« どすえ旅(3) | トップページ | どすえ旅(5)+α »

2017年11月28日 (火)

どすえ旅(4)

今日は夕方から少し暖かくなってまいりました。
もう少し、もう少しだけ秋であって欲しいのです。

さて、二日間の勝負を終えて11/20(月)は観光に専念。
なのに朝から酷い下痢(苦笑)、出発時間を遅らせてしまいました。

で、まず向かった先は晴明神社。
Dsc_0159
あ、通りかかった二条城をスルー(笑)

Seimei
元々は映画「陰陽師」で興味を持ったのですが、さすがに映画のようなことはしていないだろうとました。
しかし中に入ってみると、医者に治せない病気を直してしまったとか鬼退治に一役買ったとか、なかなかに興味深い逸話が書かれておりました。
おみくじを引いてみたら「吉」。
この「吉」は神社によって評価が分かれるので困ったものですが、とりあえず「凶」よりはよかろうと考えて次へ。

晴明神社から徒歩で30分ほど西へ歩いた先にはこちら。
Dsc_0164
Dsc_0166
北野天満宮でございます。

馬券師たるもの、予想するのは脳。
これ以上の衰えは何としても防ぎたい、道真公にマジ願い。
大宰府にも北野にも行ったんだから、何とかして欲しいのであります。
ほんと、マジで(笑)
Dscn0895
天満宮の紅葉は綺麗でした、満足。

で、北野天満宮を出て更に徒歩で北野白梅町まで移動。
Dscn0899
嵐山電鉄に乗り込んで、嵐山を目指します。
一人映り込んでおりますが、個人情報が漏洩するほどじゃないので使わせていただきます(笑)
この嵐山電鉄、小さな電車ですが雰囲気があって実に良い。
あの江ノ電と姉妹関係なんだそうです。
と、駅に書いてありました(笑)

それで嵐山に着いたのはいいのですが、大混雑。
おまけに紅葉も大したことなかったので、大渋滞の渡月橋をさっさと渡って阪急嵐山駅へ、駅近くのカフェでランチ。
Dsc_0168
腹具合が悪かったので豆腐ハンバーグをいただきました(が、完食)。

阪急嵐山駅について電車に乗ろうと思ったら…
Dsc_0171
Dsc_0172
なんとも懐かしいですねえ、ハートカクテル柄。
作画は当然、わたせせいぞう氏。

電車を降りて、桂離宮を目指しましたが…定休日(泣)
観光地に行く際は、事前に調べておきましょう。

いったん京都駅に戻り、次の目的地に向かいます。

京都について初のJRで、宇治駅で下車。

やたらと茶屋が並ぶ中(そういえば宇治ってお茶で有名でしたね)を徒歩で行き着いた先は…
Dsc_0175
おや、分かりませんかね。
Dsc_0212
ちょっと分かりにくいですか(笑)、こちら。
平等院鳳凰堂でございます。

10円玉でしか知らなかった景色が総天然色で見えることの感動といったら、それはそれは凄いものでした。

駅に戻る道すがら、見たことのある店を発見。
Dsc_0182
伊右衛門とコラボしてたんでしたっけ、辻利。

Dsc_0183
文字通り「お茶する」事になりましたが、甘味王の血が騒いで抹茶ぜんざいをいただきました。
世間に横行する抹茶スイーツは嫌いなのですが、本物の抹茶とぜんざいのコラボは絶品でした。
お抹茶自体は嫌いじゃないのです、抹茶風味付けが嫌いなだけなんです。

京都市内に戻った後は大分日も暮れていましたが、母との約束の地へ。
実は忘れていて、先生にご指摘を受けて思い出したりして(苦笑)
着いたら既に昼の見学時間は終わっていたのですが、夜の見学時間があるのでステイ。
行列に並んで少し待ったのちに、見学料を支払って入館。
Dsc_0184_1
ライトアップの力も凄かったのでしょう、壮観。
それが浄土宗総本山ともなれば、尚更でした。
夜桜ならぬ夜紅葉も堪能いたしました。

夜も悪くないだろ、母さん。

さすがに疲れましたね、この日の総歩数が5万歩。
おっと、サバ言ってしましました、正しくは2万9千歩。
フラっと入った居酒屋で晩飯して(酒量激減)、ホテルに戻って就寝。

あ、シュウシソ。

|

« どすえ旅(3) | トップページ | どすえ旅(5)+α »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どすえ旅(4):

« どすえ旅(3) | トップページ | どすえ旅(5)+α »