« マリア、愛すべき馬がいて | トップページ | 不可思議な記憶 »

2015年11月16日 (月)

やはり日の丸を応援するもので

休み明け出社。

いつものように多忙な一日を終えて帰宅。
プレミア12はいよいよ決勝トーナメント、ここさえ勝てば日本に戻れます。
最低限ここまでは絶対に勝たないといけませんね、それが開催国の義務ってもんです。
オリンピックやワールドカップもそうですが、国別対抗戦はやはり燃えます。
ラグビーのワールドカップなんて(私はそうですが)ルールが分からなくても勝てば嬉しい。

頑張れ小久保JAPAN、東京ドームが待っているぞ。
ただ(国際試合で各国の放送時間の関係だから?)19:30プレイボールってのは遅いですね。
最後まで観たら23:00だもの、翌日に差し支えますよ。

おまけにサヨナラ勝ちなんて日にゃ興奮してその後も寝られない。
まるで春日三球・照代の漫才ではないか(笑)

ちなみにプレミア12のテーマはこちら。

懐かしいですね、JourneyのSeparate Ways。
この頃は結構洋楽も聴いてたなあ、この曲のイントロとTHE ALFEEの「メリーアン」の間奏が瓜二つ(笑)

さて、今週末はマイルCS。

正直申し上げて、難解。

昨年のマイルCSで1、2着のダノンシャークとフィエロ。
春の安田記念で1、2着のモーリスとヴァンセンヌ。
NHKマイルCでで1、2着のクラリティスカイとアルビアーノ。

ダノンシャークは峠を越えた感。
フィエロは常に上位だが勝ち身に遅い。
モーリスは安田記念以来の休み明け。
ヴァンセンヌは前走(天皇賞)ビリ。
クラリティスカイは休み明け惨敗。
アルビアーノは前走で初めて差し切り勝ち。

と、考えると3歳牝馬アルビアーノに分があるように見える。

しかし、今回は先述6頭より有力なイスラボニータ。
中距離路線で今一つな彼がマイルに出てくることでどうなるか。
最大の壁は、1年2か月未勝利なのと先週勝っちゃった蛯名。

|

« マリア、愛すべき馬がいて | トップページ | 不可思議な記憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはり日の丸を応援するもので:

« マリア、愛すべき馬がいて | トップページ | 不可思議な記憶 »