« 指向性の変化 | トップページ | やっと来てくれたが »

2014年3月25日 (火)

休みは映画館で現実逃避・・・できない

ただ今、風呂上がりの一杯中。
最近ちょっと呑みすぎなので、少し反省中。

昼前に家を出て、ちょっと会社に寄って仕事して映画館へ。
相変わらず春休みの子供だらけ、プリキュア恐るべし。
よくよく考えたらドラえもんやらディスニーやら、この時期やはり子供向け多いのね。

で、一本観て帰宅。
本当は朝一番で行きたかったんですが、なんか「まったり」したかったんですよねえ。

帰りのJRで携帯の電源を入れたら、同僚から「インフル認定」のご連絡。

明日からまた、しんどい毎日が始まりそうだ。

そんなわけで、本日は『LIFE』を観ました。

「ナイト・ミュージアム」ですっかりお気に入りになったベン・スティラーの主演映画です。
実は才人のベン・スティラー、監督と脚本も担当。

ストーリーはアメリカ映画にありがちな「夢を追いかけましょう」的メッセージの込められた作品。
父の死によって働かざるを得なくなった一人の男。
ただ真っ直ぐに働く続けた結果、趣味が妄想になる。
妄想の件はCGだらけで「あ、こういう映画なんだ」と、思わせる。

ただ、序盤だけ。

中盤以降は妄想以上の大冒険、グリーンランド⇒アイスランド。
帰ったと思いきやアフガニスタン、やっと目的を果たすかと思いきやスカ。

大、どんでん返し。

一件落着、大団円。

いいんですけどね、話がうま過ぎ(笑)
まあまあホッコリできましたけどね。

アメトーークで小藪氏が言ってましたが、そんなに夢って叶わないんですけどね(笑)
ハリウッドは、大体こういう仕上がりですよ。

期待が大きかった分、盛り上がりに欠けたのでちょっとケツが痛かった。
DVDでも良かったかなって思いました。

|

« 指向性の変化 | トップページ | やっと来てくれたが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 休みは映画館で現実逃避・・・できない:

« 指向性の変化 | トップページ | やっと来てくれたが »