« 黒いラーメンとレンガ色の壁と青色発光ダイオード | トップページ | とりあえず弥生賞 »

2018年3月 1日 (木)

JR止まった…

今夜の風呂はしこたま気持ちが良い。
そして麦酒の美味いことと言ったらございません。

《経緯》
朝からTVが低気圧の到来を告げている。
やだなー、雪降るだけならまだしもJRが止まるのだけは困る。
かといって前夜から雪が降り積もっているわけでもなく風もそれほど強くはない。
家を出たら特に天気が悪いわけではない、曇天ではあるものの雪はない。

ひゃっほう

いつものバスに乗り、定時のJRで札幌駅に着いて出勤。

だがしかし。

札幌駅に着いたらまあまあ強い雪。
あら、小樽で降らないのに札幌が降ってることもあるのね。

なんて思いながら出社。

雪がやまない。
ただただ降り積もるばかり。

研修講師の人たちがザワつきだす。
そーっとPCでJR北海道のHPをチェック。
その後は中央バスのHPをチェック。

嗚呼、JR死んだ(運休)。

JR止まった、日本死ね。

18:05までの研修を17:20で切り上げて帰宅。

札幌駅に着いたら、久々に電光掲示板がまっくろくろすけ。

まっくろくろすけ、出てくるなー。

札幌駅に隣接したバスターミナルへ。
あら、思ったより待ち人少なし。
5分ほど待って、来たバスに乗って帰宅の途へ。

……JRなら最短40分の小樽に、3倍の2時間かけて到着。
高速道路が止まっていたのが運の尽きでしたが、思ったよりは早く着きましたよ。

ただ、バスの狭い座席に120分はさすがに長い。
そんなわけで、銭湯の広い湯舟は開放感がタマラナイのです。

さて、出走馬確定の金曜日。

チューリップ賞も弥生賞も頭数がたったの10頭です。

ここでイメージできることと言えば。

人気どころの強さのバロメーターが半端ないという事なんでしょう。
ここで皐月賞や桜花賞の権利を取りに行っても無理でしょう、他で頑張ればなんとかなるかもしれない。
↑これが各厩舎の弥生賞、チューリップ賞出走馬への評価と考えてよさそうです。

弥生賞で言えば、かたや無敗のGⅠ馬、もう1頭はそれ以上じゃないかと噂のGⅢ馬。
それに続くのは2歳で1分45秒台で走れる馬。
よくよく考えたら1分45秒台って毎日王冠の勝ちタイムですからね。
そういう意味でオブセッションがホープフルS 2着馬のジャンダルムを超える人気になりそうです。

ただ、持ち時計って意外と参考にならなかったりします。
好タイムって、流れ次第なんですよね。

でも、名伯楽である藤沢先生の評価は悪くないようです。
さあオブセッション、2強に割り込むことができるでしょうか。

|

« 黒いラーメンとレンガ色の壁と青色発光ダイオード | トップページ | とりあえず弥生賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR止まった…:

« 黒いラーメンとレンガ色の壁と青色発光ダイオード | トップページ | とりあえず弥生賞 »