« 我慢は我のためならず | トップページ | この痛みが配当に変わってくれれば »

2019年2月28日 (木)

疲れた時にはゆるい映画を

昨日、京都今日と仕事の終りかけにド素人から電話が来る。
何を聞いても「よくわかんないんだけど……」から喋り始める。

何一つ分からねえならPC触るなっつーの。
PC触らなきゃ仕事できねえなら、PC覚えるか仕事辞めてまえ。

どっちもできねえなら、死ね。

完全に心が荒みましたね、ええ。

グッタリ会社を出て、加熱した脳を冷やしつつサッポロファクトリーへ。
徒歩30分くらいでしたけど、バカに腹立てた脳は冷えました。

いつものように「牛亭」でハンバーグを食べて、それから映画を一本鑑賞。
大きなスクリーンでレイトショーが観られて、電車の時間も気にせず、家に帰ったら23:00前。

幸せだなあ、僕は映画観ているときが一番幸せなんだ。

嘘をつきました、僕は馬券予想しているときが一番幸せです(笑)

でもそれなりに幸せなので、麦酒と赤ワイン一本買って帰宅。
もうお分かりですよね、明日(もう今日ですが)休みなんです。

以降、おなじみネタバレ映画レビュー。

本日の一本は、ACUA MANです。

MARVELがアヴェンジャーズの最終回で気分が沈んでおりましたが、DCコミックスが映画業界に攻め込んできたのは有難い限り。

物語は、しがない灯台守が嵐の日に打ち上げられた女性を助けるところから始まります。
見たことある人だなあ、きれいな人だなあ、誰だっけ。
思い出せないまま二人は恋に落ちて子供が生まれる。
ちなみにこの女性、伝説のアトランティスの王女様ときたもんで、いまや海底人。
でも政略結婚から逃げた王女様は海底人の襲撃に遭い、夫と息子を助けるために海底に帰る。

で、そのアトランティスの王女の異父兄弟が地上を征服しようと戦争を仕掛けようとする。
そこでアクアマンさんとお父さんが津波に巻き込まれるが、異父兄弟の婚約者(メラ)に助けられる。
そこで弟の策略を知ったアクアマンさん、弟の暴挙を止めるために伝説の鉾を探す旅に出ます。
で、砂漠だの海溝だのあっちゃこっちゃ行って、最後は伝説の鉾を手にして弟をぼっこぼこにして勝利、海の王になります。

で、タイトルロール。

あ、ああ、あああ。
お母さん(アトランティスの王女様)、ニコールキッドマンだ。
思い出せないって、やーねえ。
ムーランルージュの時がピークの美しさと認識しておりますが、今でも十分お綺麗です。

この手の映画にしてはシナリオがしっかりしている印象でしたね、内容は概ねマイティ・ソーだったのですが、終わってみればの印象で、飽きさせない構成でした。

是非、劇場でご覧ください(笑)

|

« 我慢は我のためならず | トップページ | この痛みが配当に変わってくれれば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 疲れた時にはゆるい映画を:

« 我慢は我のためならず | トップページ | この痛みが配当に変わってくれれば »