« そこを目指して歩け | トップページ | 何ともなければ記憶なんぞ »

2016年8月10日 (水)

量に負けた

一日休んで今日一日出社して明日から4連休。

……の、予定でしたが明後日は出社を決める。
溜まった仕事が片付きませんねえ、働けど働けど楽にならざり。
今日も結構な残業量をこなしたんですが、無念。

やはり旅行前に風邪ひいたのが痛かったなあ。
で、治りかけたとこでそのまま旅行に行っちゃって(苦笑)
帰って最初の出勤日に愕然、みたいな。

明日は祝日(すっかり忘れてましたけど)なので休み。
明日も晴れですね、今日は久々に北海道らしい過ごしやすい一日でしたが猛暑が帰ってきそう。

久々に会社のポンコツ集団でビアガーデン正午集合です、汗かきなのでタオル持参が吉とみました。

さて関屋記念。

引っ張る馬がいないので前が遅くなるだろうことは間違いない。
ただ、一団で4角を回ると考えるとしまいの切れで勝負する馬がまとめて差し切る事もなくはない。
それだけ直線が長いという事です、見てきたので知ってますよ(笑)
同じ直線の長い府中はなんつっても坂があるからゴール前にいても4角を回る馬群を直に観る事はできません、ターフビジョンで観ます。
しかし直線が平坦な新潟は米粒みたいな馬たちを観る事ができます。
あ、新潟だから米に例えたわけじゃないですよ(笑)
平坦新潟ならではの景色は「600m」という長い直線を実感できて実に面白い。

いくらスローとはいえスローの上り勝負を差し切れる馬なんているのか……

サトノギャラントなんていかがでしょう、母も「切れ者」スティンガー。
今回の想定と同じスローの新潟マイルを4角14番手から上がり3ハロン31.9秒で差し切っています。
その谷川岳Sを覚えているのは当てたからですけど(笑)
谷川岳Sは1分33秒台ですから、32秒台が想定される関屋記念とはあまりにタイムの差はありますが、前がもたつくようなら一発あるかもしれません。
何より「2頭出しの人気薄」というキーワードに惹かれてしまうのです。

|

« そこを目指して歩け | トップページ | 何ともなければ記憶なんぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 量に負けた:

« そこを目指して歩け | トップページ | 何ともなければ記憶なんぞ »