フォト

Amazon.co.jp

無料ブログはココログ

« 勝っても負けても呑みます | トップページ | 100mも動いていないはず »

2015年9月21日 (月)

その雨は心が流した涙であろうか

休みなのに朝早く目が覚める。
もはや『仕様』ですね、仕方ない。
それでものんびり朝を過ごして、バスとJRを乗り継いで馬場入り。
着いてすぐの札幌は好天だったのですが、天気予報は午後から雨。

晴れたら勝った金でオータムフェストと勇んで勝負開始するも、サッパリ。
そうそう上手くはいかないだろう。

Img_20150921_121125
お昼はジンギスカン丼、大体ラーメンとの2択。

Img_20150921_130401
食事後に、まだ解放されている「もいわテラス」に出てみたら空がすっかり鉛色。
13:00過ぎには結構強い雨が降る。
携帯にも「大雨警報」の通知が届きます。

阪神5RにはPO馬のカイザーバルが出走、断然の一番人気に応えて快勝。
1:35:3のこの時期の2歳馬にしては優秀だし、2着に4馬身差。
血統的にも母がダンスインザムードなので距離が伸びてもいけるかも。
まだ早いですが、来春の仁川をちょっと期待させてくれました。

まずは無事に行って欲しいですね、ポルトフォイユのように屈腱炎になってしまったり「オリエンタルアートの2013」のようにデビューを待たずして安楽死処分になるケースもあります。
そして、何がショックってキズナの引退報道。
そういう意味において、最後の勝利だった大阪杯の時に仁川にいられたのは良かった。
文字通り、競馬の世界は無事是名馬です。

で、一日の勝負を終えて……惨敗 (;ω;)
中山2R~12R、阪神5,6R、9~12Rと勝負して17打数2安打。
打率.118、回収率15.5%ではさすがに心が折れた(苦笑)

オータムフェストどころじゃない状態になったので、とぼとぼ帰宅。
酒は楽しく呑まないといけませんが、これは間違いなく全治二日(笑)

ではセントライト記念回顧。

スローは読み通り、キタサンブラックが逃げると思ったがダービー同様ミュゼエイリアンの逃げでスタート。
キタサンブラックは2番手で折り合います。
サトノラーゼンはてっきり5,6番手あたり思いきや、後方の位置取り。
これは明日のGallopを読まないと分かりませんが、休み明けの影響でしょうか。

結局レースは2番手のキタサンブラックが前のミュゼエイリアンを競り落として勝利。
ミュゼエイリアンが2着を確保して「行った行った」で終わり。
まさかのジュンツバサが3着で、ここまでが菊花賞の出走権を確保しました。

出るかどうかは別として(笑)
キタサンブラックは母の父がサクラバクシンオーだから出ないんじゃないかな。

ちょっと負け過ぎなので、来週の土曜日は休もうと思います(苦笑)

« 勝っても負けても呑みます | トップページ | 100mも動いていないはず »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101605/62325282

この記事へのトラックバック一覧です: その雨は心が流した涙であろうか:

« 勝っても負けても呑みます | トップページ | 100mも動いていないはず »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

そうね大体ね♪

最近のトラックバック

ご覧下さい

Books