« スカっと目覚めたい | トップページ | 心の棘、抜いてくれるは、大先生(字余り) »

2019年5月13日 (月)

大団円とはいきません

うーむ、昨夜一杯やりながら書いた記事がアップされてなかった(笑)

改めて思い出し書きします。

昼過ぎに家を出て地下鉄でWINS札幌へ。
馬券を買って、それから文房具屋で紙を買って帰宅。

ヴィクトリアマイルは前残りの馬場だったにも関らず、アエロリットが超ハイペースで逃げた結果、差しが届いて日本レコード決着。
それでも前にいたクロコスミア、ラッキーライラックあたりが掲示板に載ったあたりはやはり前残り馬場。
何より逃げたアエロリットが掲示板に載ったのは驚きだ。
安田記念に出てくるなら注意は必要だなあ。

このハイペースのおかげで馬連37倍を確保。
ただし、勝負馬券の三連複はあと50mあたりでクロコスミアに潰されました(笑)
この辺が石橋と戸崎の差なのかとも思ってしまいます。

そんなわけで日曜競馬はなんとか回収率80%を確保。
ただ土曜日が悪すぎましたね、土日で回収率53%は大きな反省材料です。

レース観戦後、掃除だなんだで時間を潰し、18:30にまた家を出てサッポロファクトリーへ。
久しぶりに牛亭でハンバーグを喰い、20:20のレイトショーを観て帰宅。
焼酎をあおって寝ました(山谷ブルースではございません)。

そんな事ができるのも、今日から遅番勤務だからです。
業務開始が11:00なので、今日は10:00過ぎに家を出て徒歩出社。
初夏の陽気っていうんですかね、快晴。

Dsc_0412-2
ついつい木陰に逃げ込みまして、新緑の鮮やかさにふと心を奪われます。

ただ仕事は今一つ、なんともヘンテコな客ばかりの対応に追われる。
それでも五体満足で帰宅できました。

さ、いよいよオークスです。
桜花賞馬不在の今回、牝馬の世代ナンバーワンに輝くのはどの馬か。

以下、ネタバレ映画レビュー+オークス展望。
レイトショーの一本は、ついに終わってしまったヒーローだらけの水泳大会映画。

分かっていると思いますが、ポロリはありません。

はい、ポロリが無い「アヴェンジャーズ エンドゲーム」を観てまいりました。

全作(インフィニティウォー)で宇宙の人口の半分は消滅します。
消滅させたのはサノス、消滅させたパワーは6つのインフィニティストーン。

アヴェンジャーズも半分が消されてしまい、アイアンマンさんは宇宙空間に取り残され生命の危機。
ここで新登場するのがキャプテンマーベル、アイアンマンさんが乗った宇宙船ごと地球に送り届けます。

しかし、悪の根源サノスは行方不明で失った半分を取り戻す術も思いつかない。
アイアンマンは運よく奥さんが無事で、田舎に引っ越して穏やかに暮らします。

対してサノス戦に参加しなかったイーグルアイさんは、家族団らん中に妻も子供も失います。

~5年経過~

突然アントマンが量子世界から復活。
※ 全作「アントマン&ワスプ」で量子世界に取り残されていた
どうやら量子世界では現実世界と時間の流れが違うらしいので、この原理を利用すればタイプワープができるのではとのご提案。

話を聞いたキャプテン・アメリカさん、ブラックウィドゥさんがアイアンマンさん話を持ちかけますが、平和に暮らしているアイアンマンさんは全拒否。
さすがのアヴェンジャーズも、コテンパンにやられてマイナス思考なんですな。
ただ、元々が天才科学者のアイアンマンさん、あっさりタイプワープ装置を作ってしまいます。

で、サノスに奪われる前の6つのインフィニティストーンを取り戻しに行くわけです。
アイアンマンさんは自分の父に会い、キャプテン・アメリカさんはかつて愛した女性を見つけてしまいますが、今はそれどころじゃない。
紆余曲折があって石をすべて手に入れますが、ブラックウィドゥさんが石を手に入れるため命を落とします。
おまけにサノスに計画がバレてしまい、サノスの軍隊がアヴェンジャーズの本部を急襲。
しかし、その前に宇宙の半分を取り戻して、アヴェンジャーズの残り半分(ブラックパンサーだのDr.ストレンジだのスパイダーマンだの、あれやこれや)が復活、サノスの軍隊と大戦争に突入。

サノスにインフィニティストーン を奪われては元も子もないのでアントマン→スパイダーマン→キャプテンマーベルとリレー方式でストーンを受け渡しますが、結局サノスの手に落ちる。
酒浸りから復活したマイティソーとキャプテンマーベルが奪い返そうとしますが返討ち。
大ピンチのところでアイアンマンさんがサノスの手に飛びつき、インフィニティストーンでサノスを軍隊ごと消去。

めでたし、めでたし

といきたいところですが、インフィニティストーンのパワーの反動でアイアンマンさんは命を落としてしまうのです。
全メンバーが葬儀に参列した後、キャプテン・アメリカさんが石を元のところ(過去)に返しに行きます。
で、タイムワープから戻ったキャプテン・アメリカさんがなんと、よぼよぼのおじいさんになりました。
タイムワープ中に自分の人生(かつて氷の下で数十年仮死状態で眠っていた)を取り戻していたようです。
ペギーカーターさん(キャプテン・アメリカさんの最愛の人でShield創設者)と幸せな人生を送ったのでしょう。
彼のトレードマークでもある盾をブラックパンサーに譲って、エンドロール。

さすがにアイアンマンの死はズーンと来ましたが、生き残ったスパイダーマン、アントマン、ブラックパンサーあたりがまた活躍してくれることを切に願うのであります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、オークス展望。

今のところの本命は桜花賞未出走のラヴズオンリーユーです。
普通「オンリーユー」と来れば「君にささやく二人の夏物語」とくるはずですが、そこは置いときましょう。
(分かる人だけ笑ってください)
相手関係が忘れな草賞よりグーンと上がりますが、その勝ち方が実に鮮やかだった。
兄貴(リアルスティール)は菊花賞2着だから、距離も何とかなりそう。

後の桜花賞組はどうも距離が・・・ねえ。
シゲルピンクダイヤは父がダイワメジャーだし、クロノジェネシスは母の父がクロフネ。
ダノンファンタジーはディープの仔だけど、桜花賞の時の引っかかり具合が気になる。

ラヴズオンリーユーからコントラチェック(鞍上が一躍有名になったレーンさん)とフローラS組って構図も考えておきたいねえ。
特に(PO馬なので手前味噌ですが)ハーツクライ×ダンシリのシャドウディーヴァあたりは距離延長がウハウハでしょ。
ただ、2着女王なので頭は無さそうですがね。

|

« スカっと目覚めたい | トップページ | 心の棘、抜いてくれるは、大先生(字余り) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

POG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スカっと目覚めたい | トップページ | 心の棘、抜いてくれるは、大先生(字余り) »