« 脳細胞限界 | トップページ | 動かすべきか、動かさざるべきか、それが問題。 »

2019年8月 6日 (火)

55の夜

今日もそこそこに忙しい一日でしたが、定時で完了。
だが17:20に仕事を終えたとはいえ、家に帰れば猛暑。
そう、外より家が糞暑いのである。
そんな家には・・・もう帰りたくなぃーい。

55の夜ぅぅぅぅぅ!

注1:バイクは盗んでおりません。
注2:教室の窓ガラスを叩いて壊したこともありません。
注3:きしむベッドの上で優しさを持ち寄ったこともありません。
注4:私は尾崎豊ではございません。

会社を出て、自宅方向へ逆走。
注5:私は高齢ドライバーではありません。
注6:徒歩です。

サッポロファクトリーのユナイテッドシネマで映画を一本観て帰りました。

やっぱり自宅が暑い(苦笑)、ただいま室温30.1℃でございます。
昨夜は一睡もできませんでしたが、今日は寝られるでしょう。

なんで一睡もできなかった翌日に眠気すらも起きない?

ま、いっか(笑)

以下、ご存知ネタバレ映画レビュー。
本日はやたら人間臭い犬やら猫やらウサギやらのお話。

なんか、観終わった後ホッコリするんです。

本日の一本は、Pet2です。

吹き替え版はね、バナナマンとか永作博美とか知った名前が多いのですが、私基本的に字幕版派です。

本編の主人公はマックス(犬)ですが、物語は3本のサイドストーリーから始まります。

①マックス編:子供は嫌いなマックスですが、飼い主が結婚して子供が産まれてしまいます。
でも、その子供にマックスがぞっこんになってしまうのですな。
親か(笑)
でも、子供にぞっこんになるあまり、ストレスで行動障害になってしまいます。
その飼い主ご家族と自動車旅行に行った旅行先で、牧羊犬ルースターに勇気をもらいます。
ストレス障害でエリザベスカラーを付けられたマックスが七面鳥に追いかけられるシーンは絶品です(笑)
ちなみにルースター、やたら男前キャラだと思っていたら、声優がハリソンフォードでした(笑)

②ギジェット編:ポメラニアンのギジェットは美容に気を付けていて(キュウリパックしてます)、ちょっとマックスに惚の字(死語)。
その「大好きなマックス」に旅行中、大好きなおもちゃのボールを託されるのですが、ひょんなことからボールを猫屋敷(猫数十匹が住まう、なかば”お化け屋敷”)に落としてしまうのです。
友達の猫のクロエさんに猫としての所作を学び、猫屋敷に突入したギジェットはボールを取り戻すどころか女王として君臨してしまうのです。
犬なのに(笑)

⓷スノーボール編:ウサギのスノーボールは前作では悪役でしたが改心したのか今回は同じマンションで飼い主に”ヒーロー”として飼われております。
そんなスノーボールは、友達のデイジーから悪徳サーカス団に捕らえられた虎の子供”フー”の救出を依頼されます。
ヒーロー気分満々のスノーボールですが、結局大した役にも立たなかったわりにデイジーの活躍でフーを救出。

この物語の集合点は助けられた虎の子フーをサーカス団に取り戻されてしまう事に端を発します。
悪徳サーカス団の団長(多分ロシア人)に麻酔弾で眠らされたフーちゃんは電車で移動してしまう。
更に

ペット間ネットワークで居場所を突き止めたマックスは電車に追いついて、合流したスノーボールとフーちゃんを追いますが、サーカス団団長の飼っている猿やら狼やらに襲われます。

が、スノーボールはサルを迎撃、マックスは狼を駆逐。
サーカス団団長をマックス、デイジー、スノーボールの連携で団長を撃破したと思いきや、ターミネーターばりの生命力で団長復活。
”あわや!”のところでギジェットに誘われた猫軍団の飼い主の車が追いついて団長を跳ね飛ばして、The End。

結果としてニューヨークに虎のフーちゃんが居残る結果ではありますが、アニメだから許してください(笑)

 

|

« 脳細胞限界 | トップページ | 動かすべきか、動かさざるべきか、それが問題。 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脳細胞限界 | トップページ | 動かすべきか、動かさざるべきか、それが問題。 »