« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月27日 (水)

買うと決めたら惜しまない

休み明け三日目、朝04:30に目が覚めてそこから眠れない。

もおおおおおおお、睡眠時間くれよお。

腰痛いし……ん?腰痛い?
そういえば、病院で検査入院した時もマットが固くて眠れなかった。

これは

腰痛に効くからとか言って固い布団で寝ていたから眠れないんじゃないのか?

定時で会社を出て、JRで小樽築港駅で下車。
ニ〇リで低反発マットレスを買った、8,000円弱。

ただし!

睡眠のためなら金を惜しむわけにはいかないのだ。
購入して、さて帰ろう……あ、今日は帝王賞だ。

同じ建物内のJ-PLACE小樽で馬券購入。
サウスポーののマイラーだろうとゴールドドリームをバッサリ切ったら、返す刀で返討ち。

また、くだらないなものを思い出してしまった。
↑ルパン三世より、十三代目 石川 五ェ門の声で読んでいただけたら幸いです。

続きを読む "買うと決めたら惜しまない"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

賞与まるごとHowmuch

休み明け二日目。

眠気との闘い、惨敗(苦笑)

部署異動した自分たった一人に上席の方が研修してくれてるのですがね、とにかく眠い。
半端ないっす、睡眠障害。

日曜日は23:00に寝たのに(5:50起床)眠気に勝てなかったので、昨夜は22:00に寝たので本来なら8時間は眠れたはずですが、それでも眠い。
社会人として反則スレスレの行為ですが、なんとか一日終わりました。

ちなみに月曜日は夏季一時金(要は夏のボーナス)支給日だったので、札幌駅前の銀行で(口座に入れっぱなしだと使ってしまうため)おろしたのですが、ボーっとしていて危うくATMに置き去りにする羽目になりそうでした(苦笑)

ATMにアラーム機能がついていてよかった(笑)

今日も早めに寝ましょ。

続きを読む "賞与まるごとHowmuch"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

大物来る

今朝は起きたら04:30。

さすがに早すぎるだろ、二度寝。

06:30、再起床。
しゃーねぇ、起きるか。
しばしゲームなどでヒマをつぶし、8:30に家を出て馬場入り。
大先生ご夫婦が来ていたので合流。

東京1R 発走前に着いたので早速買うが、惜しい外れ。
惜しいのもおっぱずれも同じなんだが、やはり惜しいのは悔しいものである。

それでも 4R 終了時までに安い配当を1つ確保して、昼休みへ。
この "昼休みのゲスト" がものすごかった。
Dsc_0040_2
開催もしてない競馬場に、まさかの超大物(笑)

石橋貴明が来るとあって、さすがに人が集まってましたね、大混雑。
正直なところ、やっつけ仕事で終わるかなって思ってましたが、元々競馬に詳しいこともあって結構な時間喋ってました。
デムーロを買うとルメールが来て、ルメールを買うとデムーロが来るなんて、競馬知らないと言えませんな(笑)

Dsc_0039_2
昼食は久々のホルモンライス。

5R の新馬戦を当てたところで大先生ご夫婦がお買い物だそうで競馬場を後にする。
さて自分はどうしようか、時間は 13:00……ふむ、買うだけ買って帰るか。

大急ぎで予想して、すべての馬券を買って帰宅。

続きを読む "大物来る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全て終わって

昨日は休みを取って、検査入院。
入院と行っても、検査の内容が睡眠障害なので一泊せざるを得ないのです。
で、脳波やらなんやらの数値を取らなければいけないので、こうなる。

Dsc_0035_2
わしゃ、ご贈答用の果物かというような姿で就寝。

で、病院のベッドのマットが固めだったので、ちょいちょい目が覚める。
検査結果が怖いのであります。

今日は一度家に戻って選択してから外出。
土曜日の外出なので、行くところは一か所しかないのだが(笑)
今日は3勝したものの、回収率が今一つで終了。

小樽に帰って、POGのドラフトを開催。
食事のお支払いはケイアイノーテックとワグネリアンを所有した、優勝者の御大尽の奢りであります。
Dsc_0036_2
Dsc_0037_2
Dsc_0038_2

見ての通り、会場はびっくりドンキー(笑)


昨年度は痛恨でした、2冠馬アーモンドアイを持っていても2着とは。

来年の5月末を夢見て、指名馬の勝利を期待しましょう。

続きを読む "全て終わって"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

何があるか分からないのが勝負の世界

昨日は銭湯でゆっくり湯につかりまして。

番台の店主が「サッカー観ないんですか?」と聞いてくる。
正直なところ、日本のワールドカップ初戦という事もすっかり忘れてました(苦笑)

