« 土曜も麺、日曜も麺 | トップページ | 年を取るという事 »

2014年6月11日 (水)

還暦祝い

普段は朝6:30に起床して、7:25過ぎに家を出ます。
で、大体7:46のJRで札幌へ向かいます。
が、昨日は起きたら7:10 Σ(゚д゚;)
ものの見事に目覚ましをかけ忘れた模様 (;ω;)
大急ぎで顔を洗って歯を磨いて着替えて家を出る。
タクシーで駅まで向かったら、いつも通り。
ま、こんなもんすね(苦笑)

で、仕事の後は同僚と仕事の後「ちょっと呑もうか」で、終電。
ちょっとで済むわけがなかった(笑)

明けて今日は休み、それなりの時間に起床。
のんびり札幌へ。
今日は還暦祝いでした。

この方の還暦祝いで、映画館へ(笑)

さすがに60年前の特撮映画ですから、笑っちゃうような特撮です。
でも当時は凄かったのでしょうね。
たださすがに眠気が走った(笑)
それでも楽しめましたね、1000円の入場料に感謝。
山根恵美子役の河内桃子さんが、なんとも清楚でした。
当時のキャスト(菅井きんさんが出ていたのは知らなかった)では宝田明さんしかご存命ではありませんが、長生きしてゴジラを語って頂きたいものです。

ゴジラと言えば「放射能」というキーワードがつきものです。
今の日本では、かなりデリケートなキーワードですよね。
特に平成ゴジラは原発を襲うシーンが多々使われました。
(所詮虚構の世界である)映画は別だろって思いますが、当事者である福島の人たちには厳しいかもしれないなあ。
現に問題が泊原発で起きていたら自分もどう思うか分からないしね。

ただ、Godzillaよりはゴジラがいいなあ。
頑張れ、東宝。

で、もう1本観まして。
X-MEN:フューチャー&パスト
「MARVELは裏切らない」の信条を持っておりますので、当然観ます。
ヒュー・ジャックマン主演の人気シリーズ、今回はついにウルヴァリンが過去へ送り込まれます。
人間が作り出したミュータント撃滅ロボットの攻撃で絶滅寸前のミュータントたち、ロボット開発者が殺されたことで歴史が動いた「きっかけ」を阻止すべく過去に送られるウルヴァリン。
過去のプロフェッサーとマグニートーを再び会わせ、仲直りさせて主犯のミスティークの殺人を止めさせるのが目的だったが、これがなかなか一筋縄じゃいかない。

SFXバリバリってほどでもなく、どちらかといえば人間ドラマに近かったですかね。
※そういう類の映画を観すぎたかも(笑)
まあ、すったもんだの挙句にハッピーエンド(未来は変えられた)なわけですが、気になったのはタイトルロール後の1シーン。
(恐らく紀元前のエジプトで)ピラミッドを超能力で組み上げてゆく女(だったよな?)のシーンはどこに繋がってゆくのだろう……

X-MEN、未来が変わったことでストーリーは終わらないのかもしれませんね。

|

« 土曜も麺、日曜も麺 | トップページ | 年を取るという事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 還暦祝い:

« 土曜も麺、日曜も麺 | トップページ | 年を取るという事 »