« 寒い寒い寒い寒い | トップページ | Workaholic »

2013年11月11日 (月)

凹みがデカくても立ち直りが早い

天気予報が悪い方向に当たってしまった(;ω;)

朝、家を出たら雪。
駅に着いて、電車が駅を出るころには小降りに。
一安心して会社について(札幌駅からは地下通路で会社まで行ける)、昼過ぎにはすっかり晴れ。
ああ、溶けて良かったと思ったのもつかの間。
夕方あたりから徐々に雪(ρ_;)

いつものように残業で遅くなり、小樽に着いたら吹雪゚゚(´O`)°゚

やだ、もう。

それでも今日は心が少し立ち直る。
昨日のエリ女で、あまりのピントはずれな予想に「心の背骨」がボッキリ音を立てて折れた。
加えて今朝の雪で重い気持ちで出社したわけだが、今日のGallopの対談が実によかった。
今回は藤沢調教師と岡部元騎手の名コンビ対談だった。
タイキシャトルのジャックルマロワ賞や、骨折で長期離脱した岡部さんの復帰戦。
タイキブリザード、ダンスインザムード、マグナーテン
懐かしい馬たちの名前もさることながら、対談中の馬に対する会話に愛が溢れている。

もう、タマラナイ(゚▽゚*)

すっかりまた競馬のとりこです、切り替えの早い人間で良かった(笑)
加えて、とどめの一撃。

キズナ、有馬記念出走決定。

(v^ー゜)ヤッタネ!!

できるだけ早いうちに予約しないと。
行きますよっ、有馬記念!

さて、切り詰めてでも買いたいマイルCS。
今年は混戦間違いなしでしょ。
加えて、なぜ出てきたトーセンラー。
平成4年のカミノクレッセ(天皇賞春2着、安田記念2着、宝塚記念2着)をふと思い出してしまったじゃないか。
おまけに今年は天皇賞組が不在、ここ一本のローテーションばかり。

ひとまずダークシャドウは無事で良かった(笑)

コパノリチャードが逃げるのは間違いなさそうだが、後続がどう出るのか。
休み明けをぶっつけで出てくるカレンブラックヒルの立て直しはなったのか。
休み明けでスローのスワンSを3着まで追い込んだ昨年覇者サダムパテックの上澄みやいかに。
そして人気するだろうダノンシャークの鞍上にリア充福永。
安田記念を人気ですっこけたグランプリボスのヤネにルメール。

いやー、よりどりみどり。

ちょっとクラレントいいかなって思ってます。

|

« 寒い寒い寒い寒い | トップページ | Workaholic »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凹みがデカくても立ち直りが早い:

« 寒い寒い寒い寒い | トップページ | Workaholic »