「あー、でも負けるでしょ。」とシレっと返答。
事実、コロンビアって強いんでしょ?
サッカー、詳しくないのです。
メッシとか、クリスチャーノ(クリスティアーノ?)・ロナウドくらいは知ってますが、それならルメールとかデムーロの方がなじみ深いし、海外の人だったらライアン・ムーアとかランフランコ・デットーリの方がよく知ってます(笑)

あと……ランディ・バースとか(笑)

で、風呂上がりに一杯やっているときに「サッカー観ないんですか?」を思い出してテレビを見てみたらなんと、勝ってるじゃないですか。

「おお、凄いじゃん。」なんて思いながら観ていたら……あら、1点返されちゃった。
ああ、これは観ていたら負けるやつだなって思いチャンネルを変えて別の番組を観ながら30分後にまた見たら勝ってる。

後半30分すぎていたので、最後まで見たら本当に勝っちゃった。

勝負って分かりませんな。
まあ、阪神タイガース(2軍)がたけし軍団に負けることだってあるわけだから(古いか)何があるか分からないのが勝負なんですね。

頑張れ、日本!

続きを読む "何があるか分からないのが勝負の世界"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

眠いの

昨日の朝から大阪で大きな地震。

ふと、阪神淡路大震災が朝方だったことを思い出す。
加えて、兵庫県にお住いのルンさん、N先生が心配。

早い時間帯に無事が確認できた。
こんな時はスマホであったり、SNSという文化に感謝である。

と、同時に阪神競馬場の週末が心配になるろくでなしでございます。

そんな休み明け出社は新しい部署の初日で、研修やらなんやら。
ここで自分の "持病" が顔を出してくる。

睡眠障害

ここ1か月くらい、とにかく朝から眠いわけですよ。
CPAP導入以来、息をひそめていた眠気の虫が目を覚ましたようです。

てなわけで、話を聞いているうちはいいが、自習タイムになると気絶。
必死に頑張ってるんですけどね、限界。

昨日、今日はなんとか凌ぎましたが……

凌げていないかも(笑)

続きを読む "眠いの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

6月17日分予想だけ

あれこれ書きたいこともあったのですが、面倒なので明日の予想だけ。

■ 東京11R ユニコーンS(GⅢ)
⑥ホウショウナウ
⑦グリム
⑭ルヴァンスレーヴ
⑮ダンケシェーン
⑭→⑥⑦⑮馬単1着付け、⑥⑦⑭⑮馬連Box。

以上としましょう、あまり当たる気しません。

■ 函館11R 函館スプリントS(GⅢ)
④ジューヌエコール
⑤タマモブリリアン
⑦ナックビーナス
⑨ヒルノデイバロー
ついに始まりました、函館競馬。
今日久々にほほッ街道開催のファンファーレを聴きました。
今日は思ったほど荒れていなかったようですが、前が激化しそうな雰囲気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

一旦確定赤ランプ

先週、会社に対して辞意表明。

審議の青ランプ点灯。

審議の結果、部署異動にて、ひとまず確定の赤ランプ。

まあ、失職だけは免れたというわけです。
とはいえ、次の部署で使い物になりますか否か。

こんなモヤモヤ感が払しょくできるのはいつの日になりますか。

そして、今週いっぱいで業務を終える今の部署は、終活中とあって暇の一語に尽きるわけで。

なんとも居心地が悪いわけです(苦笑)

続きを読む "一旦確定赤ランプ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

一緒に来てるでしょ

どん底休み明け出社。

もう会社に行く自体、気分が重い。
で、そろそろ人事通告が来るかと思えば、全く来ないし(苦笑)

そのくせ辞意表明中にまあまあ残業させるし。
休憩室で肩を落としているところを同期に見られて心配されるし。

もうこの際、クビならクビでいいからハッキリして欲しいものである。
したらしたで、困る場合もあるんですけどね(笑)

しまいにゃ、SNSのアカウント乗っ取りまでされた。
突然自分のアカウントから「今、お時間ありますか?」というメッセージが「つながってる人たち」にに送信される様を自分が見ているという、酷い現実。
即訂正のメッセージを入れたが、いちいち面倒だった。
パスワード変更して、これで収まればいいのだが。

なんだか、天中殺と大殺界が腕を組んでやってきたような気分だ。

ん?

本当に来てるんじゃない?

昨今のネット社会、調べ方くらい載ってるだろ。
……凄いね、本当に載ってた(笑)

とりあえずどっちでもなかったわけだが、過去に離職したのがどちらも大殺界だったのには驚いた。

つーことは、とりあえず失職はなさそう……なのか?

