« ガッデムthe低気圧 | トップページ | 安堵 »

2015年3月12日 (木)

再開が待たれる

JRが土砂崩れの影響で不通になって二日目。

できるだけ遅刻はしたくないので一本早いバスで小樽駅へ向かおう。
第一の障害:家を出た途端にくるぶしが埋まるほどの大雪
とりあえず玄関前だけサッと雪かきしてバス停へ。

駅に到着、これなら大丈夫かと思った期待が一瞬で木端微塵。
木端が微塵になるくらい(当たり前)の風景を目の当たりにする。

バス待ちの行列人数が倍の100人程度になっていました(笑)
ほぼ5分おきに札幌行のバスが発車しているにも関わらず20分待ち。
昨日は10分程度で乗れたので、人数分時間がかかるわけだ。
ポンコツ親父が考えられる程度の思考パターンはどこにでもあるのです。
・「早く家を出た分早く乗れた」というポジティブシンキング
・行列の長さと待ち時間に対するネガティブシンキング
狭間で揺れる朝の出勤であります。

バスは順調に札樽高速を経由して札幌市内へ。
ここから順調に流れていたので、無事朝礼に間に合う。
でも帰りの事が気になって仕事は手につかない。
朝の風景がチラついて、定時から30分後に退社。
帰りのバスは有難いことに、行列が昨日と同じ。
早く会社を出た分、家にも早く到着できました。

ただ、安定のJRの最下位が待たれるのである。
ノゥ、再開。
ある意味JR北海道はグループ最下位ですがね(笑)
安全性に関する評判を払拭するためにも線路の土砂排除作業に慎重なんでしょうか。
普段から線路の点検もちゃんとしてくれるといいんですけどね(苦笑)

JR北海道のHPによると、本日20:00頃から運行再開したとの事。
明日は通常出勤で良さそうだし、土曜競馬の馬券も買えそうだ(笑)

3/14(土)、中京メインは中日新聞杯(GⅢ)
出走馬が確定しましたが、最軽量ハンデ(サングレアル、フレージャパン53kg)と最重量ハンデ(ミトラ57.5kg)の差が4.5kgだからそれほど差はありません。
JRAハンデキャッパーの判断でも「差が無い」と判断されたようで実に難しい。
だったら素直に好調馬を買うのが良いのでしょう。
ここは6歳で昇格でもダノンジェラートを買ってみたいところ。
前走アメジストSの抜け出す脚が凄かった、前がふさがった「万事休す」の状態から開いた瞬間スパっと切れました。
条件戦のレースなので一概に信用できませんが、開幕週の良馬場なら通用するのではないだろうか。
あとは展開、ネオブラックダイヤかミトラがハナに立つのでしょうが早くはならないでしょう。
休み明けのサングレアルは後ろから行ったら届かないかなあ……
中京にも2000mにも実績があるアドマイヤフライトとデウスウルトで如何なものか。

|

« ガッデムthe低気圧 | トップページ | 安堵 »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再開が待たれる:

« ガッデムthe低気圧 | トップページ | 安堵 »