« 前を向くために | トップページ | 予測された未来 »

2012年11月24日 (土)

結果オーライ

木曜日、本当に焦った。
いつものようにアラームが鳴り、起床。

ただ、いつもの起床時間じゃなかった。

8:00。

前日(水曜日)、入院した父の書類書きやら荷物届けがあったので9:00に病院に着くように8:00に起床したのだが、目覚まし時計のセットを戻し忘れていたのだ。

ご存知の通り、今の住まいは小樽で職場は札幌。
普段の所要時間はDoor to Doorで大体90分。
家からバスに乗り、小樽駅からJR。
始業時間は9:20。

あー遅刻だー。

しかし、ベストは尽くそう。

5分で着替えて家を出て、すぐタクシーを捕まえて小樽駅へ。
8:18の快速電車になんとか間に合う。

結果、遅刻せず(笑)
タバコを1本吸う余裕がありました。

午前中の仕事はクシャクシャだったが、なんとかこなして終了。
ホッと一息、最近病みつきの指定席で小樽へ。
デルフィーノでディナーと白ワイン。

今日は反動で引きこもり。
本当は出かける予定だったのだが、コンビニで今日が金曜日と気付きまして(笑)
そういや3連休だった。

さて、Japan Cupは日曜日。
土曜日は資金稼ぎ……できるといいなあ。

京都メインは京阪杯(GⅢ)
アドマイヤセプターが人気になりそうですが、スプリントって血筋じゃないだろう。
使い詰めが気になるところですが、ここはテイエムオオタカでいいんじゃないかと思います。
そのテイエムオオタカかパドトロワあたりがハナを切るのでしょうが、どちらも「何が何でも逃げる」タイプではないので、重賞の割にペースは呑気と見ました。
相手は京都に良績があるエーシンヴァーゴウとエーシンホワイティ。
サドンストームは出遅れると挽回不可能な内枠なので、今回はパス。
パドトロワとの「いったいった」にも少し期待したい。

東京メインはJCウィーク、Fantastic Jockeys Trophy。
プランスデトワールが3番枠で前を捌き切れるのかがポイントですが、剛腕ウィリアムスならなんとかしてくれるでしょ。
スミヨンなので蛇行が怖いが、内で流れに乗れそうなシルクウェッジが気になる。
前走は54kgながら32秒台の脚を使ったメジャーアスリートも怖い。
行きたい馬が2頭いるので今回は差しがハマりそうと考えれば、かえって外が良さそうなクリーンエコロジーまででしょうか。

JC前にイレ込んじゃいけないので、起きたなりで行くとしましょう。

|

« 前を向くために | トップページ | 予測された未来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結果オーライ:

« 前を向くために | トップページ | 予測された未来 »