« 動かないから太る | トップページ | ラストリハーサル »

2017年11月 8日 (水)

馬鹿がジェットでやって来る

1か月ほど前?からずーっと気になる事があった。

その問題に自らケリをつけた。
いや、つけてしまったというべきか。

テーマは『キタサンブラック』。
秋競馬前に「年内は国内に専念」の発表から、てっきり来春はドバイ、秋はロンシャンだろうと決めつけていた。
これは筆者の勝手な妄想であり(笑)

勝手な妄想は2018年、秋は貯金でロンシャンと盛り上がっていた。
膨れに膨れ上がった妄想を打ち消す、年内で引退の発表。

il||li_| ̄|○il||li

まあそうだうよね、5歳。
3歳クラシックから競馬会を盛り上げ、昨年は天皇賞(春)とJC制覇に加え有馬記念ではサトノダイヤモンドと好勝負。
そして今春は大阪杯と天皇賞(春)連覇の偉業達成。
そして不可解な宝塚記念配線敗戦へ。

引退、やむなしか。

il||li_| ̄|○il||li

では、俺のロンシャン貯金はどうすればいいんだ……

どうせキタサンブラックをロンシャンで見られないのなら!

仕事を終えて旅行代理店へ。
「あのぅ、12月23日から二泊三日で東京へ行きたいのですが。」
あ、京都(四泊五日)の半額以下じゃん、安い安い(麻痺)。
中山(千葉)に近い両国に宿が簡単に取れた、飛行機も空いている。
無理ならやめようと思っていたが、あっさり支払いまで完了。

通常旅打ちは上半期一回、下半期一回と決めているのだが、禁を犯して決断。
有馬記念、行かせていただきます。

キタサンブラック
サトノダイヤモンド(微妙)
スワーヴリチャード
今のところ決まっているのはこれくらいですかね。
レイデオロやソウルスターリングは無理使いしない藤沢厩舎だけに難しいだろうな。

あ、新設GⅠホープフルSも観戦できるのか。
自分の中では暴挙だったが、悪くない暴挙じゃないか(笑)

さてさて、資金繰りしなきゃですよ。

ハンデ戦の福島記念は是非荒れていただきたい。
で、当てたい(誰だってそうだ)。

最重量はマイネルミラノの58kg、そりゃそうだ。
福島民報杯は57.5kgを背負って4角先頭押切。
ただここ数戦の実績を見る限り、買いにくい。
Gallop誌の想定でも結構な印が付いてるし、コケて下さい。

ここはマイネルスフェーンでなんとかならないだろうか。
昨冬にはホープフルSでレイデオロの2着、続く京成杯でも3着。
右回りの2000mなら近況無視で買いたい。

後は準OP勝ちで勢いがあるジョルジュサンクとプリメラアスール。
特に後者は福島でも連対歴があって興味深い。

これでツクバアズマオーの復活でもあれば実に良い配当なんですが。

|

« 動かないから太る | トップページ | ラストリハーサル »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿がジェットでやって来る:

« 動かないから太る | トップページ | ラストリハーサル »