« 回復?慣れ?麻痺? | トップページ | 1点解決 »

2015年8月14日 (金)

今年は、そういう年

少し元気になったと思ったが、敢え無く一日で終了(苦笑)

午前の仕事が終わった時点で、既に疲弊がピーク。
なのに昼休みが終わると同じことの繰り返し。
・午前 9:00 ~ 12:00
・午後 13:00 ~ 18:00
時間が長い分だけ気力をもぎ取られて、閉店時にはもはや残骸。
どうしてもやらなければならない残業だけこなして帰宅の途へ。

更に、楽しみにしていた「お気に入り」との会食も、もう一人のドタキャンで中止。

頭の中に大きな黒雲を抱えて帰宅。
・父の遺骨が埋葬できない
・新しい業務への対応と衰える能力
・楽しみはことごとく奪われる

やり場の無い憤りだとか、悲しみとか、不安とか。
抱えきれなくなったので、帰宅直後の21:30に就寝。
案の定眠れず、アメトーークを観て再度の就寝。
少しストレスを忘れたらしく、就寝。

タモリの言葉にこんなのがあるそうです。
『ストレスは発散できない、忘れる事しかできないんです。』
名言だね。
「発散」と思っているものは、そこに集中している間ストレスを忘れていられるだけ。
終わるとまた元に戻りますが、全てではない。

多分、競馬予想している時と呑んでいる時が自分にとって「ストレスを忘れる時間」なんだろうなあ。
この駄文を書いている時間もそうかもしれない。

終末に片付けなきゃいけない事がまだあるが、15日まで。
16日は朝から馬券勝負に行こう。

でも、どこかで大声張り上げて泣く時間も作ろうかな(笑)

仕方ないね、今年はそういう年なんでしょう。

さて、日曜(8/16)の札幌5Rは新馬戦。

■アラバスター
父:ハービンジャー
母:レーヴディソール(アグネスタキオン)

■ダノンエール
父:ハービンジャー
母:フサイチパンドラ(サンデーサイレンス)

■ヨカグラ
父:ハービンジャー
母:ダンスオールナイト(エルコンドルパサー)

名牝の仔、孫が揃いました。
レーヴはPOGで持ってたのもありますが、2歳時の強さは凄かった。
レーヴドスカーの繁殖としての優秀さを証明しました。
札幌芝1800mの新馬戦に強いハービンジャーが父ですから、ここは一発で決めて欲しい。

フサイチパンドラは札幌でもクイーンSを勝ってエリザベス女王杯も勝った(あれは武豊の好騎乗もりましたが)名牝。
血統の筋もいいのになかなか良い仔が出ません。
父がハービンジャーに代わってどうなりますか。

ヨカグラの母ダンスオールナイトは準OPを勝ってGⅢがありますが、その母ダンスパートナーはオークスを含むGⅠ2勝馬。兄弟にもダンスインザダークとかエアダブリンとかキングフラダンス(笑)とか。
ただ、父ハービンジャーは少し重たい気がします。

これは生で観ておきましょう。

|

« 回復?慣れ?麻痺? | トップページ | 1点解決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年は、そういう年:

« 回復?慣れ?麻痺? | トップページ | 1点解決 »