フォト

Amazon.co.jp

無料ブログはココログ

« ポンコツというレベルじゃない | トップページ | 終わりよければ全てよし »

2016年6月25日 (土)

競馬ついでに働くおじさん

休み明け二日目は、あまりに忙しすぎて午前中で白旗(苦笑)
マークシートは通勤中のJRで塗り終わっていたので、昼休みにWINSに行って購入。
戻ってコンビニのおにぎりを喰って午後の業務へ。
少し忙しさの薄れた午後は、午前の疲れが抜けきらず半放心状態。
だったら昼休みに馬券買ってんじゃねーよって話ですが、土日の仕事は「競馬ついでに働く」がモチベーションの拠り所なので、こればかりは譲れない。

放心状態で定時の間に片付けられなかった仕事は残業で少しこなして退社。
日曜日もこの調子だと「てられな」であるうえに夜の予定が中止になったので、いよいよ明日のモチベーションは宝塚記念以外になくなった(笑)

ただいま帰宅して馬券の結果確認中。
久々に、5/15以来のプラス収支でした ヽ(´▽`)/
6月は回収率5割に満たない日が続いていたが、上り調子だと信じて明日に向かおう。

ついでに仕事すっか(笑)

と、いうわけで今日は阪神10,11Rを連勝、特に11Rは58.7倍の高配当でありがたや。
この調子を引きずっていけますように。

■阪神11R 宝塚記念(GⅠ)
◎ドゥラメンテ
○キタサンブラック
▲マリアライト
△シュヴァルグラン
△タッチングスピーチ
△サトノノブレス
◎○▲馬連BOX
◎-○▲△△△馬連流し
◎-○▲△△△三連複一頭軸流し

馬場の回復が一つのポイントになりそうだが、予想では稍重。
◎ドゥラメンテがこの春鬼門のドバイ(海外)以来というのは気になるが、凱旋門賞に出ようって馬がここで負けられないだろうと信じてみましょう。また
○キタサンブラックは……なんか違う気はするんだよねえ。
菊花賞馬が春の天皇賞を勝って宝塚記念に向かうケースは覚えている限りビワハヤヒデ。彼はデビューから天皇賞まで2着を外したことが無い抜群の安定感を誇っていた。
その点キタサンブラックはダービーの惨敗やら有馬記念3着だったあたりは少し見劣るかな。それでもセントライト記念や大阪杯でしっかり連を確保している点は中距離適性も備えていそうなので、それが切れないポイント。
△シュヴァルグランは3歳夏を越してからの安定感が半端ない。初の重賞でも2着を確保したり初のGⅠでもしっかり3着、我がPO馬ながら頭が下がります。
▲マリアライトと△タッチングスピーチは昨年のエリザベス女王杯で1着3着、同距離同馬場での実績は無視できないでしょう。
△サトノノブレスは最後にピックアップ、相性のいい鳴尾記念組だしレコード勝ちの勢いを買って。意外とサトノダイヤモンドの悲願を果たすのがこの馬だったりしてね。

なお宝塚記念といえば「悲願のGⅠ」なのだが、当てはまるのは⑥ラストインパクトと⑧ステファノスが当てはまりますかね。
前者は距離実績が豊富なのだが、サウスポーだし阪神未勝利。
後者は1ハロン長いかなあという印象が強い、同じことが②アンビシャスにも言える。

さ、どうなりますやら。

« ポンコツというレベルじゃない | トップページ | 終わりよければ全てよし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101605/63829547

この記事へのトラックバック一覧です: 競馬ついでに働くおじさん:

« ポンコツというレベルじゃない | トップページ | 終わりよければ全てよし »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

そうね大体ね♪

最近のトラックバック

ご覧下さい

Books