フォト

Amazon.co.jp

無料ブログはココログ

« 会社、来いよぉ | トップページ | Limit Point »

2015年4月 7日 (火)

羽が生えたように出てゆく

休み、08:30過ぎに起床。
昨夜の多忙の反動で少しはゆっくり寝られるかと思ったが、やはり6時間で目が覚める。

完全に年寄の域だね(笑)

今日はここ数日とちょっと違う、寒い。
TVをつけたら地元のTV局が「ただいまの気温は2℃。」と。
2℃って(笑)、すっかり1か月前に逆戻り。

加えてトラブル発生、昨夜充電したスマホが朝になっても充電率74%。
確か昨夜23:30頃45%くらいの状態で充電開始しているので、8時間で30%弱しか充電できないという酷さ。

昼過ぎあたりに駅前まで出かけて、とりあえず「西や」でこってり醤油ラーメン。
食後はすぐ近くのDOCOMOショップでスマホ充電問題の相談に行ってみる。
店舗にある急速充電器で充電してみたところ、充電できてるようだ。
要は充電器がおかしいんじゃないかって話になって、一旦持ち帰り。
※違う充電器使ったら全く問題なしでした

母の介護施設に行って、新しい施設の部屋を内見。
介護施設は私のような独身者にとって大変ありがたいのだが、やはり金額はなかなかのものであります。
介護施設を出たら久々に大雪。
さっさと帰って後は極力外出を控える、YOU TUBE鑑賞三昧。

夜になって銭湯に行って、風呂上がりに一杯やりながらDVD鑑賞で休日終わり。

以下、ネタバレDVDレビュー。

本日のDVDレビューは「トランセンデンス」です。
うっすらゴロが悪いが、ジョニーデップ主演のまさに「サイエンス・フィクション」です。

主人公は人工知能(AI)を研究している科学者で、その筋の第一人者。
テロリストの放った弾丸が元で命を落とす。
その主人公の奥さんも科学者で、亡くなった夫の脳をシステムに移植する。
感情や思考パターンは人、演算はコンピュータが行うようになった夫はインターネットで様々な情報を得て万能の能力を得る。
やがてアメリカ郊外に拠点を得て主人公はナノロボットを開発して障碍を持つ人たちを次々治してゆくのだが、治された人たちは実はネットワークで主人公に操られている。
主人公の暴走に気付き始めたテロリストのボスの正体は、実はAIの進化を危惧する元科学者。同様に主人公の所業を止めようとする元同僚科学者とFBIが手を組んで主人公のシステムにウィルスを送り込んでシステムダウンを起こして主人公をシャットダウンして終わり。

システムに移植された主人公が実行したかったのは、実は妻が望んでいた事。
それは地球の環境保護であり、それを成し遂げるには人類を統治する必要があった。
それを忌み嫌った人間にシステムダウンされたと考えると、なんとも空しいお話。

なんとなくのイメージとしては、現代のフランケンシュタインといった印象。

フランケン(以下所略)は殺人鬼の脳を移植されたことで殺人事件を起こし、トランセンデンスは科学者の脳だったが妻を愛するあまりにストレートに事を起こしてしまった。
空しい結末は同様ですね。

ただ台本が盛り上がりに欠ける印象が強く、ジョニー・デップやモーガン・フリーマンの力に頼っている感は否めない。

映画館で観たかった作品の一つでしたが、結果から言えばDVDで十分でした。
★一個半ってとこですかね。

« 会社、来いよぉ | トップページ | Limit Point »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101605/61405614

この記事へのトラックバック一覧です: 羽が生えたように出てゆく:

« 会社、来いよぉ | トップページ | Limit Point »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

そうね大体ね♪

最近のトラックバック

ご覧下さい

Books