« あまりにも「お馴染み」過ぎて | トップページ | 1回小樽初日/2日目 »

2013年3月21日 (木)

休みなのだが、早起き。
介護ヘルパーの方と、両親が入居する介護施設の下見。
小奇麗なところだった+年金で賄える費用だったので、即契約。
踏み切った以上、後は飛ぶだけ。

来月のシフトが決まり次第、引っ越しの日取りを決めなきゃ。

そんなわけで、図らずも来月から一軒家の主となりそうだ。
一家の大黒柱……のみ(笑)
それも、結構なポンコツ柱だ。
築40年以上のポンコツハウスにはお似合いかもしれない。

とりあえず前に。
前かどうかは分からないが、前であると信じよう。

そうでもいいが、「最高の離婚」の電車のシーンは普通すぎやしないか。
結末は………月9なら、あんなもんか。

そんな今夜のお供は「赤ヱビス」、有名レストランの名を冠しているが好みでは無い。
ちょっと酸味が強い(それがヱビスの持ち味ではあるのだが)気がする。

さてと。

自分的には「小樽で発売する最初のGⅠ」として記念日。
狭いスペースなのでちょっと混むかもしれないが、なんとしても現場で観たい。

最近は人ごみに弱くなっているので、帰るかも(笑)

ハクサンムーンが逃げるのだろうが、前に行きたい馬が多くてある程度のペースで流れるのでしょうがロードカナロアにはかえってやりやすいのかもと考えれば軸はやはり固定でしょうかね。

じゃ、ヒモはなにかと。
2番人気はドリームバレンチノ
3番人気はサクラゴスペル
4番人気はダッシャーかサンカルロ
こんなとこなんでしょう。

どうしてもテンに置かれるサンカルロやGⅠの呪縛に囚われたダッシャーは良くて3着。
いや、ダッシャーにかけられた呪いはかなり重厚なものなんだろう、外し。
なによりもサクラゴスペルのオーシャンSの勝ち方が素晴らしかった。さすがにロードカナロアの◎は外しがたいが、ほぼ同格の○にしたい。

どうする、ゴスペル頭の馬券を買ってみる気はないかい?
↑自問自答

ドリームバレンチノを▲にするのは、流石に陳腐。
それが正解だったとしても、自己のポリシーとして4番手以下としたい。
馬柱で気になったのはスギノエンデバー、尾張Sで33秒台の末脚。

最終予想は土曜夜に呑んでなかった場合としたい。
呑んでた場合は日曜午前。

自分に免責を打ってみた(笑)

|

« あまりにも「お馴染み」過ぎて | トップページ | 1回小樽初日/2日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« あまりにも「お馴染み」過ぎて | トップページ | 1回小樽初日/2日目 »