フォト

Amazon.co.jp

無料ブログはココログ

« それをライフワークと謳っているのです | トップページ | 俗俗俗世 »

2017年10月15日 (日)

一段落

昨夜は買ったまま放置していた「みんゴル」の封を切る。

で、やり始めたら楽しくて4:00までやってしまった┐(´-`)┌

9:00起床、さすがに眠いが仕方ない。
10:30過ぎに菩提寺のご住職が来て初七日法要。

終わって即外出、馬場入り。
親不孝は承知の上である、50歳過ぎて孫の顔一つ見せられないような不甲斐ない息子なのです。

なので一つだけ決めていたのは「親が死ぬまで自分は死なない」。

というわけで、最後の親孝行はなんとか果たした。
この先いくつまで生きてゆくのか分からないが、いつ死んでも後悔はない。

だからなのかな、父の葬儀の時も母の時も「死」に対する感情は何もなかった。
かつて母に「お前は親が死んでも泣かない親不孝者だ」と罵られたことがあったが、その通りだった。

この話はここまでにしましょう。

さて、本日の馬券顛末。

朝飯が遅かったので昼食はスルーしてJRに乗り込み琴似で降りて競馬場まで歩く。
20分ほど歩いて競馬場に到着、まだ解放していた「もいわテラス」へ。

Dsc_0142
Dsc_0141
Dsc_0140
この後内馬場の改装工事があるので、最後の風景を写真に収める。

来年が楽しみです。

さて、馬券。
着いて最初の京都7Rは3連単3連複含めて8点買いしてあたりはしたが2.1倍。
さすがに3連複で2倍は安すぎるが、外れるよりマシだろう

8Rはスカで9R、ここは7Rと同じ少頭数なので人気2頭から3連複を薄目に流す。
レースは8頭立て7番人気のナムラバンザイが押してハナに立つ。
このナムラバンザイが3着に逃げ粘ってくれたおかげで54.5倍の3連複が的中。
直線では久々に血圧と心拍数の上昇を感じました(笑)

10Rは外してメインの秋華賞、予想通りハナキタエンカがハナを切る。
アエロリットとファンディーナの2頭は番手に続くが、重馬場の京都では早い前半1000mのラップは59.1秒。
流石にこれは早いでしょ、前は潰れる予感。

4コーナーを回ってカワキタにファンディーナが並びかけるが脚色劣性。
それよりアエロリットが早々に退散。
前が凌ぎを削っている刹那、外からディアブロ。
早目に前に取りついたモズカッチャンやらリスグラシューを早々に交わして前を捕えて歓喜のゴールへ。

2着はディアブロに交わされてギアを上げたリスグラシューがモズカッチャンをハナ差交わして確保。

「こちとら2歳からGⅠ走っとんのじゃ、春先のポッと出にやられてたまるかぁぁぁ」とリスグラシューが言ったかどうかは定かでない。
「こちとら30年近く前から天才と呼ばれとんねん、おのれら外人に毎回やられてたまるかぁぁぁ」と武豊が言ったかどうかも定かでない。

しかし、それくらい意地のハナ差2着だった気がします。

馬券は怒涛の21点買いで一番安いところが来ちゃって取りガミ(笑)

それでも9Rの3連複のおかげでなんとか回収率96%、ホッと一息であります。

さあ来週は菊花賞です。
ダービーの1着馬も1番人気馬もいません。
唯一のGⅠ馬アルアイン、母はBCスプリントを勝った短距離血統。
昨年で3000mの呪いを破ったディープインパクト産駒はどうなりますか。

« それをライフワークと謳っているのです | トップページ | 俗俗俗世 »

コメント

良い事です、珍事大歓迎。
珍事が常時になるまで続けましょう。

コメントありがとうございました。
秋の珍事です…いつまで続くことやら…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101605/65922297

この記事へのトラックバック一覧です: 一段落:

« それをライフワークと謳っているのです | トップページ | 俗俗俗世 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

そうね大体ね♪

最近のトラックバック

ご覧下さい

Books