« JBCは京都がいいです | トップページ | 天高く、人眠る秋 »

2018年11月 5日 (月)

Walk in the Park

今日は月曜日ですが、お休みでござんす。
その分、今週は土曜日が出勤でござんす。
なので、金曜日は呑まないようにしなければならないザンス。

しかし、8:30過ぎのJRで札幌へ。
札幌駅から地下鉄で4駅ほどの場所で引っ越し先の内見。
なかなか良い物件で、前向きに検討したい。
あと引っ越し候補は1軒、今月中には結果を出さねば。

内見を終えて、徒歩で近くの公園へ。
川を越えなければならない。
Dsc_0166_2
学生時代に何度も越えていた豊平川を久々に渡る。

Dsc_0167_2
札幌市には、ちょくちょく意味不明なモニュメントがございます。
ま、毒にも薬にもならないのでいいんですけど。

Dsc_0168_2
公園内はもう紅葉が終わりかけ、枯れ葉が目立つようです。

Dsc_0169_2
モスラの卵は、まだ産まれそうにありません(笑)

Dsc_0170_2
ススキノからほど近いこの公園は観光地としても有名なようで、結構観光客が来ていました。

結構歩いて疲れたので地下鉄で2駅移動し、更に徒歩でサッポロファクトリーへ。

Dsc_0171_2

ハンバァァァァァァグッ!

サッポロファクトリーにも『牛亭』あるんです、美味しゅうございました。

映画を1本観て、そのあと徒歩で札幌駅まで行き、近くの旅行代理店で旅行代金を支払って帰宅。

さ、明日からまた仕事です。
今月最大のイベントJCまで、淡々と、淡々と生きましょう。

以下、いつものネタバレ映画レビュー。

はい、本日の一本は”ヴェノム”

原作のMARVELコミックスではスパイダーマン最大の敵なんだそうですが、本作にスパイダーマンは出ません。

主人公の記者エディ・ブロックはホームレスを人体実験に使っているというライフ財団の取材で宇宙生命体『シンビオート』に寄生されてしまう。
自らを「ヴェノム」と名乗るシンビオートは超人的な能力を発揮するが、実は栄養源が人間。
寄生される自分に恐怖を覚えながらも、少しずつその力に心酔してゆく。

かたやライフ財団のトップであるドレイクも別のシンビオート「ライオット」に寄生され、宇宙空間にいるシンビオートの大群を地球に呼び寄せるために自社のロケットを飛ばそうとする。

理由は明確ではないが、シンビオートの大群によって地球が征服されることを拒むヴェノムはエディと共にライオットとの対決に臨む。

ほぼほぼやられながらも最後に主人公が勝つのがハリウッド映画、火が弱点であるライオットが乗るロケットを爆発させて勝利。

なんか、地球外生命体のクセに人間っぽいんですよ、ヴェノム。
あと口が余程軽いのか、特定の周波数の音波と火に弱い弱点をシレっと話してしまうなど、なんか憎めないキャラクター。
現にMRIの周波数で悶絶したりするのです(笑)
でも人を喰っちゃうんだよなあ、ヴェノム。

ラストシーンはエディが刑務所で殺人鬼を取材するシーンで終わりますが、次回作はその殺人鬼が相手になるんじゃないですかね。

今後スパイダーマンとどう絡むのかも注目です。

|

« JBCは京都がいいです | トップページ | 天高く、人眠る秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Walk in the Park:

« JBCは京都がいいです | トップページ | 天高く、人眠る秋 »