« 連休最終日 | トップページ | 月はどこから出ている »

2015年9月24日 (木)

去る者

4連休明けの仕事、忙しくないわけがない。
そう思って出社して、業務開始。
一瞬にして予想を凌駕する高配当。
じゃなくて、入電量。

午前のうちに音がするほど折られた。
「折ったどー」と豪語するアントニオ猪木が目に浮かぶ。
嘘をつきました、浮かんでません(笑)
当然「取ったどー」の濱口優が目に浮かぶわけもない。

14:00、やっと昼飯の時間へ。
喫茶店でスポーツ新聞に目を通す。
タイガース中村GM死去の記事。
かれこれ40年以上タイガースファンなので覚えているのは「2番セカンド中村勝広」という、うっすらとした記憶。
66歳で他界された事を考えると、現役時代は自分が子供だった頃ですね。
恐らく掛布(当時)選手が若手で岡田(当時)選手が入団前?
当然バースがいるわけもない。
ブリーデン、ラインバックあたりがいた時代ですね。
エースは……安仁屋宗八あたりだったのかなあ。
江夏か、すっかり忘れていた(苦笑)。

現役時代は阪神一筋、引退後は「暗黒時代」のタイガース監督を経てオリックスの監督、GMを務めた後タイガースのGM。
こう考えると野球人生を兵庫県につくしたのですな。

ご冥福をお祈りいたします。

で、更にキズナの引退記事ですよ。
POGで初めてダービーを勝たせてくれた馬だけにショックです。
ロンシャンの直線手前ではちょっとだけ勝った気がしたなあ、鳥肌が立った記憶。
ほんの1分後にトレヴに木端微塵にされましたが(笑)
屈腱炎、走る競走馬には宿命というべき致命的な病、彼もその限りではなかった。
ただ死んだわけじゃない、彼には次の人生がある。
種牡馬として立派な仔を出して欲しいなあ。

なんか、失うニュースなかりで心が乾燥してしまった。
単純な事で泣けてくる。
auのCMの濱田岳の芝居(一人で鬼退治に行こうとするバージョン)で簡単に泣ける。

「心のうるおい」を売ってるなら借金してでも買うのに。

さて、去る者があれば留まる者がある。
来る者もある、未来に目を向けてゆこう。

まずは差し迫った今週末へ。

産経賞オールカマー、今やレース名は名ばかりになりました。
昔は地方の雄が参戦してきて予想が難しいレースでした。
かつて南関東のジョージモナークやハシルショウグンは連までキッチリ確保しました。

いまや誰も来ない(笑)オールカマーであります。

今年は逃げ馬マイネルミラノの参戦がポイントになりますかね。
そこにメイショウカドマツとメイショウナルトの2騎が絡むとしましょう。
ペースが早くなりませんかね。

ペースが速くなると消耗戦になって、スタミナがものをいう。
オークス馬ヌーヴォレコルトは当然外せない。
穴は女ステイヤー、クリソライトではなかろうか。
ステイヤーならば折り合いの心配はないのだが、ハイペースをついていけるか否かが問題。
ここでは人気にならないであろうタマモベストプレイあたりも注目。

|

« 連休最終日 | トップページ | 月はどこから出ている »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 去る者:

« 連休最終日 | トップページ | 月はどこから出ている »