フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 失意のズンドコ節 | トップページ | TV様々 »

2019年12月10日 (火)

無情

くも膜下出血

それが彼女の死因だったようです。

私がコールセンター業界に入ったのは、思い起こせば2005年1月の事でした。
すでに1年以上前に彼女は入社しており、人の出入りが多いこの業界においては大先輩でした。

その年の9月に部署異動があり、以来12年間同じ部署で働かせていただきました。
今の業務への異動も同じ昨年2月の事でした。

たまたま今日の昼過ぎ、後輩から「彼女が出社していない」との情報が飛んできており、ストレスでアウトになってしまったかと思っていましたが、たまたま帰りしなに訃報を聞きました。

私はある程度仕事に不真面目なところがあって、要領よくこなしてしまうことろがあるのですが、彼女は何でも生真面目に考えてしまうところがあるため私よりもストレスを溜めやすいところがありました。

また、激情家でありながら感情を表に出すのが苦手な方でもあったので、色々なものが積もり積もってしまったのかもしれません。
最近も辛そうにしていらっしゃったので、一声かけてあげられなかったこと、悔いが残ります。

 

なんでしょうね、悲しいという感情とは違うのですが、なんともモヤモヤ致します。

 

とりあえず呑まなきゃやってられないので、禁酒を一時解除しております。
こういう、良く言えば柔軟性があり悪く言えば意思のもろいところが彼女にもあればよかったのになあ。

明石家さんまさんの座右の銘は「生きてるだけで丸儲け」ですが、まさにその通り。
ボウフラみたいな私の人生ですが、もう少し生きていることに感謝しなければいけませんね。

10歳年下の先輩を同じ年にふたりも失うとは思っておりませんでした。

不謹慎ではありますが、今夜は自分を整えるためにもできるだけ笑える番組を観て過ごそうと思います。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

« 失意のズンドコ節 | トップページ | TV様々 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 失意のズンドコ節 | トップページ | TV様々 »