« 初勝負はお馴染み金杯から | トップページ | アリバイ、崩れる »

2019年1月 7日 (月)

ムカつく壮年

今日はちょっとムカつくことが続いたので、吞んでおります。

ただし、ハイボール1本で我慢です。
何かムカつくことがある度に吞んでたら、肝硬変まっしぐらです。
今日はムカつく×3だったので、規制緩和しました。
緩和だらけなんですけどね(笑)

で、気温4度の自宅に帰宅してTVを観ておりました。
※帰宅時、死にそうに寒かったんですよ(´;ω;`)
昭和天皇の崩御は30年前の今日だったんですね。
あの日の事はよく覚えております。

当時、レンタルビデオ店のアルバイトマスターをやっておりました。
すでに”レンタルビデオ店”が死語ですな(笑)
おびただしく若輩者(当時25歳)でした、なんとなく働いてましたねえ。

天皇崩御の一報を受けたTV局が全曲放送自粛したんですな。
おかげでレンタルビデオ店に人が殺到して、貸し出しケースが欠品。
そのため一度店を閉めたら、あちこちから怒鳴りつけられました。
今だったら殴りかかっていたでしょうが、当時は今より気が長かったなあ。

このままだと70歳になるころ発狂しているのではないかと、自らに対して危惧しております。

さて、発狂するとしてもそれはまだ先の事であろう、週末三連戦展望。

1/12(土)中山メインはフェアリーS(GⅢ)
フルゲート16頭に25頭が登録するという景気の良さですが……2勝馬がたった1頭それも短距離馬、レースのレベルが如何なものかという事になりそうです。

人気になりそうなのはベゴニア賞2着のコントラチェック、阪神JFは7着でしたがあのウオッカの仔タニノミッション、フルーキーの妹ルガールカルムってとこでしょうか。

コントラチェックはねえ、スローになりがちな府中で折り合っての2着。
小回りの中山マイルでフルゲートであればさすがにスローはないでしょ、心配。

かえってルガールカルムは兄が中山巧者だった……ような気がする(間違いだったらごめんなさいですよ)。
中山の新馬戦を勝っているというのも強みですね、これは楽しみ。

ウオッカの仔という思いものを背負ったタニノミッション、ここを勝てば更に重いものを背負うのでしょうが、馬は分からないでしょ。
陣営にとってスターホースの仔は重圧なんでしょうが、ここをクリアしてくれたら面白いんだけどなあ、ウオッカvsダスカではウオッカ派だった私としては頑張って欲しい1頭です。

ちょっと面白そうなのはフィリアプーラ、未勝利戦とはいえ暮れの中山で1:34:4の時計はご立派の一語に尽きる。

|

« 初勝負はお馴染み金杯から | トップページ | アリバイ、崩れる »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムカつく壮年:

« 初勝負はお馴染み金杯から | トップページ | アリバイ、崩れる »