« 疲れた時にはゆるい映画を | トップページ | ショック療法 »

2019年3月 1日 (金)

この痛みが配当に変わってくれれば

久々に胃をやられました。

朝一番で重クレーム、昼休憩明けで更に重クレーム。
二発目で完全にアウト、胃痛勃発。
上司から早退を提案されましたが、お断りして小一時間ほど休憩をいただき、痛みがある程度引いたところで職務復帰。

魁皇潰瘍歴37年、痛みが止むであろうことは予見できますの、おほほ。
あとは2~3日後に再発しなければただの胃痛で終わるのですが。

ほぼ定時で帰宅しましたが、さすがに今日は酒を控えておきましょう、いい休肝日になったと解釈。
ただ、晩飯に脂っこいものや刺激物をいただくのもいけません。
何か優しいものでも食べようかとコンビニへ。

Dsc_0327_2
なんか、昭和の刑事ドラマ(張り込み中のそれ)みたいな選択になってしまいました(笑)

ま、仕事でいいことがない日はプライベートが充実してくれるはず。
明日の馬券、大いに期待。

■ 中山11R オーシャンS(GⅢ)
⑫-④⑦⑪⑭
⑭-④⑦⑪⑫
馬連流し2本立て。
登録馬柱の時点では逃げ先行が多くありましたが、ふたを開けたら意外に少なめ。
モズスーパーフレアに逃げ切られても仕方ないラインナップです。
ただしここは重賞、相手も強化されておりますうえに、前走で6歳牝馬が58kgをこなしたナックビーナスのコース適正も侮れない。
紛れるとすれば、ペースでしょうね。

■ 阪神11R チューリップ賞(GⅢ)
①-⑦⑩⑫⑬馬連流し
ここはダノンファンタジーに快勝してもらわないと、阪神JF2,3着馬がクイーンCで順調に来ているだけに盛り上がらないでしょ。
本番はその3頭にグランアレグリアを加えた4強対決の構図を描いております。
そしてグランアレグリアと同厩舎のシェーングランツはもう権利もあるし試走とみて外してみます。
が、3着に来られたら困るので、馬連までで。

|

« 疲れた時にはゆるい映画を | トップページ | ショック療法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この痛みが配当に変わってくれれば:

« 疲れた時にはゆるい映画を | トップページ | ショック療法 »