« 月曜日の憂鬱 | トップページ | まだまだですが »

2018年9月 7日 (金)

連連連夜

電気がついたぁぁぁぁぁ!(大歓喜)

さて、どこから遡ればよいのか…

9/4(火)、何年かぶりに台風直撃。
それも夜中の3時にやってくるもんだから、深夜に暴風。
特に私の場合は睡眠障害で眠りが浅いので、すぐ目が覚めた。
そのうち風の音には慣れたが、家がミシミシ言って倒壊するのではと恐怖。

9/5(水)
起きたらもう台風は去った後。
JRが心配で、少し早めに駅に着いたら案の定運休。
通勤客の行列に並んで、バスで札幌駅へ。
「運休証明書」を駅員にもらってから出社。
通常通りに仕事をこなし、定時で退社して就寝。

ガタガタ

ん?

ガタガタガタ

お、おお?

ガタタガタガタガタガタ

おわわわわわわ!
なに?なに?なに?
家が壊れる、ひぃぃぃぃぃぃ!
倒壊する、倒壊する、倒壊帝王…なんちて!

言ってる場合か!

たぶん1分弱なのだろうが、体感的には随分と揺れたように感じた。
とりあえず家は崩れずに踏ん張ってくれましたが、さすがにビックリ。

で、とりあえず家の電気をつけたが……つかない(´・ω・`)
家を出てみたら、あたり一面マックロクロスケ。
信号すらも消えているのだ、怖い。

全く電気がつかないのでTVも観られず、何が起きているのか分からない。

とはいえ明日も仕事だ、寝よう。

9/6(木)
いつものように起きて、早めに支度を済ませてバス停へ。
「停電のため運休します。」

ぬ?

しゃーねえ、歩くか。
徒歩で駅までの道すがら、信号が全て消えている。
そか、だからバスが運休しているのだな。

小樽駅、到着。

やはり、と言うべきかJR運休。
それどころか、バスまで運休。
おいおいおい、バスまで?
駅員に話を聞いてみたところ、厚真町で大規模な地震が発生した結果、北海道全域が停電しているのだそうな。
Dsc_0136_2
《その時の小樽駅前、なかなかの閑散具合》

家はともかく、信号まで停電しているのはそのせいか。

少なくとも出社は無理そうだ、会社に電話……あれ、通じない。
どうやら会社も停電してシステムダウンしたか。

帰ろ…あ。
(頭ぐるぐる回転)
停電→飲食店が開かない、コンビニに荷物届かない。

食い物!

駅近くのコンビニに着いたら、既に大行列。
弁当、おにぎり、パン、お茶の類は既に売り切れ。
クッキーやらせんべいやらと缶コーヒーを買って帰宅。
で、何かしたくても何もできない。ふむ…

そうか、何もできないなら何もしなければいいんだ(笑)
ベッドで横になっている間に、就寝。

ん、スマホが鳴っている。
上司からの電話、事情を話して欠勤申請。

そのまま何もしないうちに夜が更ける。
電気がつかないので、真っ暗。
まさに「漆黒の闇」である。
はぁー、漆黒漆黒。

m(_ _)m ツマラナクテ、スイマセン

9/7(金)
十分な睡眠時間を取って、早めに起きて小樽駅へ。
当然、徒歩。

Dsc_0138_2
でしょうね、今回は状況が把握できている。
当然バスも運休のため、会社に欠勤報告。
ちょっと歩いて、開いているコンビニで食料を購入。
FaceBookで友人知人の近況をチェックするのはいいが、ドンドン充電が減ってくる。

正午、また駅に行ってみたら明かりがついている。
でも、終日運休 (´・ω・`)
出社をあきらめて、トイレを借りるために中に入ると売店が開いている。
おや、「なると屋」も開いてるじゃん。
鶏の半身揚げと麦酒を買って帰宅、昼間っからやっちゃう。

で、また就寝。
日が暮れて、また漆黒がやってくる。
Yahooニュースでは少しずつ停電が解消されると放送されているが、電気がつく気配もない。
スマホの充電はいよいよ1桁、電源を落として就寝…

カチッ

おや?

あ、無線ルーターのランプがついてる!

で、冒頭の歓喜に至ります(苦笑)。

お陰様で、なんとか乗り越えられました。

震源近くにに社台ファームやノーザンファームのある安平町がありましたが、無事だったようですね。
北海道内のWINSは休業(仕方ない)ですが、この災害を乗り越えるためと我慢しましょう。

|

« 月曜日の憂鬱 | トップページ | まだまだですが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連連連夜:

« 月曜日の憂鬱 | トップページ | まだまだですが »