フォト

Amazon.co.jp

無料ブログはココログ

« 何もしないしない日 | トップページ | ポンコツというレベルじゃない »

2016年6月23日 (木)

平日休みは映画館が一番いい

今朝は7:30に一度起床、問答無用で二度寝。
ついに休日でも起きるのがしんどくなってきた(笑)
二度目は9:30、さすがに起きます。

午前中は洗濯、二回回して終了。
昼を過ぎた頃家を出て、銀行経由でデルフィーノへ。
で、ランチ喰ってたら突如地元TV局が取材の申し込みに来る。
ちょっと驚いたが、ここでワタワタしてもしょーがないので知らぬ顔の半兵衛。
1時間ほどアナウンサーさんだのローカルタレントさんだのがグルメリポートして、引き上げた後でお会計して駅へ。

駅からJRで札幌駅に着いて、映画館で1本観て帰宅の途へ。
宝塚記念の枠順は帰りのJR車内でチェック。
キタサンブラックは好枠引きましたね、行けと言わんばかり。
こうなると逆に違うんじゃないのかって気がしてきました。
そう考えるとドゥラメンテが何でもできそうな枠、こっちが本命という気がしてきました。

こりゃ相手探しですかね、狙い目は牝馬と今のところ考えてます。
マジェスティハーツが重馬場を気にしてスクラッチした結果17頭、グランプリは意外と難解な気がします。

以降は毎度おなじみネタバレ映画レビュー、今回は以外にもX-MENのスピンオフなのにふざけたヒーロー映画。

本日の一作はデッドプール、おふざけ無責任ヒーローの映画。

主人公は傭兵上がりの賞金稼ぎ、いきつけの飲み屋で美人娼婦と意気投合。
以降は長い事性描写(笑)、結局勢いで結婚しちゃうわけだが突如末期ガン発覚。
失意の主人公に黒ずくめの紳士が訪れ「そのガン、治しますよ。」
その紳士を主人公はミスターアンダーソンと名付けるわけだが(笑)、実はとんでもない悪党で闇医者(こいつもミュータント)にミュータント遺伝子を覚醒させられた結果、ガンは治るが不死身の体になってしまう。
ただし、その代償として顔がボコボコになっちゃう。
激ギレした主人公は地下病院を破壊して闇医者一味を追い詰めてゆくが、闇医者も主人公の嫁を誘拐してラストバウト。
エグゼビアハウスのX-MENの協力もあって闇医者をやっつけちゃうわけだが、X-MENに止められても最後は平気で撃ち殺しちゃう。
まあ、ハッピーエンドなんですけどね(笑)
結局「正義の味方ではないが特殊能力者」という主人公だが、そのキャラクターが下品極まりない。
加えて、ちょいちょい主人公が画面に向かって話し出したりする変わった映画。
今回は字幕版を観ましたが、多分台詞回しなんかは面白かったんだろうなあ。

来月には本編のX-MENもやってくるわけだが、デッドプールは果たして出てくるでしょうか。

« 何もしないしない日 | トップページ | ポンコツというレベルじゃない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101605/63820688

この記事へのトラックバック一覧です: 平日休みは映画館が一番いい:

« 何もしないしない日 | トップページ | ポンコツというレベルじゃない »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

そうね大体ね♪

最近のトラックバック

ご覧下さい

Books