« その記憶、録画できませんか? | トップページ | sports »

2018年8月 6日 (月)

そこで何が起きているのか

昨夜は記事を書き上げながら、風呂上がりの麦酒。
ちょうどいい寝酒になるだろう、23:00就寝。

……眠れない、時計を観たら02:40。

困りましたねえ、久々に睡眠障害が復活ですよ。
まあいいか、眠れなければいいって事でしょ。

04:30……ああ、もう無理だな。

ベッドに横になったまま睡眠時間を終えて、身支度を整えて出社。
さすがに徹夜明けとあって全身倦怠感だが、なんとか一日終える。
三週前には絶対安静だし、自分の体に何が起きているのだろう。

今日は早く寝られればいいなあ。

身体の問題は身体の問題、競馬の問題はスクエアに立ち向かいましょう。

さて、日曜札幌メインはエルムS(GⅢ)
昨年は重馬場とあって、ロンドンタウンがレコード勝ち。

そのロンドンタウンは4月以来の休み明け。
加えて韓国から戻ってから成績が芳しくない。
となれば、狙い目は他と考えて問題ないでしょ。

人気はやはりハイランドピークでしょうね、初重賞だったマーチSでは惨敗(9着)でしたが、休み明けをを2度叩いて今回は勝負でしょう。
秋にGⅠ出走を目指すのならば、ここは負けられません。
怖いのは、最近出遅れるようになっていたことと(札幌競馬場はスタンド前発走ですからね)、逃げ馬の存在。

ドリームキラリは昨年逃げてあわや3着、今年も迷わず行くでしょ。
迷わず行けよ。行けばわかるさ、ありがとう!
は、アントニオ猪木でありドリームキラリではない。

そして南関東のエースであり一昨年の勝ち馬リッカルドの存在。
前走は帝王賞で4着ですから、力の衰えはないのでしょう。

そして紅一点アンジュデジールは牝馬交流重賞を連勝してエントリー。
このレースは牝馬の連対歴がありませんが、力をつけてますね。
侮れません。

ミツバは前走(マーキュリーC)からの距離短縮がポイントになりそう。
ただ、札幌ダートは3走して4着以下なしの堅実実績。
テンに置かれなければ面白そうです。

|

« その記憶、録画できませんか? | トップページ | sports »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そこで何が起きているのか:

« その記憶、録画できませんか? | トップページ | sports »