フォト

Amazon.co.jp

無料ブログはココログ

« Limit Point | トップページ | 行ったもん勝ち »

2015年4月11日 (土)

本当の『開幕』

土曜日は業務開始が45分ほど遅い。
それでも家を出るのは平日より30分遅れ。
朝は余裕があるに越したことはない。

今日は出社前に用があってローソンへ。
Img_20150411_201557
サザンオールスターズのライブの先行予約に当選!
というわけで引き換えに赴いたのはいいが、Loppiの手続きに躓く(笑)
これでもIT系コールセンターでオペレーターの始動を行う立場の人間なんですが、最新のシステムにはついてゆけないのです(笑)

そして、初めて知る現実。
この手のチケットは、当日まで座席が分からないのである。
更に当日は写真つき身分証明書が必要なのだそうだ。
ネットオークションや金券屋で転売されるリスクを考えてのシステムなんでしょうね。

20年以上前、東京で働いていたころにエリック・クラプトンの武道館ライブのチケットを金券屋で購入したことがあったが、1枚34000円したっけなあ(笑)
・初めてのエリック・クラプトンで前から4列目
・初めての日本武道館
これだけの条件が揃ったので十分元は取れたって当時は思いましたが、よくよく見たらなかなかの金額です。

チケット購入手続き後に出社して、いつも通り働いて(今日も多忙に次ぐ多忙)4連勤をやっと終了、定時にフラフラ退社。
滅多に電車で寝る事はないのですが、今日は少しウトウトしました。
小樽に着く頃にはすっかり空腹で、あんかけ焼きそばの大盛りをいただいて帰宅。
この後は新聞とにらめっこです。

Img_20150411_122037
いよいよ春のクラシックが開幕します。
今年のポスターはピンクの桜花賞と緑の皐月賞。

やはり八大競争は盛り上がりますね。
フェブラリーSや高松宮記念は自分が競馬を始めた後で新設されたGⅠなので、どうも格下感が否めない。

歴史ある八大競争(桜花賞、皐月賞、天皇賞(春)、オークス、ダービー、菊花賞、天皇賞(秋)、有馬記念)を堪能しましょう。
『堪能』は馬券的中をもって完結するわけですが(笑)

今日の結果は3戦1勝、NZTが◎-○の本線的中で黒字。
桜花賞資金は無事確保できました。
が、馬単や三連複(◎〇△)が買えていないのは不調ゆえの弱気の虫。
加えて阪神牝馬特別で切った最後の1頭が④カフェブリリアントという……

これだけ冴えた土曜の翌日は概ね外れますが(笑)、そこは桜花賞デーなので張り切って参りましょう。

■阪神11R 第75回桜花賞(GⅠ)
◎ルージュバック
○ココロノアイ
▲レッツゴードンキ
△ムーンエクスプレス
△アンドリエッテ
・1マイルの経験がない
・馬場が渋った時にどうか
穴党はついつい人気の盲点を探したくなるのですが、これだけ単勝が売れまくって1.8倍の前売りオッズであれば逆らえません(苦笑)、馬場もどうやら良馬場になりそうな模様。
ウオッカ、ダイワスカーレット、ブエナビスタ、ジェンティルドンナ、ハープスターに次ぐ大物牝馬の誕生を世間も期待しているのでしょう。
ただ、前述通りのリスクがあるのは確かなので、今回は◎○▲からそれぞれ流したい。
横山典弘騎手は桜花賞を勝つと史上三人目の八大競争完全制覇もかかっています、ここは大きなチャンス。
レッツゴードンキはあれだけ堅実に走るのに人気無さすぎな気がします、3枠なら前に馬をおいて走れるでしょうから前走みたいな事はないかと。
アンドリエッテはチューリップ賞を見る限り馬場悪化にも十分対応できるし、ディープ産駒なんだから良でも切れるでしょ。
ムーンエクスプレスは好調教で3着狙いの穴。

今年は「3強」と言われて無敗の3勝馬がルージュバック以外にキャットコインとクイーンズリングがいますが、なにせ出遅れる。
それでもクイーンズリングは1400mを差して勝ったから強いのでしょうが、-20kgがいただけない。
無事是名馬の原則からして、この馬体減は『無事』じゃないからアウト。

« Limit Point | トップページ | 行ったもん勝ち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101605/61424454

この記事へのトラックバック一覧です: 本当の『開幕』:

« Limit Point | トップページ | 行ったもん勝ち »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

そうね大体ね♪

最近のトラックバック

ご覧下さい

Books