« 海馬の不具合と倦怠感 | トップページ | いざダービーへ »

2019年5月23日 (木)

天気が良ければ外へ出ろ

昨日に遡ります。
遡らねばいけなかったのは、昨夜呑んで更新が面倒だったから。

です。

最近また酒量の上限が下がったのか、有難くなると何もしたくなくなるんですな。

やだやだ。

てなわけで、昨日(5/22)
前夜そこそこ呑んだが、6:30に起床。
天気予報では回復して好天なんだそうな。

”完全休養日”と銘打ってはみたが、せっかくの好天に出かけないのもいかんですよ。

昼少し前に家を出て、徒歩でサッポロファクトリーへ。
映画のチケットを1枚押さえてからランチ。

Dsc_0427-2 

最近、ここのおにぎり屋さんがお気に入り。
牛亭があるのでハンバーグという選択肢はあるのだが、琴似店の方が美味いんだよね。
更に、ここの塩ザンギが絶品なのです。

そのあと、裏口から出てすぐの公園のベンチへ。
Dsc_0428-2
新緑の鮮やかな緑の隙間から除くブルースカイブルーが気持ちよい。

おや

なんか文化財の看板

Dsc_0430-2
"旧松浦亭"なんですってよ、奥さん。

松浦武四郎さん、「北海道」をネーミングした人なんだそうです。
その旧家が文化財になっているのだそうな。

Dsc_0429-2
庭園ではつつじがきれいに咲いています。

癒されました。

映画を一本観てからスーパーに寄って帰宅。

Dsc_0431-2
晩飯はご存知ソース焼きそば。
薄味に感じるのは舌がバカになったのかと思っていたが、どうやら野菜の入れ過ぎなのだろう。
近日中にソースも仕入れておこう。

明けて本日は奇麗な二日酔い(軽度)。
昼食はいつものラーメン屋に一目散で向かうも満席。

Dsc_0432-2
立ち食いそばで狸蕎麦、それはそれで美味しゅうございました。
狸蕎麦は揚げ玉が命です。
ラーメンと同じ汁物の麺類ですからね、二日酔いDelete。

仕事はいつも通りのライトな残業を経て業務終了。
会社を出て、前日寄り忘れた文房具屋で買い物をして帰宅。

身体が求めたので、麦酒と缶チューハイで一杯やらせていただいております。
二日酔いしないように、ここで辛抱です。

以下、昨日分ネタバレ映画レビュー。
「なぜ君はおっさんの声で喋るのか。」がポイントの映画です。

ダービー関連は土曜日の夜にミッチリ書く予定。
予定は未定で決定ではない。

ピッカッチュウゥゥゥゥゥ

てなわけで、昨日は「名探偵ピカチュウ」を鑑賞したわけですよ。
55歳のおっさんがピカチュウ観て何が悪い。

舞台は近未来なのかな?多分アメリカのとある都市。
原作の設定を踏襲しているのか、ポケモンバトルは行われている世界。
ここで「どうみても成長したサトシ君」がトレーナーとして出てくるのだが、なんと竹内涼真。

ただし舞台の都市では人間とポケモンがパートナーとして存在しておりバトルは違法。

そして世界のケン・ワタナベが登場、相方はブルドッグみたいなポケモン(名前は知らん)。
ケン・ワタナベは来月もGodzillaで観る予定。

主人公は21歳の青年で、舞台の都市(完全に都市名忘れた)にいる父が死去したという連絡を受けて舞台に登場。
父は探偵で、刑事であるケン・ワタナベとは旧知の仲。
疎遠だった父の部屋に行くと、突如怪しい影。
登場するは黄色い毛むくじゃらのポケモン、その名はピカチュウ。
ただ、声がおっさんなんです(最後に種明かしあり)。

父は車で移動中に何者かの襲撃を受けて車ごと吹っ飛ばされる。
しかし遺体は見つかっていない。
でも監視カメラの映像で、明らかに車が吹っ飛ばれているので警察で死亡認定。
どうやら父の相方がピカチュウらしいのだが、事故の際車に同乗していた影響か、記憶を失った。

そして主人公とピカチュウが父の死の真相を探る映画。

結論から申し上げると、犯人は市長。
ポケモンをDNA操作して、ミュウツーの特殊能力で人間とポケモンを融合しようとする狙い。
この犯罪に気付いた主人公とピカチュウと、ヒロインのニュースキャスター見習いが犯人をとっ捕まえてめでたしめでたし。

そうとう端折りましたが、ポケモンを遺伝子操作してなにかしらの問題が発生する設定は見覚えが無かろうか。
あい、ジュラシックパークですな。

ちなみにピカチュウがおっさんの声を出すのは、死んだと思われていた父親とピカチュウがミュウツーの能力で融合していたというオチ。
人間を忌み嫌うミュウツーですが(その理由は「ミュウツーの逆襲」DVDでも借りてみるとよかろう)、市長の犯罪を暴こうとした主人公の父の行動は認めて命を救ったわけである。

事件解決後にミュウツーが二人の癒合を解除、主人公は父と幸せに暮らしましたとさ。

平日の昼に観るべきゆるい映画でしたが、ポケモンをCGアニメで観られるという設定は面白かったですよ。
もっとポケモンの持つ能力をCGで派手にやった方が面白かったのではと思いますね。
個性が死んでなかったのはピカチュウとミュウツーだけ。

あ、コダックがストレスで能力全開するのは面白かった。

★一つ半ってとこですかね、DVDで良かったかも。

|

« 海馬の不具合と倦怠感 | トップページ | いざダービーへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海馬の不具合と倦怠感 | トップページ | いざダービーへ »