« 案の定 | トップページ | silent is my happiness »

2013年1月 9日 (水)

誰が考えた言葉か知らんが

年明け以来、超多忙な日々を過ごしております。

世間の皆様はコールセンターが大好きなのねぇ。
いや嫌いなのかな、クレームだらけ(苦笑)

文句が言いたいのは決して分からないわけじゃないんですけどね。
こちらにはこちらのルールってもんがある。
少なくとも、法人に勤めた経験がある方なら分かると思うんだけどなあ。

と、愚痴ったところでどうしようもないのですがね。

一番嫌いな言葉が『ごね得』になりました(笑)

競馬の事を書いている時は幸せ。

JRA賞が決まりまして、年度代表馬は予想通りジェンティルドンナ。
3歳牝馬での受賞は初めてなのかな?凄いね。
三冠牝馬は過去にもいましたが、JC勝ちが光ります。
ただ、あの審議は……いいでしょう、終わった事です。

・最優秀2歳牡馬:ロゴタイプ
・最優秀2歳牝馬:ローブティサージュ
まあこれはね、予定調和的パターン。
それぞれ、それを決めるためのGⅠ勝ってるんだから。
エピファネイアに投票した人、どんな気持ちで入れてるんだろう。

・最優秀3歳牡馬:ゴールドシップ
・最優秀3歳牝馬:ジェンティルドンナ
二冠+有馬記念と三冠+JCだもの、当たり前。
カレンブラックヒルが秋に天皇賞とマイルCS勝ってたらどうだっただろう。

・最優秀4歳以上牡馬:オルフェーヴル
これロードカナロアでも良かった気がする、GⅠ2勝でうち一つは海外(香港)なんだし。
フォワ賞勝ちと凱旋門賞2着は凄いけど、阪神大賞典で弁当買いに行きかけたとか(笑)天皇賞(春)惨敗とかJCで3歳牝馬に跳ね飛ばされたとか考えちゃうとねえ。
これじゃただのイチャモンか(笑)

・最優秀4歳以上牝馬:カレンチャン
ヴィルシーナの立場を考えるとレインボーダリアでも良いかと思ったけど、スプリンターズSもきっちり2着に来てると考えれば妥当か。

・最優秀短距離馬:ロードカナロア
これはいいでしょう、短距離天国香港での勝ち方はお見事の一語。
来年はヨーロッパとかにも行って欲しいねえ、タイキシャトルばりに。

・最優秀ダートホース:ニホンピロアワーズ
ニホンピロウィナー以来の「ニホンピロ」、オールドファンには嬉しいのでしょうね。
酒井騎手の初GⅠとセットでいいですね。
テスタマッタが故障しなければどうだったでしょうか。
交流重賞も込みならワンダーアキュートという線もあるけど、カウント対象外なんでしょうね。

・最優秀障害馬:マジェスティバイオ
春は優勝、冬は3着。妥当ですかね。
ちょっと中山大障害の負け方は残念だったけど。

あくまで個人の考えで書いてるので、御容赦下さいな。
↑主にオルフェーヴルファンの方へ(笑)

|

« 案の定 | トップページ | silent is my happiness »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰が考えた言葉か知らんが:

« 案の定 | トップページ | silent is my happiness »