« 三連休ではなかったものの | トップページ | あちこちの塩梅 »

2018年1月 8日 (月)

当たれども儲からずの日

朝7:30に起きたが眠気に負けて二度寝。
二度目は9:00に起きて、録画した正月番組を消化。

昼前に家を出て「勝つカレー」を喰ってからJRに乗り込む。
ウトウトしている間に電車が札幌駅に到着、徒歩でWINSへ。
東西9Rをスカっと外して迎えた中山10Rは当たったが2.2倍。
で、次の京都10Rは外して中山メインは当たれども馬単6.7倍。
京都メインのシンザン記念はPOGで持っているアーモンドアイが勝ってくれたまではいいが2着抜け。
単複だけは獲ったが…焼け石に水、的中率.333に対して回収率.342の残念な結果。

こういう日もありますな。

駅前まで戻って映画を一本観て帰宅。

以下、今年初めてのネタバレ映画レビュー。

本日はスターウォーズ エピソードⅧ:最後のジェダイ

いつもそうなんですが、いきなりメインテーマがかかるとちょっとびっくりします(笑)

前作でフォースに目覚めた主人公レイはジェダイ・マスターのルーク・スカイウォーカーのもとを訪ねるが相手にされない。
つーか、最初のスター・ウォーズから40年を経た今のルークの老け方がなかなかである(笑)

あとレイアがC3POに向かって「そんな悲しそうな顔するのは止めなさい」って言うのですが、どうして誰も笑わなかったんだろう(笑)

かたやファースト・オーダー(旧帝国軍)に追い詰められるレジスタンス(司令官はレイア)、逃亡を図るが追撃される。

執拗にルークに修行を迫るレイはカイロ・レンとテレパシーで会話できるようになる。
そもそもハン・ソロとレイアの息子であるカイロ・レンはルークのもとで修業中にフォースの暗黒面に取り込まれてしまうが、まだ光の面を持っているとレイは感じてファースト・オーダーの戦艦に乗り込む。

しかしそれはファースト・オーダーの司令官スノークの罠、レイはスノークに殺されかけるが突如カイロ・レンがスノークを殺害(!)
カイロ・レンはレンに共闘を申し入れるが拒否してレンは脱出、レジスタンスの基地に駆け付ける。

ここではチューバッカが操縦するファルコン号に乗り込むわけですが、ルークが住む島にいる「よく分からないけど可愛い鳥的なもの」もファルコン号に乗っています。

可愛いです(笑)

カイロ・レンは基地を消滅させるべく基地に迫るが、突如現れるルーク。
一斉砲撃も一切傷つかないルークとカイロ・レンが一騎打ち。
その隙にレジスタンスたちは基地を脱出する。

どんなに切られても傷つかないルークは、実は幻。
はるか彼方からフォースで幻を見せてレジスタンス逃亡の時間稼ぎをしていたのだ。

そしてルークは死去(オビワン・ケノービと同じで消滅)。

ここで終了、最終回はレイとカイロ・レンの対決が最大の山場になるのでしょう。

既にレイア役のキャリー・フィッシャーは還らぬ人になっているので自作への出演もなく、ルークも今回で死去、エピソードⅦでハン・ソロも死去。
最初のメンバーで残っているのはチューバッカ、C3PO、R2D2だけになっちゃいました。

旧メンバーがことごとく不在の次回はどうやって最終回を盛り上げるのか注目といえましょう。

|

« 三連休ではなかったものの | トップページ | あちこちの塩梅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

POG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 当たれども儲からずの日:

« 三連休ではなかったものの | トップページ | あちこちの塩梅 »