« 今季初 | トップページ | 始発前、最終後 »

2014年1月30日 (木)

なぜ零戦

今、雨が降ってます。
この時期(1月末)の北海道で、こんな事珍しいですよ。
でも、おかげさまで朝のテンションが上がります。
正しくは『下がりません』ですけど(笑)

てなわけで休み明け、大方の予想通り大忙し。
眼の前にある仕事を片付けてるうちに一日終わり。
で、いつもはここからが本当の「仕事の時間」なのですが……
今日はさっさと帰ります。
だって明日05:30起きなんですもの、研修。
寝酒呑んでさっさと寝なきゃ。

と、思いつつの更新中(笑)

今朝ふと思ったのですが。
昨日『永遠の0』を観まして。
よくよく考えたら、零戦の映画を1年以内に2本観た事に気づきます。
もう1本は『風立ちぬ』、零戦を作った堀越二郎の物語。
どっちが泣けたかっていうと『風立ちぬ』でした。
それはいいのですが、なぜ今零戦なんでしょう。

ちょっと不思議に思いました。
まさかのジャポニズムですかね。

どうでもいいけど堀越二郎役の庵野秀明監督、ヱヴァはいつ公開なの?

さて、週末の少し早い予想。

東京は根岸S、フェブラリーS前哨戦。
勝ち馬にはフェブラリーSの優先出走権が与えられるのだそうで。
本番は1,600m、今回は1,400mなのであまり直結しないイメージが強いレースです。
ブライトラインがいいんじゃないかと思ってます。
元々は芝の1,400mを主戦場にしていてダートに転向。
早熟なイメージが強いイメージが多いフジキセキ産駒において、昨年夏あたりからメキメキ上昇。
今回は同じように芝から転校転向してきたドリームバレンチノやエーシントップがライバルになるんでしょうか。

京都のシルクロードSはレディオブオペラの5連勝なるかがポイントですが、ロードカナロアなきあとのスター誕生に期待しちゃいましょうか。
ただ、日曜で人気の藤田ってあたりは……気になるかなあ。

|

« 今季初 | トップページ | 始発前、最終後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ零戦:

« 今季初 | トップページ | 始発前、最終後 »