フォト

Amazon.co.jp

無料ブログはココログ

« 気合抜けまくり | トップページ | お休みなのに病院回り »

2016年12月20日 (火)

覚悟はしておきましょう

昨夜は、19:00に仕事を終えて小樽に戻る。
帰りに「ちょっと呑みたいなあ……」と思いBar Hattaへ。
で、結構ガッツリ呑んでしまったが早目に呑み始めた事もあり23:00頃帰宅。

で、今日は休みなのに酒の力もあって熟睡できたのか、6:30起床。
二度寝する気も起きず、そのまま起きてゲーム三昧。
15:30に家を出て病院へ、入院した母の病状の説明があるそうな。
看護師から「1週間ほどで退院」と聞いていたので「何を今さら」的な感じで医師の話を聞いたところ「右半身にマヒが残ってしまったので、リハビリも含め長期療養が必要」との事。
長期入院が可能な病院探しは市立病院の専門部署が相談に乗ってくれるそうで、明日改めて病院に行くことになった。

どうやら覚悟しておいた方が良いのだろうな。

さすがに気分が重くなったので、そのまま札幌へ。
気分転換に映画を一本観てから帰宅。
こんな時は自分が好む「現実にはあり得ない映画」がベストだ、少し気持ちが楽になって帰宅。

Dsc_0022
晩飯が遅くなったので札幌駅構内の蕎麦屋で済ませる。
だったら大盛りにするなって話ですが(笑)

Img_2016121520273276
ちょっとこんな画像で癒されたりもする。
サンタピカチュウ、可愛い(笑)

以下ご存知ネタバレ映画レビュー。

本日の1本は「ファンタスティックビースト」、ハリーポッターのスピンオフ。

主人公ニュートは魔法動物を保護している魔法使い、ちょっと陰のある人。
持っているトランクは彼の家(?)に繋がっている、このトランクを普通の人間(マグル)であるジェイコブが取り違える事から騒動が勃発。
一方米国魔法議会では魔法使いの存在が人間界に漏れてはいけないと必死。
そんな中、ニュートのトランクから動物たちが逃げ出してしまって大騒動。
トランクを取り違えた事から巻き込まれた「ノーマジ(ハリポタ本編ではマグル)、要は普通の人間」のジェイコブと動物探しに奔走するが、米国魔法議会に捕まる。
逃げた動物が人間を殺したという罪で死刑にされかけるが、議会職員のティナとクイニー姉妹に助けられ、逃げる。
ニュートを死刑にしようとした議会の「闇祓い」クレイブスが実は悪の魔法使いグリンデルバルトなのだが、人間を殺した正体は魔法使いの霊体オブキュラス。
グリンデルバルトはこのオブキュラスを使って悪事をたくらんでいたようなのだが、ニュートの魔法動物に捕えられて一件落着。

駆け足であらすじを語るとこんな感じなのだが、まず人間ジェイコブのキャラが大変面白い。
象の倍以上あるサイ風の魔法動物に追いかけられたり、魔法動物に噛まれたり大変なのに、ニュートと仲良しになってゆく。
チャーリーズエンジェルにおけるボスレーとか、サンダーバードにおけるパーカーみたいな憎めないキャラなのであります。
あとは多種多彩な動物たち、怪獣が大好きな私にはたまりません。
もちろん「動物」なので愛らしさもあるのですけどね。
あとはどんどん進化するVFX、壊れた建物を直すシーンなんか凄いですね。
当然魔法動物もすべてCGなんでしょう、生きているかの如くです。
あとは公式HPを見ると分かるのですが、かなり世界観が確立されているので作りがしっかりしていて、どうやらJKローリングがシリーズ化してひと儲けしそうです(笑)

今後シリーズ化されるようだと、舞台はアメリカながらニュートはホグワーツ出身でダンブルドアの生徒だったらしいので、本編のキャラクターたちが出てくるかもしれませんね。

個人的には本編より楽しめたような気がします、文句なし★三つ。

« 気合抜けまくり | トップページ | お休みなのに病院回り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101605/64651825

この記事へのトラックバック一覧です: 覚悟はしておきましょう:

« 気合抜けまくり | トップページ | お休みなのに病院回り »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

そうね大体ね♪

最近のトラックバック

ご覧下さい

Books