« 第140回中山大障害 | トップページ | 少しは休ませろ、いや開催しろ »

2017年12月26日 (火)

これが有馬のまつりだよ

さきほど中山から帰りました。

今日は天候が悪く、飛行機も着陸が危ぶまれておりましたが無事千歳空港に着陸。

そこまでは良かったのですが、低気圧による強風で飛ばされた屋根が朝里~銭函間の線路に落ちてしまったとの事で、JR小樽~札幌間が不通。
バスで帰宅しようと思ったら大行列で1時間待ち、16:00には帰宅しているはずが小樽に着いたら18:00 (ρ_;)

いつもの中華屋で晩飯くっての帰宅となってしまいました。

では回顧。

12/23、朝5:00起床。
通勤時より1時間の早起きはなかなか堪えましたが来る有馬記念のため、身体に鞭打って身支度を整えて出発。
8:12に千歳空港について、9:00の飛行機で北海道を後にします。
10:30に羽田に着陸、モノレールとJRを乗り継いで中山競馬場に着いたのは正午過ぎ。
羽田~中山間のアクセスの悪さは困ったものです。
Dsc_0026_1
Dsc_0027_1
盛り上がってますな。

いつもの撮影場所が空いていたので確保して、地下のフードコートでスパゲティをガガガっとかきこんで7Rから勝負開始。

怒涛の連敗で(苦笑)中山大障害を迎えます。
Imgp0527
圧倒的1番人気のオジュウチョウサンは勝てばJ-GⅠ4連覇。

Imgp0541
ライバル視されているのは実力場アップトゥデイト。

単勝売り上げは「1強1弱13欄外」といった状況。
レースはアップトゥデイトが見事な離し逃げ、途中からオジュウチョウサンも2番手まで追い上げますが差は歴然。
静まり返った場内はアップトゥデイトの勝利を確信、その流れで直線の盛り上がりと言ったらもうあなた、それはそれは凄いものでした。
Imgp0565
Imgp0566
Imgp0567
Imgp0568
Imgp0569
Imgp0570
圧倒的なアドバンテージを一完歩ごとに追い詰め、並び、交わしたところがゴール。

湧き上がる大歓声、歓喜のゴール。
心が震えましたね、感動をもらいました。

また大障害の良いところとして、全馬が跳び終えたところで必ず拍手が起きるのです。
馬券だけじゃなくて優しさだってあるんですよ(笑)

馬券もしっかりいただきました、2倍の馬単(苦笑)
勝負の三連複三連単が外れたのは痛恨でした。
それでも阪神Cの馬連40倍が当たってなんとか終盤に挽回。
イスラボニータが引退レースを飾ってよかったですね。

馬連だったので1着2着はどちらでも良かったのですが、頑張れ馬券も買っていたので単複もゲット。

いつものように最終レースは買わず競馬場を後にします。
本日は中山から比較的近い両国でした。
Ryogoku
さすがっすね、両国(笑)
二代目若乃花なんて懐かしかったですよ、元若三杉。

Dsc_0031
駅を出ると国技館とスカイツリーがみられるベストロケーション。

Dsc_0035
ホテルにチェックイン、晩飯は簡単にそば。

で、本日第2の目的地に向かうため新宿へ。
Dsc_0033
Dsc_0034
Dsc_0032
新宿マルイ・アネックス1Fのゴジラストアへ。
(撮影に関しては店の許可をいただいております)

いやー、激萌え(笑)
本当はキングギドラのフィギュアが欲しかったのですが、29800円の価格には勝てませんでした。
それでもチマチマ買い物して、コンビニで缶ビール買って戻る。

で、吞んだら気絶(21:30)。
そうだった、5:00起きでした(笑)

で、有馬記念当日を迎えます。

曇天でしたが、前日が晴天で暖かかったもんだから同じ格好でお出かけ。

問題点:ディープの時もオルフェの時もあれだけ感じていたはずなのに、また忘れた。

朝の中山は寒いんですよ。
Dsc_0038
いつものように大行列の正面を通り過ぎて、向かいの地下フードコートで開場待ち。

7:30の開場を待っていつもの撮影スポットへ。
Dsc_0039
座席を確保したら、ここからまず午前のレースを予想します。

が、寒さに耐えきれず屋内に一席設ける。
で、首都圏の若い衆が(慣れない早起きだったんでしょうね)爆睡する隣で新聞とにらめっこ。

9:00の発売開始までしこたま予想、ひとまず4Rまでの馬券を買ったのちに一旦撮影席に戻ってポジションチェック。

うむ、問題なし。

盤石であります。

馬頭観音で全馬完走を祈念、それからまた屋内に戻って大先生にメール(高齢恒例)。
それから、関東圏で働いている友人(大巨人)にメール。

さて、馬券。
馬の写真を撮るのは大好きですよ、名馬を生で観る喜び。
そりゃそうでしょ、わざわざ小樽ぐんだりから千葉の船橋まで来てるわけです。

ただし、馬券があるからここまでのめり込めるんですよ。

説教くせえ(笑)

