« あっという間に帰宅時間 | トップページ | 明日のための今日 »

2015年3月 4日 (水)

ストレスは自分でどうにかしないと

仕事でちょっとムカつく事があって早々に帰宅。

でも風呂に入って最初のビールを呑むのは22:00。
もうちょっと早く帰れればいいんですけどね。
ただし今日は風呂前に「癒しの時間」があったから仕方ない。
本日の癒しの時間は「さんま御殿」。
要はバラエティ番組だと笑えるからいいんです。

冠番組は特に、メインMCが誰かで好き嫌いが分かれると思うのですが、私の場合は「笑えればどうでもいい」わけです。
あ、さんまさん大好きですよ。基本的に。
BIG3は好きですね、さんまさん、たけしさん、タモリ。
タモリ呼び捨ては嫌いなんじゃなくて、仲間内の「ネタ」です。

タモリは深夜枠でこそ最強だと思ってます、なんつっても「タモリ倶楽部」。
空耳アワーの人(名前と本業忘れた)、面白い。
最近はヨルタモリ気に入ってます、宮沢りえに怒られたい(笑)

さて、混戦牡馬クラシックの第1回力比べ弥生賞。

グァンチャーレ(シンザン記念)
クラリティスカイ(いちょうS)
サトノクラウン(東スポ杯)
シャイニングレイ(ホープフルS)
タガノエスプレッソ(デイリー杯)
ブライトエンブレム(札幌2歳S)
ベルラップ(京都2歳S)
おーおー、重賞勝ち馬7頭も出るんですな。

Gallop誌の想定では同じ中山2000mの重賞を勝ったシャイニングレイが人気になりそうですが……
中山芝2000mを勝っている「非重賞勝ち馬」だっているのです。
タケルラムセス(寒竹賞)
トーセンバジル(葉牡丹賞)
特にトーセンバジルはタイムもいいのですが、弥生賞は大体スローの上り勝負。
だから同コース同距離の皐月賞よりダービーに(レース展開が)近いと評価されます。
また毎年クラシックの主役級が出走するので少頭数になりがちで、後ろからでも届くことが多いようです。

誰かが初の同世代重賞2勝目になるのか、混戦が続くのか楽しみです。

|

« あっという間に帰宅時間 | トップページ | 明日のための今日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストレスは自分でどうにかしないと:

« あっという間に帰宅時間 | トップページ | 明日のための今日 »