« かつて日本は特撮技術に秀でていた | トップページ | 13日の金曜日で仏滅 »

2016年5月12日 (木)

切ない三連休初日

昨日で4連勤の最終日を終了。
今日から3連休なのだが、その今日は同じ役職の出勤者数が一番少ないのだそうだ。
……まあ、覚えておきましょう。

小樽に戻って、休日前のお楽しみ。
Bar Hattaへ。
Img_20160511_220801
うまい、心の底からうまい。
いい感じに酔っぱらって機嫌よく退店。

Img_20160512_000733
「孝一郎」で遅い夕食、こってり醤油ラーメン。
うまい、しこたまうまい。

帰宅……記憶消去(笑)

はっ、家だ。
なんか、ギリギリ間に合いませんでした感。

で、気付けば二日酔い。
あー、気持ち悪い(苦笑)
とりあえずTVでも……録画した『今夜くらべてみました』を鑑賞。
この番組、徳井と後藤のコンビが絶品なんですよね。
早くシェリー帰ってこないかな。

10:30に家を出て会社へ。
その前に映画館でチケット購入。
2時間ほど仕事のお手伝い。
だって、ねぇ、人がさぁ、足りないって、言うから……

14:05に会社を出て、映画館へ。
今日は一本観て、帰宅前に書店へ。

やっと赤本買った、これから受験勉強です。

以下久々にネタバレ映画レビュー、超人たちの仲間割れ。

今回は『キャプテン・アメリカ シビルウォー』を鑑賞。

「アヴェンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」
「キャプテン・アメリカ ウィンターソルジャー」
事前にこの2作を観ておくとより楽しめます。

要はアヴェンジャーズがアイアンマン派とキャプテンアメリカ派に分かれて争う悲しい戦いが中心なのだが、それを画策したのはアヴェンジャーズがウルトロンと闘った舞台のソコヴィアで家族を失った特殊部隊の元隊長。

その犯人はウィンターソルジャーが国連議会を襲ったように偽装、キャプテン・アメリカとウィンターソルジャーは元々幼馴染だからキャプテンはウィンターソルジャーを擁護する。
でもトニー・スターク(アイアンマン)はウィンターソルジャーを確保することでアヴェンジャーズの正当性を世界世論に訴えたかった。

更に国連会議で演説中に殺されたワカンダ国王の息子がブラックパンサーとして登場、独自にウィンターソルジャーを追う事になる。

アヴェンジャーズが真っ二つに分かれて闘うのは同作をこよなく愛する私には胸が痛むのだが、笑い担当のアントマンとスパイダーマンにちょっと癒されます。

結局最後はアイアンマンとキャプテン・アメリカが戦いキャプテン・アメリカがアイアンマンの心臓部を破壊することで勝利するのだが、アヴェンジャーズの中核をなる二人が闘うのはなんとも切ないのです。

最後はトニーの元にキャプテンから「何かあった時は友として駆けつける」という手紙が届くところがラストシーンなので、次のアヴェンジャーズで再集結するところを早く観たいのです。

でもエンドクレジットによると、次はスパイダーマンの単体映画のようですね。

|

« かつて日本は特撮技術に秀でていた | トップページ | 13日の金曜日で仏滅 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

ラーメン」カテゴリの記事

POG」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 切ない三連休初日:

« かつて日本は特撮技術に秀でていた | トップページ | 13日の金曜日で仏滅 »