« 学生時代も追試なんてなかったのに | トップページ | とりあえず大阪杯 »

2018年3月28日 (水)

ぬるい

ついに、ついに家の前から雪が消えてくれました。
本州では桜の開花が始まっておりますが、北海道にもやっと春が来たようです。

明日は一旦お帰りになるようですが(笑)

ただ、今日は暖かい一日でした。
風がね、ぬるいんですよ。ぬるいの。
そりゃそうですよね、最高気温が16.4℃ですもの。
あの冷たい北風が去ってくれただけでも御の字でございます。

しばらくは文字通り『三寒四温』なのでしょうが、これから良い季節になりそうです。

ただ、見事に文字通りだと思うのが、眠い(笑)

春眠、暁を覚えずとはよく言ったもんですな。

誰が言ったのか知りませんが(笑)
さっさと寝ることにしましょ。

さて、今日は出走馬未定ながら土曜中山メインを考察。

ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ)、私が競馬を始めた四半世紀前からある伝統のレースです。その時の勝ち馬はトモエリージェンントでしたかね。

さて、古い話はさておき、マルターズアポジーが大阪杯とのダブルエントリーの結果、こちらへ回ることになったようです。
ただ、ハンデ58kgで中山フルゲートのハナを切るのはさすがにしんどそう。
この馬の持ち味は平坦馬場の1800mでこそ活きますからね。

ただ、この馬が逃げるとなると、競りかけたら共倒れも間違いないところ。
マイルにしては意外とペースが落ち着くのではないかと考えた方がいいかも。

ペースが落ち着いてグレーターロンドンの差しが届かない可能性も考えるとすれば、好位で立ち回ることができそうなレッドアンシェルに分がありそうです。

人気薄としては…賞金の関係で出否未定ですが、中山で連勝してきたゴールドサーベラスですかね。
今回はハンデ差が上下4kgですから、ハンデ戦でも調子の良しあしで決めた方がよさそうです。

|

« 学生時代も追試なんてなかったのに | トップページ | とりあえず大阪杯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぬるい:

« 学生時代も追試なんてなかったのに | トップページ | とりあえず大阪杯 »