1Rはいきなり4万馬券でスカ、それでも2Rをゲット。
滑り出し会長快調です。

3,4Rは外れたが5Rの新馬戦は当たり。
江田照男が9番人気を頭で持ってきてくれたおかげで高配当。
ただ、1番人気の2着はPO馬だったので負けて欲しかった(笑)

新馬戦は積極的に買うので阪神6Rも買ったらこれまた当たり。
いいねえ、調子いいですよ。

……このあと3連敗(苦笑)

まあ、中だるみでしょう。
中山は更に連敗 (;д;)、引っかかりません。

が、阪神の9,10Rを連勝。
調子悪かった阪神が突如開花、まして10Rは7番人気ガンコが勝って三連複39倍の高配当。

なんて言ってる間に中山のパドックには出走馬が出てきます。
Imgp0666
Imgp0737
Imgp0787
3強の佇まいはさすがですね、落ち着きはらった中の投資闘志。
チャカついているのは⑥サトノクロニクルだけ。

今回の有馬記念、特徴的だったのは馬主。
これくらい馬より人がクローズアップされるのは初めてでしょうね。
1番人気は演歌界の大御所、3番人気は往年の大投手ですもの。
北島先生がパドック入りした時のザワザワの癖が凄い(笑)

今回は腹を括って、騎手が騎乗して退場までパドックにいたので、本馬場入りは案の定「人の壁」に阻まれました(笑)

レースはそんなわけで喫煙所のモニター感染観戦。

カレンミロティックが行かなかった時点で勝負ありましたね、勝ちタイムがそれを示しています。
差し組は「魔法」にかかってしまいましたね、そんな中ルメールが大仕事。
騎乗停止がかかった外国人騎手は強いですな(笑)
そしてデムーロが騎乗停止という(苦笑)

最終レースはスルーしてキタサンブラック引退セレモニーに参加。
まさか新曲がリリースされるとは思わなかったが、若者が演歌についてゆけない現実もある。

後ろの若者が「まさか三番ないよな?」って言ってましたが、演歌は三番があるのが普通。
それ故に三番が流れた途端の爆笑(苦笑)
まあね、9割以上は「まつり」聴きたいだけですから。

で、「まつり」。
1コーラスですが、盛り上がりましたね。
北島先生、MAXの仕上がり。
感動したなあ、行ってよかった。
ただ、北島先生がずぅーっと望んでいた「武豊に歌わせる」は叶わず(笑)

それでも嬉しかったのは、黒岩騎手が来ていたこと。

彼あってのキタサンブラックですよ、感無量。

引退セレモニーが終わった後は船橋法典駅を諦めて巨人と西船橋駅まで徒歩。
それから総武線で両国まで移動して、居酒屋で一杯。

ホテルに戻る即シュウシソ(笑)

あとで聞いた話ですが、キタサンブラックが戦闘でゴールインした瞬間にみんな馬主席を振り返ったそうですね。
芸能人馬主はあまり馬に巡り会えないことが多いですが、まさかキタサンの馬がGⅠ史上最多勝に並ぶとはねえ。

いい有馬記念でした、暖かい有馬記念でしたよ。

実はキタサンブラックから馬連総流ししていたので取りガミながら馬連30倍ゲット。
トータルでも15戦7勝(阪神は4レース買ってパーフェクト)。
日曜日単発だと黒字でしたね、カンラカンラ。

ちょい赤字程度なら気持ち的には十分黒字です。

音楽も競馬もやはり理想は生だなって思いを強く感じました。

はい、あと日本競馬は二日。
12/28:ホープフルS
12/29:東京大賞典

全力で頑張りましょう。

|

« 第140回中山大障害 | トップページ | 少しは休ませろ、いや開催しろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これが有馬のまつりだよ:

« 第140回中山大障害 | トップページ | 少しは休ませろ、いや開催しろ »