?」みたいな出方してくるんです。
よく分からないのですが、カイロ・レンはそのパルパティーンの言葉で主人公レンを殺しに行きます。
※ほんとは殺す気が無さそうでした

で、本作ではそのレンの出生の秘密が空かされるのですが、なんとパルパティーンの孫だっていうじゃありませんか、奥さん。
そりゃ強めのフォース持っててもおかしくないわけですわ。
その事実を(本人もうっすら気づいていたようですが)カイロ・レンから明かされる。
まあ、ショックですわね。ジェダイの修行している人が悪の親玉の孫って(笑)

悩んだ挙句、ルークが隠居していた星に逃げちゃうんですが(出社拒否みたいんもんか)、ルークの幻?が出てきてこんにちわ。
坊ちゃん一緒に遊びましょというわけもなく、お前がパルパティーンの孫ってのはレイアも知ってたけど、それが何か?みたいな。
血筋じゃなくて気持ちの問題っしょ的に諭してレイのメンヘラ終了。
「あ、ついでにこれ持ってけ」的にレイアの使っていたライトセイバー渡して、「じゃ、あとは頼む」的にルークはフェードアウト。
レイちゃん、意気揚々と鬼ヶ島に乗り込みます。

で、パルパティーン(祖父)と対峙するわけですが、じじいの分際で孫をフォースの暗黒面へと誘うわけです。
祖父なら孫を正しい道に導けやって話ですが、祖父が悪まっしぐらなんで仕方ない。
でも孫が良くできた子でねえ、悪いじじいの言葉に耳も貸さない。
加えて、改心したカイロ・レン(そもそもハン・ソロとレイアの息子)が駆けつける。
でもパルパティーンさんが強くてケチョンケチョンにやられちゃう。

ここからがハリウッド映画の真骨頂で、なんとか立ち上がるレイ。
修行の甲斐あって、過去のジェダイたちの言葉で盛り上がっちゃって「しゃーこいこの野郎」で第2戦開始。
パルパティーンの悪のフォースをルークのライトセイバーで防御するんですが、そこはラスボスなんでパルちゃん(パルパティーン)押し気味。
そこでレイはレイアのライトセイバーも出して二刀流大谷翔平状態へ。
フォースを食い止めるどころか押し返しちゃって、パルちゃん消滅。
勢いあまってシスの民を丸ごと粉砕。

で、フォース使い切ってレイちゃん他界。

と思いきや、やっつけられたはずのカイロ・レンがのこのこやってきてフォースの力でレイちゃんを生き返らせちゃったりなんかして。
んで、勢い余ってチューしちゃったりして。

ま、お盛んねえ。

なんて思ってたらカイロ・レン、消滅。
レイを助けに来たのは思念だったというご都合主義。
まあいいでしょう、助さん格さん、やっておやんなさい。

反乱軍は帝国軍を撃破して大団円。

ラストシーンは、(間違ってたらごめんなさい)レイが(第1作で)ルークの元々住んでいた家にルークとレイアのライトセイバーを持ってって、地中に埋めるんどす。
たまたまご近所さんに見つかっちゃって、「あら、この辺で人を見かけるのは久しぶりねえ。あんた誰?」って近所のおばさんに聞かれたレイが「レイ・スカイウォーカーですっ」と答えるシーン。
※違うだろ!ってツッコんじゃいけません

なんかねえ、泣けちゃった。

だってさあ、第1作の演者総動員だもの。

ルーク・スカイウォーカー
レイア・オーガナ(故人だからCGだと思う)
ハン・ソロ
一番感動したのはランド将軍ね、初回の演者さんが出てきたら不思議なもんで顔を覚えてましたよ。

観るんなら、この「40年で全9作」の前の8作をちゃんと観てから行った方がいいと思いますよ。

謝罪:諸々端折りすぎているので、ぜひ劇場へ。

« コークスクリューパンチ | トップページ | 小樽なら美味しいものは分かる »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コークスクリューパンチ | トップページ | 小樽なら美味しいものは分かる »