フォト

Amazon.co.jp

無料ブログはココログ

« 血の宿命 | トップページ | 殊の外 »

2015年12月21日 (月)

混みそうな映画は子供が休みに入る前に

不思議なもので休みの日に早起きしようと思って寝ると、大体目覚まし時計を先回りできる。
昨夜1:00過ぎに寝たにも関わらず、見事に6:50頃起床。
仕事の日は目覚ましに起こされるのが当たり前で、この精神構造メカニズムを解明できないかと思っています。

顔を洗い歯を磨いて、8:00少し前に外出。
バスとJRを乗り継ぎますが、今日は当然馬場入りしません。
札幌駅に着いて、そのまま映画館へ。
チケットを買って、駅の喫煙所で一服してから映画館に戻る。

10:00上映の映画を一本観て、KIOSKでGallopを買って読みながら小樽へ。
Img_20151221_134324
ちょっと遅めのランチはウイングベイ内、丸亀製麺でうどん。
かしわ天、かぼちゃ天、さつまいも天を添えて美味しくいただきました。

Img_20151221_141522
天気が悪いので、より寒々とした感は否めません。
土曜日にJ-PLACEで買った馬券を換金して帰宅。

が、雨なんですよ。
ご存じの通り、北海道小樽市からお送りしております。
すっかり暖冬です、今年は雪がほとんど降らないクリスマスになりそうです。

以下、毎度おなじみネタバレ映画レビュー。
※ グランプリ有馬記念の考察は明日あたりから。

今年最後の一本は、こちら。
Img_20151221_093751
Img_20151221_092728

スターウォーズ フォースの覚醒
要はepisode7という事ですね。
ルーク、レイア姫、ハン・ソロたちの活躍で悪の皇帝とダースベイダーが葬られてから三十数年後の世界。
初の女性主人公レイは辺境の星で墜落した船から部品を漁る廃品回収業。
この辺、ルークとアナキンの初見に似てますね。
フィンは子供の頃悪の組織ファースト・オーダーにさらわれ戦闘員ストームトルーパーとして戦いを教え込まれるが、初めての戦いで故郷を襲うことに耐えられず組織を逃げ出す。
ここにドロイドBB-8(CMに出てくるコロコロ)が加わってファースト・オーダーから逃げ出すのだが、その時使った宇宙船がなんとミレニアム・ファルコン。
あ、レイとフィンはBB-8が持っている「ルークの地図」を守るために逃げるんです。
逃げる道中でハン・ソロとチューバッカに出会い、ファースト・オーダーと闘うレジスタンスの将軍レイアと合流、かつてのデス・スターの数倍もあるスター・キラーを破壊するための戦いに赴く。
で、ファースト・オーダーとの戦闘に入るのだが、そこにダース・ベイダー風の悪役登場。
このカイロ・レンが実はソロとレイアの子(!)なのだが、ルークの元で修行中に逃げ出してフォースの暗黒面に取り込まれてしまった。
父であるソロに戻ってくるように説得されるカイロ・レンだが、ソロをビームサーベルで一突き、ソロは橋から落ちてしまう。
その後カイロ・レンはレイを追い詰めるが、フォースん目覚めたレイはカイロ・レンを返り討ちに。しかしスターキラーが破壊されたことで地割れが起きて逃がしてしまう。

スター・キラーを破壊してレジスタンスの基地に戻るレイたちの到着に合わせてスリープモードからR2-D2が目覚める。
R2-D2が入手した地図とBB-8が持つ地図を合わせる事でルークの居場所を知ったレイはチューバッカと地図の場所に赴き、そこでルーク(だと思う)に出会ったところで終わり。

大分端折りました(笑)

ストーリー構成は「episode4」に大変似ているが、次回作のepisode8(2017年公開予定)に向けての謎が多く残りました、いい商売するな(笑)
ただ2時間半の長い作品ですが、全く飽きないシナリオで楽しめました。

・当たり前なんだが全作の主要キャストが老けた、ソロ役のハリソン・フォードはほかの映画で観る事も多いので想定できるが、レイア(キャリー・フィッシャー)のオバチャン化はかなり激しい(笑)
・主人公レイは子供の頃家族と生き別れて一人で生活していたのだが、誰にも習っていないフォースをいきなり使えるようになるほどの素質、生き別れた親は誰だ。これはルークの子という考え方と、ソロとレイアの子が双子って考え方もできる。普通に考えれば前者だと思うが。
・カイロ・レンはダースベイダー的な役割(現に憧れているらしい)だが、いきなりネタバレしたという事は暗黒面から抜け出せるのか。
・いやその前にカイロ・レンに刺されたハン・ソロの行方は?実は生きてました的な気がする。

« 血の宿命 | トップページ | 殊の外 »

コメント

この映画が落ち着くとすれば・・・1月末あたりですかね。

なんか小難しいないようではなくて、「勧善懲悪」みたいな感じで、面白そうですね。
見に行きます…もうちょっと落ち着いてから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101605/62912154

この記事へのトラックバック一覧です: 混みそうな映画は子供が休みに入る前に:

« 血の宿命 | トップページ | 殊の外 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

そうね大体ね♪

最近のトラックバック

ご覧下さい

Books