続きを読む "一緒に来てるでしょ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

やや回復

昨日一日呑気にしていたおかげで、少しスッキリしてきました。

ご心配をおかけした人(がいたとすれば)には、面目ない。
明日には元通りって可能性もございますがね(苦笑)

まあ、明日は明日の風が吹くでしょ。

続きを読む "やや回復"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

生存証明

生きてますよ、生きてます。

しばらく更新しないことで死亡説なんか流されちゃたまんないですよ。

一応ですが、ちゃんと会社も行ってます。
居所は無いと思ってますがね(苦笑)

月曜日に辞意を表明。
あっちこっちからお呼ばれして、面談づくめ。
どちらの声明も「遺留」であります。

その意図は概ねわかるんですよ、自己保全。
コールセンターは離職率が高く、とにかく遺留が大前提。
そりゃそうです、研修にかかるコストだって半端じゃない。
そんなわけで会社の人たちは、一人でも留めたい現実があります。

そんな裏側を山ほど観ているので、"受刑者"の立場から考えると複雑。

ただしその反面、近い存在は驚くほど気遣いしてくれる。
殺伐とした内部組織において、人間とはかくも優しい存在であることか。

有難い限りである。
そして自分と違い、人は暖かい存在なのである。

そういうものに触れると、立場上で遺留してくる存在との違いが、歴然。
暖かさにはこたえたいと思うのが、必然。
1mm程度ではあるが、人生意気に感ず。

「一番偉い人」が今週不在のため去就は未定だが、立場上の遺留はともかく、温度には応えたいと思うのであります。

つくづく思いますが、人的環境に恵まれております。

感謝。

「一番偉い人」が「クビ」って判断したら終わりですけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

そこのせめぎ合い

休み明け出社、どうやら睡眠の質が悪かったようで、眠い。
更に前頭葉が重い。

そりゃそだな、これから辞意を表明しようって飛騨日だ。

出社して、上司にアポを取り、思いのたけを訴える。

遺留

「あ、辞めるの?おつかれー。」
↑これはこれで困りものだが、遺留は慰留で面倒。

結局、「異動」ってことで落ち着く。
上司の面談が終わると、今度は事務方が出てくる。
呪文のように今の仕事を続けろとしつこい。
もはや、この遺留の呪文で頭が(更に)おかしくなりそうなのである。

結局、今日のところは痛み分けってとこですかね。
そんなわけで、しばらくは定時で帰れそうだ。

続きを読む "そこのせめぎ合い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

モヤっと

木曜日まで遡ります。
仕事で完全に心を病んだ、頭に血が上って上司に何を言われても耳に入らない。

完全にパニックである。

何をしていいのか分からなくなる。

ただただ、謝罪して帰る。

死にたくなった。

が、死ぬだけの勇気はない。

参った。

明けて金曜日は休み、寺だ市役所だと歩き回るが、また小樽市役所に嫌がらせを受ける。
4年前、親父が死んだときは墓地の名義人さえ言えれば許可が下りた納骨。
今は勝手にルールを変えて、名義人に使用許諾をもらわないと納骨できないのだそうだ。
職員に罪はないが、我が家の墓地の名義人は祖母の知人らしいが、全く面識がない。
更に名義人が個人の場合は、名義人の血縁官界があるすべての人に承認をもらわないと納骨できないんだと。

「もう、いいです。」

これだけ言うのがやっと、怒り心頭で市役所を出る。

決めた、一日も早くこのクソみたいな町を出よう。

土曜日(6/2)、昼前に家を出て馬場入り。
発寒の大先生夫婦と待ち合わせ。

どうやら奥様がPOGに興味を持っていただけたようで、次回ドラフトの見学でいらっしゃるようだ。

この日は9打数4安打、鳴尾記念でトリオンフ2着付け馬単がハマってプラス収支。

メイン終了後、琴似へ移動して会食。
Dsc_0024_2
こんなのとか。

Dsc_0026_2
こんなのとか、北海道の旬をいただきました。

増毛漁港から直送の店らしく、いかにも『北海道に来ました!』という"てい"で飲食。
増毛といえば地酒の国稀で有名なのですが、美味かったですねえ。
国稀だけで11種類あったのですが、辛口でたまらなかったです。

前々日~前日の嫌なことをすべて忘れて楽しく呑んで、記憶飛びかけで散会。

就寝は23:30頃でしたね、珍しく時計を確認してから気絶。

続きを読む "モヤっと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »