フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 前門の虎、後門の狼 | トップページ | 第140回中山大障害 »

2017年12月20日 (水)

往け年来い年

いよいよ居眠りがヤバい。
なんだろう、先週あたりから眠気が酷くなっていって今週は朝から恐ろしい睡魔に襲われている。
眠気に襲われたところで休憩に入るなど出来ればよいのだが、気絶とか失神というレベルで寝てしまうのだ。

自分が上司だったら「会社休むか辞めるかしれ。」という状態。

なんだろうなあ、突如睡眠薬が効き始めたとも思えない。
霊にでも憑りつかれたのではないだろうか(苦笑)

あと11日、年が変われば歳も変わる。
2018年には変われるだろう、変われないだろうか。

とりあえず、早く新しい年が来て欲しいと願うばかりである。

さて、有馬記念は一休み。

土曜阪神メインは阪神C、伝統のGⅡです。
1400mなら堂々のサングレーザーだろうってところです。

ただ、ここにも有終の美を飾りたい馬が1頭。
イスラボニータ、マイルCSは残念ながら5着。
ちょっとスタートで失敗したのもあるでしょうが、馬場もあったろう。
ここは捲土重来を期すのではなかろうか。

あとは展開である、アポロノシンザンが逃げたいところだがトウショウピストも行きたい。
そしてフルゲート、ここはペースが緩むと思えない。

「武豊の直線一気」はナリタタイシン以来なのでイメージが沸きにくいが、ダンスディレクターも年が明ければ8歳、そろそろ最後っ屁ではないだろうか。

そして突如初芝のモーニン、これは如何なものだろう…

« 前門の虎、後門の狼 | トップページ | 第140回中山大障害 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 往け年来い年:

« 前門の虎、後門の狼 | トップページ | 第140回中山大障害 »