« 光陰矢の如し | トップページ | ほっといてください(笑) »

2013年9月 2日 (月)

涙なみだの週末

何はともあれ、トウカイテイオーの訃報について。
競馬を本格的に始めたのは平成4年、ミホノブルボンが2冠達成の春。
皐月賞の後、世の競馬ファンは「最強対決」に盛り上がっていた。
かたや前年の2冠馬、無敗のトウカイテイオー。
7冠種牡馬シンボリルドルフのファーストクロップ、皇帝から生まれた帝王。
かたやメジロマックイーン、ダービーより天皇賞をと願ったブリーダー。
アサマ、ティターンと繋いだステイヤーの血。
テイオーの鞍上岡部が「地の果てまで駈けていきそう」と評すれば、マックの鞍上武豊は「空の果てまで飛んでゆきそう」と評する。

最強はどっちだ。

ふたを開ければアッサリの結果、マック圧勝。
更にレース中の骨折が判明、テイオーは終わったのか……
半年後、府中のターフに帰ってきたが天皇賞ではメジロパーマーとダイタクヘリオスのハナ争いに巻き込まれ、初めて掲示板を外す。

テイオーは終わったのか……

5番人気に落ちたJapan Cup、5番人気をあざ笑うように豪州代表のナチュラリズムを下してテイオーは快勝する。鞍上の岡部騎手が小さくガッツポーズ。

この後(驚愕の有馬記念とか)は割愛、このJCでテイオーに心を奪われた拙は以降今日の今日までドップリ競馬にハマることになる。

テイオー、ありがとね。
二風谷に見舞いに行った時、自分の手から青草を食べてくれたテイオー。
デコを撫でても、おとなしくその場にいてくれたテイオー。
本当はあの時ね、ギュッと抱きしめたかったよ。
他にも人がいたから、恥ずかしくてね。
大好きだったよ。
いつか、あなたを追いかける事になるでしょう。
もう少し先になるかもしれないけど。
もし向こうで会うことができたら、乗せて(笑)

まるでラブレターだな(笑)

さて、日常に戻ります。

金曜日(8/30)の仕事終わり。

なーんか、衝動的に呑みたくなる。
上司(20歳下)、同僚(25歳下)と立ち呑み屋へ。
やれハムカツだの、モツ煮だのを肴に呑む。
年下の人たちが呼び掛けに応じてくれるのは嬉しい、「ちょいと一杯」のつもりが2時間。
翌日が休みなので小樽に着いたらもう一杯なんて考えていたが、JRで爆睡。
小樽に着いて起きたら頭痛、そそくさと帰る。

土曜日(8/31)、起きたら7:30。
休みなのでウダウダと午前中を過ごす。

至福であります。

午後から重い身体を起こしてJ-Placeへ。
結果を見る前に映画館へ。

今回はなんとしても観たかった『風立ちぬ』。
理由はよく分からないんですが、今回は観なければいけないと思った。

今ニュースで見ましたが、ついに宮崎監督は現役引退なんですね。
以下、ネタバレ。

あ、今日も全敗なので競馬回顧は割愛。

主役は堀越二郎氏、あの零戦を作った人。
それまで「虫と話せる少女」とか「元人間の豚」とか「魔法使い」あたりを主役にしたストーリーを描いてきた宮崎監督にしては「異例の抜擢」というべきか、初めて主役が実在の人物。

文句つけた禁煙団体は、話の断片しか見てないからダメなんだよね。
そこまでタバコが嫌なら日本から出ていけばいいのに。

閑話休題

二郎少年は子供のころから飛行機に憧れ、夢で著名な飛行機製作者フレッドカプローニと出会う。
幼少から近眼の二郎少年は、カプローニに励まされその道を進む。
おりしも関東大震災のとき、列車内で出会った菜緒子。
(恐らく)軽井沢で再開し、恋に落ちる(落ちていた?)二人だが、菜緒子は結核を患う。
飛行機制作と愛する菜緒子の狭間で「どちらも必要な」二郎は、高原の療養所から抜け出た菜緒子と同居しながら、軍から注文された飛行機の制作にとりかかる。

空中分解した「初号機」の失敗を糧に作られた「それ」はクライアントの注文をはるかに超えた出来。二郎はゴールに達するが、その時菜緒子は高原の療養所に戻る。

帰らなかった菜緒子

カプローニの夢で再会、作った飛行機が一機も帰らなかったと嘆く二郎のもとに菜緒子が現れる。
風のように消える菜緒子の「生きて」が最後のメッセージ。

療養所から抜け出て嫁ぐ菜緒子のシーンとか、歯を食いしばって泣くのを我慢してたんですけどね、最後の最後に「ひこうき雲」がかかった時に決壊。

瀧本美織さん、好演でした。
庵野秀明氏の(ヱヴァはどうなってるんだ)声優は決して褒められたものではありませんでしたが、それでもこれだけ感動できたあたりは正解のキャスティングだったのかもしれません。

で、これだけ人を感動させられるのに。
なんで辞めちゃうんでしょうね、宮崎監督。

|

« 光陰矢の如し | トップページ | ほっといてください(笑) »

コメント

かねとし様
感想、拝読致しました。
楽しんでいただけたようでなによりです。

ルン様
彼には(彼?)特別な思い入れがありました。
だからこその今があります。
いつか虹の橋で彼(彼?)に逢える日を楽しみにしています。

投稿: Ben | 2013年9月 7日 (土) 00:22

風たちぬ…見て来ました。
感想は後程…。

投稿: かねとしがばなー | 2013年9月 4日 (水) 01:09

今回、テイオーに関してのブログを色々見てまわりましたが
「青草食べさせた」というのはBENさんが初めて
きっと「虹の橋」でBENさんを迎えてくれることでしょう。

『風立ちぬ』は、そろそろ見に行こうと思っているのですが
観る人によって感動の仕方が全然違うのが、かえって興味深いです。

私の知る限りでは今のところ、BENさんの感動のしかたが1番スゴイです。

投稿: ルン | 2013年9月 3日 (火) 23:12

トウカイテイオー…社台で2010年夏に会いました。だたし、観たのは「おしり」でしたが。
「風立ちぬ」…月曜の会社の会社の会議の終わりにレイトショーで、見に行こうかなぁ…と、ブログ読んで思いまいした。

投稿: かねとしがばなー | 2013年9月 2日 (月) 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涙なみだの週末:

« 光陰矢の如し | トップページ | ほっといてください(笑) »