« マンボのリズムで金が飛ぶ | トップページ | 絆 »

2013年5月24日 (金)

人間だったんだもの

今日は休み。
月曜日から業務終了後の研修が続き、三日連続で最終バスで帰る日が続いていた。
そんな事もあって、昨夜は仕事終わりでBar Hattaへ。
マスター「あれ、平日に珍しいね。」
私「ああ、ダービーの前々々々々夜祭だからね」
マスター「ただの普通の日じゃねえか(笑)」

そりゃ、そうだ(笑)

明けて本日はのんびり寝て、それでも8時半に起床。
完全に6時間睡眠が板についている。
なのに仕事の日は目覚まし時計で必死に起きる7時間睡眠。
不思議なもんですな。

午後からちょっとした手続きがあって両親が入居している施設へ。
両親には先週会っているので手続きが終わったら帰ろうと思っていた矢先に母が事務所へやってきた。
「窓から来るのが見えたからさ。」

他愛もない会話の後、別れて施設を出る。
ふと窓の方に目をやると、母が笑顔で手を振っている。
初めて見た母の「屈託のない笑顔」だった。
記憶を留めることができなくなっている母は、恐らくアルツハイマーなのだろう。
どんどん子供に戻って

ちょいちょい顔を見に来てやらなければいけないな。

親に関して、初めて湧く感情だった。
エゴの塊で人間のクズみたいな自分にも、人間らしい心があったなと感じた雨の一日でした。

それはそれとして、今週はダービーに一直線ですよ。

枠順が決まりまして、キズナが1枠1番。
恐らくだが、彼(キズナ)と彼(武豊)はほぼ再後方から行くと観ています。
今の府中は間違いなく馬場が良すぎて前が止まらない。
中途半端に中段で脚を溜めると間違いなく閉じ込められる。
最後の脚にすべて掛けるのだろう。

買いにくくなったなあ(笑)

相反してロゴタイプはどうにでもできる良い枠を引いた。

最も運の強い馬が勝つのが日本ダービー。
この格言に沿って予想するのであれば、ロゴタイプに分がある。
強いて言えば、逃げる(はずの)サムソンズプライドを内に置きたかった。

エピファネイアはロゴタイプの外にいたかっただろうなあ。

ロゴタイプの2冠、少し見えてきましたかねえ。

|

« マンボのリズムで金が飛ぶ | トップページ | 絆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間だったんだもの:

« マンボのリズムで金が飛ぶ | トップページ | 絆 »