« 復活のF | トップページ | もう春だと言っていいか »

2015年4月22日 (水)

休み明けは軽く済ませたいものですが

休み明けの出社。
今日も上司リクエストをいただいて、2時間ほど対応。
想定内の自称ではあるのだが、さすがに午後の予定が全部吹っ飛んでしまう。
何もかも思い通りに事が進まないところに仕事の「醍醐味」があるのかもしれないが、仕事が積み重なってゆくのは何とも困ったところ。

ん?

考え方としては競馬も同じか。
レースがあるのは想定内だが、出遅れや接触は想定外。

それでも未来に予定された結果を予想しなければいけない。

おお、分かったつもりになった(笑)

んん?

要は人生そのものじゃないか。

おお、悟りきったぞ。
そんな簡単じゃないから人生は困るのですがね(苦笑)

業務後は上司から業務の先行きについて説明があった。
恐ろしく重い話で、すっかり気分が萎える。

溜まった仕事は1割だけこなして帰る。
恐ろしく重い話を聴いた後の帰り道だが、一旦萎えた割に冷静だ。
何だろう、話が重すぎて捨ててしまっただろうか。

帰宅後して、ただいまDr.倫太郎を拝見しております。
実に魅力的なキャストですね、精神科医が主人公というのも興味深い。
更に……蒼井優がなんかいい、和服姿も実に素敵。
何より「絶世の美女」ではないのだが、実に魅力的だ。
今回は恐ろしい悪女の役かもしれないのだが、まだ判断は早計。
堺雅人という人も実に魅力的な俳優で、あの「狂気の弁護士」と同じ人にはまるで見えない。
倫太郎と夢乃の関係性が今後どうなっていくのか楽しみです。

にしても予告編の「ちょっと待ってちょっと待って夢乃さん」は如何なものか(笑)

さて今週はGⅠの谷間、加えて府中と淀のの開幕週。

土曜日は福島牝馬S、日曜日はフローラSとマイラーズC。
福島牝馬Sはヴィクトリアマイルへ、フローラSはオークスへ、マイラーズCは安田記念へとつながる道のりです。
ここで賞金を加算しないと本番出走が危ぶまれる馬の陣営は、どこまで仕上げてくるのか。
特にフローラS出走馬は本番が確定している馬がいません。
府中で2勝を挙げているディアマイダーリンはフラワーSを叩いてキッチリ権利を取りに行きたいところでしょう。

マイラーズCは同じ舞台でGⅠ初制覇を遂げたダノンシャークの今年緒戦予定だったが想定外の挫石で回避。
同じレースを2着だったフィエロには千載一遇のチャンスなのだが、伏兵の台頭はあるや否や。
開幕週の馬場を味方にするとすれば重賞未勝利ながらテイエムタイホーあたりでしょうか。

福島は……難しいですね、牝馬。
フィロパトールやブリュネットといった福島巧者が出られるようなら食指が動くのですが、賞金的にどうでしょう。

|

« 復活のF | トップページ | もう春だと言っていいか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 休み明けは軽く済ませたいものですが:

« 復活のF | トップページ | もう春だと言っていいか »