« 間違いなくおかしい | トップページ | 飛行機作り »

2015年7月15日 (水)

少し上向き

いよいよ本日、新しい業務の「グランドオープン」。
早め出勤を言い渡されたので、5:45に目覚ましをかけて起床。
8:00に出勤して、業務用PCのシステム更新を行い万全の態勢を整える。

オープン

やはり昨日までと違い、そこそこの忙しさはあったが許容範囲内。
何より昨夜酒呑んで死んだように眠った結果、体調が良化したのが有難かった。
ただ、クライアントが来社して、それが米国人で、窓口が自分になってしまったのは少し参った。
そしてそのクライアントの方が流暢な日本語を操るのだ。
「お手数ではございますが……」
あらー、配慮の言葉まで使えるのね、お見事。
配慮の言葉(クッション言葉ともいう)は日本の文化であり、それを外国の人が理解して使っているという点には尊敬できることだ。
日本人なのにまともな母国語が使えない新人社員に聞かせてやりたい。

そんなこんなで無事、初日業務は大きなトラブルもなく終了。
体調良化もあり、ちょっと頑張って20:00過ぎまで働いて退社。

そしてJR車内は「マスク」「咳」のオンパレード。
そりゃそうでしょ、昨日の最高気温が30℃を超えているのに今日の最高気温は23℃。
佐々木のフォークくらい落ちましたね(笑)

そんな気温の落差が激しい北海道へ、ぜひお越しください。

さて、明日も忙しいところだがセレクトセールの結果は見ておきたい。

特に1歳市場は来年のPOGドラフト対象ですからね。
1歳市場ベスト10中、7頭が案の定ディープインパクト産駒。
やはりディープ産駒は高値で売れますな。

最高価格はジョコンダの2014、2.35億円。
里見オーナー、相変わらずの羽振りのよさ。

2位(ラッシュラッシーズの2014)も父ディープ。
3位(シャンパンドーロの2014)は父Tapit、現3歳ではゴールデンバローズが代表。
2頭は共に2.3億円、購入者はご存じ金子オーナー、ここは覚えておきま

4位はまたも里見オーナーでキングスローズの2014(父ディープ)が1.95億。

5位は仏オークス馬サラフィナの2014(父ディープ)で1.6憶円。
6位はコケレールの2014で1.35憶円。
両馬は(株)キーファーズが落札、インタビューで「武豊で凱旋門賞を勝ちたい。」とコメント。
リアルな馬主さんたちは夢があっていいですねえ。
あとはこちらでご確認ください。

今年は海外からも購入者が多数出ていて、かつて「種牡馬の墓場」と言われた日本の馬産は大きく進化したようです。
そう考えると、サンデーサイレンスの存在は大きかったのだなあ。

|

« 間違いなくおかしい | トップページ | 飛行機作り »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少し上向き:

« 間違いなくおかしい | トップページ | 飛行機作り »