フォト

Amazon.co.jp

無料ブログはココログ

« 100mも動いていないはず | トップページ | 去る者 »

2015年9月23日 (水)

連休最終日

休みなのだが、映画を2本観たかったので6:30に目覚ましをかける。
ちなみに昨夜寝たのは0:30頃なので、6時間寝れば大丈夫だろう。

6:30、目覚ましが鳴る。

即、頓挫(笑)

だって眠たいんですもの。

2時間後の8:30にのそのそ起床。
ボーッとしばらく過ごして、(なんか言い方が悪いが)仏壇に供えたおはぎを食べて外出。

いつもの休日と同じ道のりでバスとJRを乗り継ぎますが、桑園では降りません(笑)
映画館に着いたらチケットを求める行列が凄いが、連休最終日だしある程度は想定内。
開場まで少し時間があったので、ビックカメラでPCを物色。
たまに、気付くと画面が真っ青になったりするので買い替え時だ。

時間になって入場口の前に行ってみたら凄い人だかり。
それも中高生だらけでどうしようかと思ったら、恋愛ものの映画と同じ時間帯だったらしい。
少し安堵して売店で5分並んで、ポップコーンとコーラを買って入場。

映画を終えて、夕暮れの中オータムフェストへ。
Img_20150923_165619
すっかり日の入りが早くなって、17:00前には夕暮れを迎えるようになりました。
で、一杯目のスパークリングワイン(小樽、ケルナー)を呑んでいるうちに異変。
変な汗が出てきて、悪酔いしたかのように酔いが回る。
こりゃいかんと、一杯で立ち去ります。

JR車中で少し寝て、楽になったので晩飯食ってから帰宅。
Img_20150923_182759
あんかけ焼きそばを大盛りでいただきました。

風呂入って一杯やって早々に寝ましょう。

以下、おなじみネタバレ映画レビュー。
小さなヒーローが大活躍。

本日の一本は「アントマン」です。

主人公スコットが刑務所を出所するところからスタート。
泥棒で刑期を終えた主人公は、娘はいても妻から離婚され婚約者は警官。
前科を隠して就職してもバレて解雇になり途方に暮れる。
まっとうな人生を目指すも、刑務所仲間から泥棒の話を持ちかけられ、やむなく乗る。
金持ちの老人の家に押し込み金庫を開けるが、金庫の中にあるのは古びたスーツ一丁。
仕方なくそれを盗んで着てみると、なんと小さくなっちゃった。
これがどうやら家の持ち主ピム博士の策略らしく、スコットはアントマンとして地球を守らざるを得なくなる。
このピム博士、元シールドで勤務していたりトニー・スタークと面識がある話をしたりで、この辺からアヴェンジャーズ臭がしてくる(笑)
格闘を覚え、蟻の調教を覚え、小さくなるテクノロジーを悪の組織「ハイドラ」に売ろうとするダレン・クロス博士を止めようとするのだ。
途中でアヴェンジャーズのアジトに盗みに入りファルコンと闘ったりする。
蟻の大群と敵のラボに乗り込みテクノロジーを持ち出そうとするが、実はクロス博士の罠で閉じ込められるスコット。
それを助けるのがピム博士と娘のホープ、博士は撃たれるがスコットは無事脱出して敵の小型化テクノロジーであるイエロージャケットを着たクロス博士と最終対決。
アントマンは2.5㎝なのだが力は実際の大きさと同じなので、自分より大きなものを持ち上げたり原寸大の人を殴ったりできるのが面白いのだが、それがCGでうまく表現されていて面白かった。
またアントマンの武器はものを大きくしたり小さくする手裏剣みたいなのが武器なので、間違って当たるとおもちゃの機関車トーマスとか蟻が巨大化して家を押し潰したりしてもう大変(笑)
刑務所仲間のキャラも立っていて、MARVELにしてはコメディテイストの強い作品に仕上がっています。マイケル・ダグラス使ってるのに(笑)
この手の映画でよくある「スタッフロール終わった後のシーン」でキャプテンアメリカが出てくるところを観る限り、次のアヴェンジャーズにあの小さいヒーローが出てくると……どういう使い方になるんだろう。
今回は結構楽しめましたね、★3つ。

« 100mも動いていないはず | トップページ | 去る者 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101605/62339535

この記事へのトラックバック一覧です: 連休最終日:

« 100mも動いていないはず | トップページ | 去る者 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

そうね大体ね♪

最近のトラックバック

ご覧下さい

Books